銭湯で地サイダーPR 記者発表会(大西貞明副会長-写真㊨から3人目)
日本ガラスびん協会は東京、大阪、京都、兵庫の各都府県の63銭湯で、地サイダーと地ラムネのキャンペーンを行っている。14日には大阪府池田市の城南温泉で記者発表会を開催。
「ジャック ダニエル」の移動式バー
アサヒビールは14日、名古屋の商業エリア・栄で「ジャック ダニエル」の体験イベントを実施した。同社が全国47都道府県で展開している『JACKDANIEL’S Experience2017 Japan』の一環で、東海4県でも順次開催。
夏を楽しむ『ごち☆そうめん』
明治屋は14日、扶桑社とのコラボレーションイベント「夏を楽しむ『ごち☆そうめん』」を東京・京橋の明治屋ホールで開催した。そうめん研究家のソーメン二郎氏と缶詰博士の黒川勇人氏を招き、明治屋「おいしい缶詰」をトッピングするメニュー、食べ方を提案するなど、そうめんの魅力を紹介した。
見せよ売りへの情念
音楽に造詣が深いわけではないが、涙なくしては聴けないレコードが3枚ある。例えば、ホロヴィッツが78年にカーネギホールで弾いたラフマニノフを収めた盤。学生時代から繰り返し聴き、そのたびに、とは云わないがしばしば泣いた。もう1枚はディヌ・リバッティのラストリサイタルを録音した盤。
中川英雄社長(にいたか屋)
にいたか屋グループは4日、伊豆修善寺桂川でGMC会員・取引先向け説明会および懇親会を開き、グループの近況を説明した。主力のべったら漬は昨年、原料枯渇によりかつてない苦境に立たされた。
田原貴之支社長(味の素九州支社)
味の素九州支社は14日、福岡市のホテルニューオータニ博多で、「17年秋季味の素グループ施策商談会」を開催。九州地区の卸店、量販店など得意先297人が来場した。
イズミ(広島市)の新業態「LECT」の売場
中国地方に展開する上場スーパーの第1四半期(3~5月)連結業績は4社が増収、営業利益が増えたのは2社にとどまった。今期は多くのスーパーが新規出店を抑制する傾向にあり、その一方で店舗の改装に力を注いでいる。
武田信玄がパッケージに入った「こくだし味噌鍋つゆ」㊧と関西のうどんすきをヒントに「うどん寄せ鍋つゆ」(ヤマキ)
ヤマキは家庭用新商品を8月21日から全国で発売する。「だしで味わうだし屋の鍋」シリーズに新しい切り口の「こくだし味噌鍋つゆ」と新しいメニューを提案する「うどん寄せ鍋つゆ」を追加。ストレートタイプの鍋つゆの展開を強化する。ふりかけ、食べる煮干の新商品も投入する。
乾麺商戦 市況
乾麺商戦がピークを迎えた。4~5月は平年並みでスタートし、5月下旬には30℃を超える暑い日が続き、前年を超える勢いで6月に突入したものの、梅雨入り後はブレーキがかかっている。
サザン・オールスターズを起用した「三ツ矢サイダー」のCM(アサヒ飲料)video
19日、関東甲信、中国、近畿、東海地方で梅雨明けが発表され、炭酸飲料のマーケティングが本格化している。1~6月の炭酸飲料市場はほぼ横ばいと推定されるが、夏場に一時的に炭酸カテゴリーに流入する非炭酸飲用層は500万人以上いるとされ、真夏日や猛暑日が続くにつれ上昇基調にある。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

味の素九州支社 田原貴之支社長に聞く 家庭・業務用合計で前年超え

味の素九州支社は14日、福岡市のホテルニューオータニ博多で、「17年秋季味の素グループ施策商談会」を開催。九州地区の卸店、量販店など得意先297人が来場した。