ホーム その他 各種イベント・展示会

各種イベント・展示会

酒類総合展示試飲会2018~九州発 プロが選ぶお酒最前線~

プロが選ぶ飲み方提案 各々の強み生かす試飲会 今泉・日酒販合同酒類展

今泉酒類販売(福岡県粕屋郡志免町、今泉三千俊社長)と日本酒類販売九州支社(福岡市東区馬出、亀井靖夫執行役員・九州支社長)は12日、福岡市のホテル日航福岡で「酒類総合展示試飲会2018~九州発 プロが選ぶお酒最前線~」を開催。
早田ひな選手㊧と前園真聖さん(MARUCHAN QTTA ひなちゃんチャレンジ)

卓球・早田ひな選手ら 小中学生選手にエール 東洋水産がイベント

東洋水産は8月30日、都内で「MARUCHAN QTTA ひなちゃんチャレンジ」を開催した。当日は卓球の早田ひな選手とタレントの前園真聖さんが登場、未来のひなちゃんを目指して頑張る小中学生卓球選手を応援した。
FOOD SERVICE SOLUTION 2018 久世

久世 売れるメニューを効率的に 秋冬展示会でワンストップ提案強化

久世は11~12日、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館で秋冬展示会「FOOD SERVICE SOLUTION 2018」を開催した。出展メーカー数は200社、総コマ数263小間(自社ブース78、メーカー小間185)。出展アイテム数は4千268品。
第69回外食産業フェア

外食産業フェア 前日に台風襲来もなんとか開催 外食協

日本外食品流通協会(小田英三会長)は5、6日の2日間、大阪・南港のインテックス大阪で「第69回外食産業フェア」を開催した。「自慢の食材揃えました、メニューあふれる!食の祭典」をテーマに76社、161・5小間が出展した。
慣れた手つきでタブレットを操作(おいしいおえかきSketch Cook - 大塚製薬)

アプリで学ぶ「栄養バランス」 小学5年生が体験授業 大塚製薬

孤食や欠食、偏食などの原因のひとつに家族揃って食卓を囲むことや、親子で調理する機会が少なくなっていることなどが原因として挙げられ、子供への食育が課題となっている。
しびれ鍋(ぐるなび 2018年版トレンド鍋)

今年のトレンドは「しびれ鍋」 ぐるなびが選出

ぐるなびは、2018年版トレンド鍋に「しびれ鍋」を選出した。かつての激辛ブームとは違い、辛さだけではなく香りや旨みが加わった“しびれ料理”が注目されており、山椒や花椒を使用した“しびれ鍋”を今年のトレンド鍋に決めた。.
コンテストを告知するポスター(カゴメ/滋賀県/滋賀めし)

カゴメと滋賀県 「滋賀めし」で健康増進

カゴメと滋賀県は県産野菜の消費拡大と健康の推進を目的とした「滋賀めし」メニューコンテストを実施する。両者は今年4月に包括的連携協定を締結。滋賀県は健康寿命がトップクラスで、喫煙率や食塩摂取量が低いなど全国的にみても健康な県だと言える。
収録の模様(NHK番組「プロフェッショナル 子ども大学」)

湖池屋・佐藤章社長 NHK番組で第1回講師に 「プロフェッショナル 子ども大学」

湖池屋の佐藤章代表取締役社長がNHK番組「プロフェッショナル 子ども大学」第1回講師として出演する。一流の職業人を取材する番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の新企画であり、今回、佐藤社長が子供たちに用意する課題は「スナック菓子のヒット商品をつくる」。
交流棟の完成予想図(カゴメ野菜生活ファーム富士見)

カゴメ「野菜生活ファーム」 農業・製造・観光の一体型施設 長野で来春開園

カゴメは、来年4月下旬に長野県諏訪郡富士見町に農業・農産物加工事業・観光事業を一体化した「カゴメ野菜生活ファーム富士見」(河津佳子社長、カゴメ100%出資)を開園するが、観光施設の象徴となる交流棟の起工式が5日、名取重治富士見町長や施工業者である山浦速夫ヤマウラ社長らを招いて現地で行われた。
アプリを使った新たなプログラム(「特茶プログラムはじまる!」キャンペーン)

サントリー「100年ライフプロジェクト」 「特茶」新戦略 来年には新機軸も

サントリー食品インターナショナルは、人生100年時代を迎え健康寿命を延ばすことが課題となる中で、飲料メーカーとしてできることに着目し、「100年ライフプロジェクト」活動を開始する。その一環として「伊右衛門 特茶(特定保健用食品)」の500㎖PETボトル商品を対象に、

最新記事

ピックアップ

「Q・B・Bチーズ」の限定メニュー提供 70周年で青山のカフェとコラボ 六甲バター

12月13日に創業70周年を迎える六甲バターは、「ロイヤルガーデンカフェ青山」とコラボレーションした「Q・B・B スマイリーカフェ」(東京都港区北青山)を14日から26日まで展開している。