2019 / 10 / 17 木曜日
ホーム タグ かつお節

タグ: かつお節

「たもぎたけ」のエキス入り雑炊 加工食品に使用は初 シマヤ

シマヤは9月1日から、幸せをよぶ黄色のキノコと呼ばれる“たもぎたけ”のエキスを使用したレトルト雑炊2品を新発売する。スリービー(北海道南幌町、石田真己社長)が生産するたもぎたけから抽出したエキスを使用した従来にない新しいタイプの雑炊。たもぎたけは生産地や生産量が限られているため加工食品に原料として使用されるのは初めて。

ヤマキ「割烹白だし」好調 5年連続2ケタ成長

白だし市場シェアナンバーワンのヤマキ「割烹白だし」の販売が好調だ。2018年度(19年3月期)の実績は出荷額ベースで前年比27%増と大きく伸長。5年連続の2ケタ成長を記録した。今後もプロモーションの強化などのさまざまな施策を行うことで、より多くの人に「割烹白だし」のおいしさ、手軽さを伝えていく考えだ。

にんべんが初の弁当・惣菜専門店 品川のエキナカに

にんべんは22日、JR東日本品川駅のエキナカ商業施設「エキュート品川」1階「トラベラーズキッチン」内に、弁当・惣菜専門店「日本橋だし場OBENTOエキュート品川店」をオープンした。品川駅を利用する旅行客やオフィスワーカーに向けて、かつお節だしを利かせた弁当や惣菜を販売する。

地方発のだしパックが人気 病院と共同開発も

だしパックの市場が広がる中、病院と共同開発したり、大きく育った山陰のあごを使うなどした、地方発の商品が人気を集めている。広島県福山市のカネソ22が16年、同市の大田記念病院とコラボし、管理栄養士監修の商品として発売したその名も「大田記念病院が考えただしパック」。

オタフクの意外なヒット商品 トップシェアの天かすにノンフライタイプ

料理に混ぜたり、うどんなどのトッピングに使われる天かす。この市場で約3割のトップシェアを持つ商品が、お多福グループのお好みフーズが1991年から販売する「天かす天華」だ。天かす市場が2017年までの5年間で約10%伸長したのに対し、同商品は50%と大幅に伸びている。

キリンビール「ジョニーウォーカー」 次世代中心に魅力発信

キリンビールは1日、「ジョニーウォーカー」のプロモーションイベント開催に当たって、梅田でメディアプレビューを実施した。冒頭、竹内博史執行役員近畿圏統括本部長が圏内の販売状況について説明。「ジョニーウォーカー・ブラックの販売数量は、直近6か月でもプラス20%で推移している。

ヤマキ 米国で生産・販売 削り節類、9月稼働へ

ヤマキは11日、米国で削り節・粉末の生産・販売事業を開始すると発表した。オレゴン州ポートランド近郊のフォレストグローブに100%子会社「YAMAKI USA」を設立。新会社は、同地にある味の素グループのニューシーズンフーズ社(NSF社)の生産拠点を活用し、今年9月の生産ライン稼働を目指している。

にんべん 一般向けだしパック開発

にんべんは2018年春夏の一般流通向け新商品・リニューアル品計6品を3月1日から全国で発売する。味付きだしパック「旨い味だし」を投入し、「かつお節」と「あご入り」の2品を提案。90gサイズの「おかかふりかけ」シリーズに「塩分ひかえめ おかかふりかけ 胡麻入り」を追加する。

テーマはかつお節JA全中とにんべんがコラボ講座

JA全中(全国農業協同組合中央会)は11月21日、東京・大手町のJAビル内の農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で、にんべんとのコラボ講座「にんべんセミナー~かつお節のおいしい魅力~」を開催した。同講座には近隣のオフィス街に勤める42人が参加。かつお節について学んだ。

かつお製品 主原料、年明けから高騰 値上げの動き業界全体に

かつお製品の値上げの動きが拡大している。主原料のカツオが年明けから高騰しているため。削り節業界ではヤマキが8月1日出荷分から値上げを実施したのに続き、マルトモも9月出荷分からの値上げを発表したが、はごろもフーズが9月1日出荷分から、にんべんも10月2日出荷分からの値上げを発表した。

ヤマキ だしの魅力を発信 プロジェクト始動

ヤマキは料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」(アイランド運営)とコラボレーションしたアンバサダープロジェクト「ヤマキだし部」を始動した。かつお節、だしの魅力を積極的に伝えていく考えだ。

ヤマキの成長戦略 価値訴求を継続強化 かつお節・だし需要創造へ

ヤマキは今年、創業100周年の節目の年を迎えている。2016年度(17年3月期)を最終年度とする3か年の現中期経営計画では、構造改革とともに成長に取り組んできた。特に「割烹白だし」は3期連続の2ケタ成長を達成できる見通しだ。

和食会議 日本のだしを学ぶ 第4回普及・啓発部会

和食文化国民会議は2月24日、都内で第4回普及・啓発部会を開催した。和食の基本であるだしを掘り下げ、今回はかつお節をクローズアップした。講師としてヤマキかつお節・だし研究所の藤原佳史所長が登壇し、かつお節の種類やだしがらの利用方法について講演した。

にんべん アンバサダーに速水もこみち オリジナルメニューも考案

にんべんは1日、「速水もこみち×にんべん」プロジェクトを始動した。同日付で俳優の速水もこみちさんを「にんべんアンバサダー」に任命。オリジナルレシピ・メニューの提案・提供を中心にさまざまな活動を展開する。
- Advertisement -

ロングランアクセス