中部市場 おせち

〈中部市場〉おせち、重詰販売に異変? オードブル、寿司が好調

中部市場の16年おせち・年末商戦は、例年とは違う傾向が見られた。これまで売上げを伸ばし続けてきた重詰おせちだが、昨年はブレーキがかかった。
レトルトカレー

〈レトルトカレー〉ニーズ多様化に対応 家庭用市場、拡大基調

レトルトカレー市場は堅調な動きを見せている。2016年度(4~3月)の家庭用市場は12月までの累計で前年比5%程度の伸びで推移。同3%程度の伸びとなった15年度(同)に続き、通期でも2年連続の成長で着地する公算が大きい。
中華合わせ調味料 おかず調味料

中華合わせ調味料 おかず調味料を巡る経験則

中華合わせ調味料が発売されて約45年が経過した。最近では和風、洋風など合わせてメニュー調味料とも呼ばれ売場も拡大。一方で広がる土俵に参戦者も多く、「選びにくい売場になった」と過渡期を指摘する声も増えている。
2017モバックショウ 国際製パン製菓関連産業展

モバックショウ 過去最大規模で開催 海外にも広くアピール

日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)主催による「2017モバックショウ(第25回国際製パン製菓関連産業展)」(http://www.mobacshow.com)が22~25日、大阪市のインテックス大阪(南港)1・2・3・4・5(A・Bゾーン)号館で開催される。
ガリガリ君リッチ黒みつきなこもち 桔梗屋 武田神社

ガリガリ君 “桔梗信玄餅”アイスで表現 武田神社で成功祈願

赤城乳業は1月31日、「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」の成功祈願を甲府市の武田神社で行った。同アイスは、山梨県の銘菓「桔梗信玄餅」を販売する㈱桔梗屋の監修を受け信玄餅をガリガリ君で表現したもの。
「つゆの素ゴールド」㊧と「白だしゴールド」

にんべん「ゴールド」改良 プレミアム品強化

にんべんは2017年春夏の家庭用リニューアル品として、プレミアムタイプの「つゆの素ゴールド」「白だしゴールド」「塩分ひかえめつゆの素ゴールド」とレギュラータイプの「塩分ひかえめつゆの素」の4品(各500㎖PETボトル)を3月1日から全国で発売する。
紀文とゼクシィのコラボ講座「はじめてのおせち」

〈おせち商戦結果〉佃煮、売れ筋アイテムに集約 セット品の伸長続く

昨年末のおせち商戦(佃煮)は、ほぼ前年並みの結果となった。昨年末はクリスマスが日曜日にあたり、28日の仕事納めから商戦が本格化する超短期決戦の曜日回りを懸念する向きもあったが、「天候にも恵まれ、まずまずの結果だった」(首都圏のおせちメーカー)。
“チーム・ファイバリクサ” ㊧から長竹氏、桑原氏、岡部氏、渡邊氏

林原 水溶性食物繊維「ファイバリクサ」 販売1年、好発進

林原が水溶性食物繊維「ファイバリクサ」を発売して一年が経過した。イソマルトデキストリンを95%以上含む食品素材で、でん粉を酸性下で強く加熱することなく、酵素を作用させて製造した点が他の水溶性食物繊維と異なる。昨年6月には米国食品医薬局(FDA)から、安全な食品であるとされるGRAS認証を取得した。
小川珈琲が新発売する“森の人”とヒトとのレギュラーコーヒー「インドネシアスマトラオランウータンコーヒー」。粉・豆・ドリップコーヒーの3SKUを並べると絵柄がつながるパッケージで雑貨店での露出も狙う

〈家庭用嗜好飲料〉全般にプラス推移 持続的成長へ環境変化対応

コーヒー、紅茶、ココアなど家庭用嗜好品の春夏戦略がほぼ出揃った。コーヒーは少人数世帯や多様化ニーズへの対応、紅茶とココアは例年どおりアイス飲用の提案や汎用性訴求が打ち出された。
「CokeON」アプリでチケット共有も

「コカ・コーラ」大攻勢 スマホ自販機サービス拡充

コカ・コーラシステムは「コカ・コーラ」ブランドのワンブランド戦略や「スマホ自販機®」の取り組みを加速する。「コカ・コーラ」ブランドは3月6日から、「コカ・コーラゼロ」のパッケージを「コカ・コーラ」レッドカラーをベースに一新

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

食品容器環境美化協会 環境美化教育優良4校を表彰

公益社団法人食品容器環境美化協会は、このほど東京都台東区西浅草の浅草ビューホテルで「第17回環境美化教育優良校等表彰事業」の表彰式を開催。