ホーム タグ ごま油

タグ: ごま油

家庭用ごま油、7月から値上げへ かどや製油

かどや製油は、ごま原料相場の高騰や物流費・資材コストの上昇を受けて、7月から家庭用ごま油製品の値上げに踏み切る。値上げ幅は10%程度で、拡売条件の見直しで対応する。

かどや製油 久米副社長が社長昇格 小澤氏は代表取締役会長

かどや製油は22日開催の取締役会で、久米敦司取締役副社長執行役員の社長就任を決めた。小澤二郎社長は代表取締役会長に就任する。6月25日付。同社にとって16年ぶりのトップ交代。「新たな経営体制のもと経営基盤・体質の強化を図り、さらなる企業価値向上を目指す」とした。

家庭用油市場 過去最高を更新へ プレミアム化が牽引

家庭用食用油の市場規模は、前期末で約1千380億円。今期12月まで金額5%増で推移しており、通期では過去最高の1千450億円前後での着地が見込まれている(本紙推定)。

家庭用油、市場は過去最高更新も

家庭用食用油市場が好調だ。今期12月までの市場は金額ベースで5%増と伸長。物量でも前年並みを維持しており、安定した動きを続けている。

業務用ごま油など2月から5%以上の値上げへ かどや製油

かどや製油は来年2月1日から、業務用のごま油・食品ごま製品を値上げする。上げ幅は、ごま油・食品ごまともに平均5%以上。ごまの原料相場は17年後半から上昇に転じ、搾油ごまは安値のt当たり1千ドルから18年前半には1千300ドル、直近では1千600ドル超に急騰。

家庭用食用油 上期 プラスで折り返し プレミアムオイル好調 オリーブ油 再び成長軌道に

上期の家庭用食用油市場は金額、物量とも前年を上回るペースで折り返した模様だ。5月後半のテレビ番組で、アマニ油やオリーブ油の健康効果が紹介され、数字を伸ばしたことに加え、米油やごま油などのプレミアムオイルが全体を牽引した。

味の素 大阪で施策提案会 受験生企画を11月に

味の素大阪支社は7月12日、ホテルニューオータニ大阪で秋季施策提案会を開催。近畿・中四国地区の得意先関係者ら約550人が来場した。前回に続き今回もASV(味の素グループ・シェアド・バリュー)の考えをベースに、さまざまな企画を展開。

万能オイル「米油」の魅力発信 ボーソー油脂×レシピブログ「米油部(こめあぶLOVE)」

ボーソー油脂は、日本最大級の料理ブログポータルサイト「レシピブログ」とのコラボレーションで、米油の魅力を発信するアンバサダープロジェクト「ボーソー米油部(こめあぶLOVE)」をスタート。都内のスタジオでキックオフイベントを開催した。

“かけるオイル”の新提案 「日清 味つけごま香油」 日清オイリオ

日清オイリオグループは、オイルの風味を調味料として楽しめる「日清 味つけごま香油」シリーズを8月27日から全国発売する。オイルをそのままかけて楽しむ“かけるオイル”の新たな需要を広げ、家庭用食用油市場のさらなる活性化につなげる。

かどや製油 家庭用ごま油好調 「濃口」順調に浸透

かどや製油は5月29日、専門紙誌との懇談会を開き、前期決算の概況および今期の方針を説明した。小澤二郎社長は「前期は単体で売上高298億円、経常利益52億円と過去最高を更新した。高値原料を前々期で消化し、前期は原料価格が安定したことで販促活動を強化。

“かけるオイル”需要拡大 家庭用油市場 「20年度に400億円規模目指す」 (日清オイリオ)

家庭用食用油市場で"かけるオイル”の需要が拡大している。オリーブオイルやアマニ油、ごま油などを、さまざまなメニューにかけて楽しむ、新たな使い方が注目されている。食用油メーカー各社は、開封後の鮮度を保持する密封ボトルのラインアップも強化し"かけるオイル”の提案に力を入れている。

多様化する家庭用油

揚げ物調理が減少傾向にあるが、家庭用食用油市場は堅調な動きが続いている。今期もほぼ前年並みでの着地が見込まれている。

かどや製油、カタギ食品を子会社化 「互いにメリット」 両トップが会見

かどや製油の小澤二郎社長はこのほど、子会社化を発表したカタギ食品の片木精治相談役、髙田直幸社長とともに大阪市内で会見。今後の協業などについてそれぞれ次の通り語った。

家庭用食用油 付加価値化のトレンド継続 オリーブ、ごま油が牽引

上期の家庭用油市場は数量、金額ともほぼ前年並みで着地する見通しだ。中食需要の増加や家庭内での揚げ物調理の減少など、外部環境は厳しさを増しているが、オリーブオイルやごま油など高単価品の需要拡大や、調味料感覚で楽しむ生食用途の広がりを背景に、安定した動きが続いている。

食用油版 製油各社の前3月期決算 逆風強まる中で増益確保 付加価値品拡販が貢献

製油各社の前3月期決算が出揃った。日清オイリオ、J―オイルミルズ、昭和産業の大手3社は原料相場の低下もあり売上高は減収となったが増益を確保。不二製油グループ本社も欧米での事業拡大が貢献し増収増益となった。

日清オイリオG「横浜磯子まつり」 地域とのふれあい促進

日清オイリオグループは4月22、23の両日、横浜磯子事業場で「横浜磯子春まつり」を開催した。市民とのコミュニケーションを目的としたイベントで、今年で35回目。工場内グラウンドスペースを活用し、地域のダンスチームによるパフォーマンスや子供に人気のキャラクターショー、横浜F・マリノスコーチによるサッカー教室をはじめ、

“同い年”の「リカちゃん」とコラボ かどや製油「金印純正ごま油200g」

かどや製油はロングセラー商品「金印純正ごま油200g」の発売50周年を記念し、同じく今年誕生50周年の着せ替え人形「リカちゃん」(タカラトミー社)とコラボしたプロモーション活動を4月から展開する。

家庭用食用油 ブーム後も安定成長続く

15年度に前年比30%増の躍進を遂げた家庭用食用油。市場規模は1千400億円に達し過去最高を更新した。今期はその反動が懸念されたが、4~12月の家庭用油市場は金額ベースで前年同期比3.1%減。急激に膨らんだ市場規模を落とさず、安定した実績を維持している。

プレミアムオイル伸長続く サプリ的オイルに反動も

上期の家庭用油市場は金額ベースで微減、数量では前年を上回る見通しだ。15年度のマーケットは前年比24%増と急伸した直後だけに、その反動が懸念されていたが、ひとまず前年水準を維持した。
- Advertisement -

ロングランアクセス