ホーム ブログ
資格を持つ社員がみその魅力を伝える(マルコメ 味噌アンバサダー)
マルコメはみその魅力を伝える食育活動に力を入れている。“みその伝道師”の役割を担う社内資格「味噌アンバサダー」制度を導入している。講師養成講座を開き、試験合格者に社内認定資格が与えられる。味噌アンバサダーは現在47人で、営業マン、研究員、工場など職種に係らず養成している。
「ロボットカフェ」のイメージ(QBITRobotics)
UCCホールディングスは、ロボットカフェの開発を手掛けるスタートアップ企業のQBITRobotics(本社・東京都品川区、中野浩也代表取締役社長兼CEO、以下QBIT)に出資した。
コーヒー体験サービス「The Roast」(パナソニック)
パナソニックは10月31日、IoT調理家電による食のサービス事業の一環として、17年6月から展開している焙煎機・スペシャルティコーヒー生豆・焙煎プロファイル――の3つを基軸としたコーヒー体験サービス「The Roast」を拡充した。
商品を撮影する参加者(日本橋高島屋)
髙島屋は今年の歳暮商戦について、オンラインストアでは10月12日から、関東各店舗では10月31日から順次スタートさせている。今回は初の試みとして11月8日に、日本橋店近隣企業のオフィスワーカー向けに、テーマである「平成グルメ」などの商品説明会を開いた。
(左から)「クラフトボス ホット」の新CMに出演するゆりやんレトリィバァさん、成田凌さん
「ボス」ブランドが12月に1億ケースの大台を突破する勢いで拡大している。牽引役はペットボトル(PET)入りの「クラフトボス」。ダウントレンドにあるショート缶も9月と10月は健闘した。冬本番に向け「クラフトボス ホット」のコミュニケーションを展開し、「ボス」ブランド計で前年比6%増の目標達成を確固たるものにしていく。
新デザインの「アサヒスーパードライ」
アサヒビールは「アサヒスーパードライ」の中長期的なブランドテーマを「THE JAPAN BRAND」と設定、また11月中旬以降の製造分より缶体デザインなどのパッケージを刷新するとともに、品質基準を高めるといった品質価値向上の取り組みを行う。
ボージョレ・ヌーヴォー輸入数量推移
今年も15日にボージョレ・ヌーヴォーが解禁される。国内市場は緩やかな減少傾向をたどっているが、輸入数量の約5割を日本が占めており、ワイン飲用の機会として定着している。
消費増税 軽減税率制度導入
先月15日の安倍総理の発言で来年10月の消費増税と軽減税率制度の導入がほぼ確定した。食品業界は兎にも角にも後者への対応を急がねばならない。
前回増税時(14年4月)には税別表示が容認されたが…
日本スーパーマーケット協会、日本加工食品卸協会、食品産業センターなど消費財製造・流通27団体は消費税総額表示義務の廃止に向け、政府への統一要望に乗り出した。事業者が各々の適性に合った価格表示を自由に選択できるよう、

最新記事

ピックアップ

“みその伝道師”養成へアンバサダー制度を導入 マルコメ

マルコメはみその魅力を伝える食育活動に力を入れている。“みその伝道師”の役割を担う社内資格「味噌アンバサダー」制度を導入している。講師養成講座を開き、試験合格者に社内認定資格が与えられる。味噌アンバサダーは現在47人で、営業マン、研究員、工場など職種に係らず養成している。