”足を目にした取材力を結集”

代表取締役社長 金子順一
代表取締役社長 金井順一

「食品新聞」は、時代が求める斬新な総合情報紙です。

「食品新聞」は、グローバル時代の食品・酒類、そして機器・資材など関連業界から圧倒的に支持されている食品総合情報紙です。

第2次大戦後の混沌としていた1946年(昭和21年)、食品業界の発展と国民生活の安定を願って創刊して以来、70年の紙齢を重ねてきました。この間、足を目にして内外業界の動向や変化を正確・公正・リアルタイムに報道してきたことが高い評価につながっています。全国に布いた拠点網から、現状の分析と先見性で知られる食品新聞を核にして各種出版物も発刊し、幅広い内外情報や地方の動向をスピーディに提供しています。

定期刊行物には、隔日刊(月・水・金曜日発行)の「食品新聞」のほか、「食品酒類小売店新聞」「食品グラフ」「全国食品会社名鑑」「全国乾麺・つゆグラフ」などがあり、何れも経営者やビジネスマン必読の情報源となっています。

2016年(平成28年)、食品新聞は創刊70周年を迎えました。そこで創刊70周年記念出版物として、食品卸を軸に製配販三層の300年の歴史をまとめた「環境対応業~食品卸とサプライチェーンの300年~」(上下巻、2016年夏季発刊予定)と、食品業界を担う指導者の経営信条をまとめた「食品産業 革新と進化の軌跡」(2016年秋季発刊予定)を特別発刊します。

創刊70周年を契機に一層情報機能を充実させ、製配販三層から信頼される公正な報道に心がけ、業界発展のために微力を傾注すべく決意を新たに致します。

株式会社 食品新聞社
代表取締役社長 金井順一

社名 : 株式会社 食品新聞社

英文 : THE JAPAN FOOD NEWS

設立 : 1946年(昭和21年10月1日)

資本金 : 3500万円

代表者 : 金井 順一

企業理念 : 情報活動を通じて食品産業の健全な発展に寄与する。

取引銀行 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、名古屋銀行、城南信用金庫

【業界に支えられて紙齢70年】

  • 1946年(昭和21年)大阪市福島区大野町に「関西食糧新聞社」を設立し、「関西食糧新聞」創刊(旬刊)
  • 1949年(24年)週刊化実施
  • 1950年(25年)月6回発刊、九州支局(現・福岡支局) 、中国支局(現・広島支局)開設
  • 1951年(26年)新活字・15段制採用、東京支社(現・東京本社)開設、「全国食品業者名鑑」(現・全国食品会社名鑑)発刊、創刊満5周年を迎える
  • 1953年(28年)株式会社に組織変更、初代代表取締役社長に寺坂乗を選任、社屋を大阪市北区老松町に移転
  • 1954年(29年)週2回発刊実施
  • 1956年(31年)創刊満10週年を迎える
  • 1957年(32年)中部支局(現・中部支社)開設
  • 1960年(35年)機構改正を行い、東京、大阪にそれぞれ編成局を設置
  • 1961年(36年)創刊満15周年を迎える
  • 1962年(37年)「食品新聞社」と社名変更、題号を「食品新聞」と改題、同時に隔日刊実施
  • 1963年(38年)「食品グラフ」創刊
  • 1964年(39年)大阪本社社屋の増改築完工
  • 1965年(40年)事業部門を分離し「食品センター」を設立
  • 1966年(41年)創刊20周年を迎える
  • 1967年(42年)東京支社を東京本社に昇格、東京・大阪両本社制採用
  • 1970年(45年)代表取締役社長に中野宏記を選任
  • 1971年(46年)創刊25周年を迎える
  • 1973年(48年)食品ピーアール社を設立、「食品酒類小売店新聞」発刊
  • 1976年(51年)創刊30周年を迎える
  • 1979年(54年)大阪本社を大阪市北区南森町に移転
  • 1981年(56年)創刊35周年を迎える
  • 1985年(60年)代表取締役社長に木暮力得を選任
  • 1986年(61年)創刊40周年を迎える
  • 1989年(平成元年)製配販三層の情報交流会「食品懇話会」発足
  • 1991年(3年)創刊45周年を迎える
  • 1996年(8年)創刊50周年を迎える
  • 2001年(13年)創刊55周年を迎える
  • 2000年(16年)代表取締役社長に大井 眞を選任
  • 2006年(18年)創刊60周年を迎える
  • 2008年(20年)代表取締役社長に金井順一を選任
  • 2011年(23年)創刊65周年を迎える
  • 2013年(25年)製配販三層の情報交流会「新生・食品懇話会」発足
  • 2016年(28年)創刊70周年を迎える
食品新聞紙
食品新聞紙

購読者の7割が流通業界

創刊 : 1946年(昭和21年11月25日)

発行 : 毎週3回(月・水・金曜日の隔日刊)

紙型 : ブランケット版

業態別購読層 : 卸売部門38%、小売部門34%、製造部門25%、その他3%

地域別購読者 : 関東39%、近畿23%、中部・北陸10%、中国7%、九州7%、四国4%、東北5%、北海道3%、海外2%

購読料 : 半年30876円(税別)、1年間61752円(税別)

「食品新聞」を核に各種出版物

◎「食品新聞」(隔日刊)
毎週月・水・金曜日発行の全国食品総合情報紙。足を目にして取材した業界の専門的な情報をニュース面で伝えるほか、シーズンに合わせた商品特集や専門版を定期的に発刊。紙面ではスーパーや卸、外食など流通業界の動向や需要変化なども組み入れながら、立体的な紙面づくりを心掛けている。

小売店新聞
小売店新聞

◎「食品酒類小売店新聞」(月刊)
1973年(昭和48年)創刊の食品業界と卸業界、小売業界を結ぶ連携月刊タブロイド紙。

◎「食品グラフ」(年2回発刊)
1963年(38年)創刊の食品業界唯一の写真情報誌。記事で伝えきれない食品業界・外食業界のトピックスや最新トレンドなどを、写真を通してわかりやすく解説。

食品名鑑
食品名鑑

◎「全国食品会社名鑑」(年刊)
全国15000社に上る食品メーカー、卸、小売、資材・機器関連業者の経営内容を完全収録したデータ集。類例のない経営資料として絶大な好評を得ている。

◎「全国乾麺・つゆグラフ」(年刊)
乾麺業界の現状と展望を分野別に解説。データ分析を加えながら乾麺・つゆ産業の今を探る。

graph
食品グラフ/乾麺・めんつゆ

◎「環境対応業~食品卸とサプライチェーンの300年~」(上下巻、2016年夏季発刊)
食品新聞創刊70周年記念出版物。食品卸を軸に製配販三層の300年の歴史を立体的に読み解く消費財流通産業史。

◎「食品産業 革新と進化の軌跡」(2016年秋季発刊)
食品新聞創刊70周年記念出版物。食品業界を担う指導者の経営信条や、食品新聞が伝えた70年の記録、直近10年のトップニュースなどを満載。

【事業所所在地】

〒104-0042東京都中央区入船1-9-8
03­-3552-4031 FAX03-3552-7015
(携帯等から電話番号クリックで電話いただけます)

〒530-0054大阪市北区南森町2-3-30
06­-6361-4972 FAX06-6361-5061
(携帯等から電話番号クリックで電話いただけます)

〒460-0002名古屋市中区丸の内2-10-11
052­-221-5391 FAX052-221-5393
(携帯等から電話番号クリックで電話いただけます)

〒730-0016広島市中区幟町3-55
082-227-1231 FAX082-227-1236
(携帯等から電話番号クリックで電話いただけます)

〒812-0013福岡市博多区博多駅東2-18-20
092-411-1378 FAX092-411-1077
(携帯等から電話番号クリックで電話いただけます)

お知らせ