ホーム タグ うどん

タグ: うどん

讃岐うどん

450g

<特徴>本社工場とさぬき工場の2つのJAS認定工場で、安全・安心の品質を重視した商品づくりを徹底する同社。主力商品の「川田製麺讃岐シリーズ」は原料から徹底してこだわり、麺の本場・讃岐地方の技術で丁寧に仕上げた。夏に一押しの「うどん」は、もちもちとコシのある食感と、滑らかなのど越しが自慢。好みの分量だけ使用可能なバラタイプ。ゆで時間13分。姉妹品にひやむぎ、そうめん、ざるうどんを揃える。販売元は日清フーズ。

㈱川田製麺
〒761-1401 香川県高松市香南町岡396
電話087(879)2103 FAX087(879)2142

讃岐太麺強腰うどん

600g(100g×6束)
248円

<特徴>麺をかむともちっとして、コシのしっかりとした弾力のある食感が特徴。この強いコシは、讃岐うどん手打ち店でお馴染みの「足踏み」工程を取り入れ機械化した製法により実現した。生地の四方八方に強い圧力をかけ、鍛え、グルテンの網状組織を作らせて、コシが強く、かむごとに小麦の香りが感じられるおいしい太麺うどん。姉妹品に「讃岐細麺喉越しうどん」「讃岐弦腰ひやむぎ」「讃岐絹光そうめん」もある。

㈱さぬきシセイ
〒761-1402 香川県高松市香南町由佐580-1
電話087(879)2279 FAX087(879)6378

讃岐うどん(高原通商店)

400g(100g×4束)
285円

<特徴>うどんの本場「讃岐」で明治39年から伝統の技を駆使し作り続けてきた逸品。讃岐めん専用小麦粉を使用し、近代的なミキシング製法と熟成工程を組み合わせて仕上げた麺はコシが強く、歯ごたえのある讃岐ならではの風味豊かなうどんが楽しめる。ゆで時間13分。FSSC22000取得の製造所で品質・品管を徹底。パッケージは産地と創設年を金文字で彩り、高級感を演出。老舗「カネ玉」の冠を配した商品名も店頭で存在感を発揮する。270g(205円)も併売。

日本製粉㈱
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-8
電話03(3511)5358 FAX03(3237)3526

うどん県のうどん

300g
310円

<特徴>全国で知名度上昇中の香川県の愛称「うどん県」を商品名に取り入れたさぬきうどん。その名にふさわしく、原料には地元香川のみで栽培される麺用小麦「さぬきの夢」を100%使用。地粉のピュアで豊かな風味が特徴で、さぬきうどんならではのコシ、つるつるとした絹のようなきめ細かい食感に仕上げた。“スーパーマーケット・トレードショー・フード30選”受賞、“フード・アクション・ニッポンアワード”入賞商品。

㈱讃岐物産
〒769-1614 香川県観音寺市大野原町萩原1350
電話0875(54)2288 FAX0875(54)4661

龍神の糸 細うどん茶粉末入り

300g
350円

<特徴>播州そうめんの名門企業が作る本格細うどん。厳選された小麦粉に赤穂の塩、京都宇治茶粉を混ぜ、揖保川の伏流水で丁寧に練り上げた。ひやむぎに近い細い麺線ながらも、しっかりとしたコシとつるみが楽しめる。ゆで時間5分。色粉不使用で、自然の茶の色で仕上げた。包材には光を通さず麺の色落ちを防ぐ、アルミ蒸着袋を使用。レトロな茶葉のデザインは、小売から土産用途まで幅広く対応する。

㈱マルツネ
〒679-4109 兵庫県たつの市神岡町東觜崎221番地の5
電話0791(65)0261 FAX0791(65)1671

上州手振りうどん

300g(100g×3)
245円

<特徴>“つるつるシコシコゆで上げ4~5分”で発売以来、40余年の最長不倒を記録してきた。定期的なブラッシュアップでさらにおいしく商品力を高めている。特許製法の「もみ切り打ち」とするウエーブ麺は、ほぐれやすく、つゆの絡みがよい。生麺にもない歯応えと食感は抜群。そうめん、ひやむぎなど細さ、容量、原料を変えてシリーズを充実させている。

星野物産㈱
〒376-0193 群馬県みどり市大間々町2458-2
電話0277(73)3333 FAX0277(73)5233

手緒里うどん

250g
180円

<特徴>島田掛け製法のベストセラー。通年商材で、地元茨城県を中心としたエリアでは定番商品。結城地方は、重要無形文化財に指定されている“つむぎ”の郷。手緒里めんは、つむぎを織るように丹精込めて作られる。シコシコしたコシの強さや、ツルツルした舌触りは独自の特殊熟成の技術開発力による。手緒里シリーズにはこの他に、ひやむぎ、そうめん、紫峰そばなども。うどんと紫峰そばには、ギフト用に包装品も用意。

ヤマダイ㈱
〒300-3598 茨城県結城郡八千代町平塚4828
電話0296(48)0511 FAX0296(48)0515

キンレイ 17年売上げ18%増 「お水がいらない」シリーズがヒット

家庭用冷凍麺で評価が高いキンレイの17年売上げは前年比約118%となる112億円で着地。好評の「お水がいらないシリーズ」も大きな伸びを見せた。今年は全社売上げ124億円、約110%を目指す。

がごめ昆布のうどん・そば発売 希少な函館産使用 北海道大と産学連携で 池島フーズ

池島フーズは函館産がごめ昆布を使用した「がごめうどん」「がごめそば」を発売した。がごめ昆布は函館東海岸に生育する希少価値の高い昆布の一種で、強いねばりと旨みが特徴。海藻研究の世界的権威である北海道大学水産学部の安井肇教授らとの産学連携により商品化した。

今年は冷凍うどんの夏に 立体型の大型販促を実施 テーブルマーク

テーブルマークは今夏、冷凍うどんの需要喚起のため、CM放映のほか消費者キャンペーンやデジタル施策などを連動させた大型の販促を行う。冷凍うどん市場規模は670億円弱。うち同社はシェア1位(40%)を誇り年間5億食を生産する。15年には日本食品工学会技術賞を受賞するなど評価も高い。
- Advertisement -

最新記事

人気記事