2019 / 10 / 22 火曜日
ホーム タグ にんべん

タグ: にんべん

ハナマルキ にんべんとコラボ 「だしを愉しむおみそ汁」

ハナマルキは9月1日、にんべんとコラボレーションした即席みそ汁「だしを愉しむおみそ汁5食」を新発売する。にんべんが即席みそ汁とコラボレーションするのは今回が初めて。最高級の本枯鰹節を使用した究極の一杯で、高まる“だし需要”に提案する。
アクセス乾物乾麺市場開発研究会 乾物・乾麺活性化へ新組織 日本アクセス

乾物・乾麺活性化へ新組織 メーカー111社と協業 日本アクセス

日本アクセスは乾物・乾麺市場の活性化を目的とするチームMD組織「アクセス乾物乾麺市場開発研究会」(通称AK研)を正式に立ち上げた。佐々木淳一社長が昨秋から設立を宣言していたもので、乾物・乾麺の主要仕入先メーカー111社とともに中食・外食・輸出向けなど新たな視点で需要創出に取り組む。

にんべんが初の弁当・惣菜専門店 品川のエキナカに

にんべんは22日、JR東日本品川駅のエキナカ商業施設「エキュート品川」1階「トラベラーズキッチン」内に、弁当・惣菜専門店「日本橋だし場OBENTOエキュート品川店」をオープンした。品川駅を利用する旅行客やオフィスワーカーに向けて、かつお節だしを利かせた弁当や惣菜を販売する。

にんべん 混ぜご飯と惣菜強化 百貨店・直販店向け

にんべんは百貨店・直営店向けの新商品を4月1日から発売する。混ぜご飯の素シリーズと冷凍惣菜「至福の一菜」シリーズにそれぞれ1品を追加。新商品投入に伴い「至福の一菜 惣菜詰合」をリニューアルする。

にんべん 東京・池袋に新店舗 ドリップ式「だし」提供

にんべんは1日、東京・池袋の東武百貨店池袋店地下2階に新店舗をオープンした〓写真。自社の百貨店向け商品を幅広く取り扱うとともに、「日本橋だし場Drip(ドリップ)」を店内店舗として初出店。「かつお節だし(ドリップ式)」や「だしスムージー」を提供する。

にんべん 速水さんと共同開発 「だしとスパイスの魔法」 新しい柱に育成

にんべんは昨年3月からにんべんアンバサダーを務める速水もこみちさんと共同開発し、9月に発売したメニュー専用調味料「だしとスパイスの魔法」シリーズの育成に力を注ぐ。速水さんを起用したTVCMを26日から関東エリアで投下し、初年度(発売後1年間)売上目標4億円の達成を目指す。

にんべん 業務用調味料「だし梅酢(煎酒風)」 居酒屋産業展でアピール

にんべんは業務用調味料「だし梅酢(煎酒風)」の提案を強化している。8月下旬には東京ビッグサイトで開かれた外食ビジネスウィーク2018「第11回居酒屋産業展」に出展。試食を交えながら、商品の魅力を紹介した。

明治屋が都内でそうめんイベント 「おいしい缶詰」「つゆの素ゴールド」で“ごち☆そうめん”

明治屋は7月18日、東京・京橋の明治屋ホールで「年中楽しむ『ごち☆そうめん』」イベントを開催した。そうめん研究家のソーメン二郎氏、缶詰博士の黒川勇人氏、創作そうめん料理店「阿波や壱兆」女将の田中嘉織氏らを招き、手延べそうめんとつゆ、明治屋「おいしい缶詰」シリーズのアヒージョなどを組み合わせた「ごち☆そうめん」を提案した。

速水もこみちと共同開発 アクアパッツァなど専用調味料4種 にんべん

にんべんは、2018年秋冬の家庭用新商品として、にんべんアンバサダーの速水もこみちさんと共同開発したメニュー専用調味料「だしとスパイスの魔法」シリーズを投入する。ちょっとぜいたくな気分を味わえるプレミアムラインの専用調味料を展開。5千店舗以上の店頭配荷、2億円以上の初年度(19年3月期)売上げを目指す。

にんべん 一般向けだしパック開発

にんべんは2018年春夏の一般流通向け新商品・リニューアル品計6品を3月1日から全国で発売する。味付きだしパック「旨い味だし」を投入し、「かつお節」と「あご入り」の2品を提案。90gサイズの「おかかふりかけ」シリーズに「塩分ひかえめ おかかふりかけ 胡麻入り」を追加する。

にんべん 速水もこみちとコラボ 直営5店でメニュー展開

にんべんは12月から2018年2月までの3か月間、「日本橋だし場」国内全4店舗と「日本橋だし場はなれ」の計5店舗で、にんべんアンバサダーを務める速水もこみちさんとコラボレーションしたメニューを展開する。「だし香る」をコンセプトに、「日本橋だし場」ではスープを月替わりで販売。

テーマはかつお節JA全中とにんべんがコラボ講座

JA全中(全国農業協同組合中央会)は11月21日、東京・大手町のJAビル内の農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で、にんべんとのコラボ講座「にんべんセミナー~かつお節のおいしい魅力~」を開催した。同講座には近隣のオフィス街に勤める42人が参加。かつお節について学んだ。

和食給食応援団 都内でサミット 調理実演で献立提案も

「和食給食サミット」(主催・和食給食応援団、共催・東京家政学院大学)が19日、東京都千代田区の東京家政学院大学で開かれた。和食料理人、栄養教諭や学校栄養職員などの学校給食関係者、和食材メーカー関係者を中心に約300人が参加。これからの学校給食を考える場となった。

かつお製品 主原料、年明けから高騰 値上げの動き業界全体に

かつお製品の値上げの動きが拡大している。主原料のカツオが年明けから高騰しているため。削り節業界ではヤマキが8月1日出荷分から値上げを実施したのに続き、マルトモも9月出荷分からの値上げを発表したが、はごろもフーズが9月1日出荷分から、にんべんも10月2日出荷分からの値上げを発表した。

明治屋 そうめんの魅力発信 ソーメン二郎らが新メニュー紹介

明治屋は14日、扶桑社とのコラボレーションイベント「夏を楽しむ『ごち☆そうめん』」を東京・京橋の明治屋ホールで開催した。そうめん研究家のソーメン二郎氏と缶詰博士の黒川勇人氏を招き、明治屋「おいしい缶詰」をトッピングするメニュー、食べ方を提案するなど、そうめんの魅力を紹介した。
首都圏・関信越エリア展示会 国分グループ

地場商材など強力訴求 東京で総合展示会 国分グループ

国分グループは27、28の2日間、首都圏・関信越エリア展示会を東京のサンシャインシティ文化会館で開催した。最新の市場予測に基づく独自の売場・商品・販促企画や主要メーカーの重点商品を得意先関係者に紹介するもの。国分首都圏、国分関信越、国分フードクリエイトの共催。

にんべん アンバサダーに速水もこみち オリジナルメニューも考案

にんべんは1日、「速水もこみち×にんべん」プロジェクトを始動した。同日付で俳優の速水もこみちさんを「にんべんアンバサダー」に任命。オリジナルレシピ・メニューの提案・提供を中心にさまざまな活動を展開する。

にんべん「ゴールド」改良 プレミアム品強化

にんべんは2017年春夏の家庭用リニューアル品として、プレミアムタイプの「つゆの素ゴールド」「白だしゴールド」「塩分ひかえめつゆの素ゴールド」とレギュラータイプの「塩分ひかえめつゆの素」の4品(各500㎖PETボトル)を3月1日から全国で発売する。

にんべん こだわりの鍋スープ 女性開発チーム考案

にんべんは2016年秋の家庭用新商品として「だしが世界を旨くする」シリーズの鍋スープ3品を新発売する。女性開発チームが考案したこだわりの鍋スープを提案する。
- Advertisement -

ロングランアクセス