ホーム その他 各種イベント・展示会

各種イベント・展示会

(左から)本庄大介社長(伊藤園)、田島もりさん、伊佐敷真孝室長(文部科学省)

伊藤園「お~いお茶」新俳句大賞 応募が過去最多 日本一の創作俳句コンテストに

伊藤園は昨年11月から今年2月末まで「第29回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」を募集し、入賞作品2千句を決定。過去最多応募となった約195万4千句(応募人数約50万人)の中から大阪市の田島もりさん(83歳)の作品「獅子舞の口へ太平洋の風」が文部科学大臣賞に選ばれた。
生鮮戦略コーナー(2018グローバル東亜 業務用食品成長戦略展示商談会)

東亜商事が業務用食品展示会 グローバルな食材調達力アピール

東亜商事は6月27日、東京ドームシティプリズムホールで食品事業部主催の展示会「2018グローバル東亜 業務用食品成長戦略展示商談会」を開催。出展メーカー150社、全国各地の得意先販売店やユーザーら3千500人が来場した。
塩飴とうちわが人気。輪投げに挑戦する子供ら(秩父宮みなとラグビーまつり)

くらしお 秩父宮みなとラグビーまつりに出展 熱中症対策予防を呼びかけ

塩と暮らしを結ぶ運動(くらしお)は、港区「秩父宮みなとラグビーまつり」にブースを出展し、道行く人に熱中対策予防を呼びかけた。本イベントは『秩父宮ラグビー場』を軸とした国際交流・地域活性イベントであり、夏場の熱中症対策のPRを目的にブース出展を行った。
作付け(フジッコ 丹波篠山黒豆作付け体験ツアー)

フジッコ 10年目の食育イベント 親子で黒豆作付け

フジッコは23日、兵庫県篠山市で黒豆作付け体験ツアーを開催。21組・42人の親子連れが参加した。今年で10回目を迎える食育イベントの一環で、黒豆の産地、丹波篠山で作付けから秋の収穫を経て、年末におせち料理を作る。
フードショー2018 三井食品

三井食品 地方商材など幅広く 横浜で総合展示会

三井食品は20~21日、毎年恒例の総合展示会「フードショー2018」を横浜市のパシフィコ横浜で開催した。スーパー、外食店などの得意先関係者に独自の商品・販売企画や主要メーカーの重点商品を紹介するもの。出展298社、来場者数約4千人。
野菜収穫祭 キユーピー 伊藤園 東急不動産は NPO法人アーバンファーマーズクラブ

“坪単価が最も高い”野菜 屋上テラスに「やさいの森」原宿のど真ん中で園児が収穫 キユーピー、伊藤園が協賛

渋谷エリアに本社があるキユーピー、伊藤園、東急不動産は、NPO法人アーバンファーマーズクラブと連携し18日、東京・原宿で地元保育園園児による野菜収穫祭を行った。
ベジタブル・ソリューション2018 カゴメ

コラボ企画で野菜不足改善 カゴメ大阪支店

カゴメは14、15の両日、大阪ガスハグミュージアムで「ベジタブル・ソリューション2018」を開いた。外食・中食ユーザーを対象に全国7会場で開催。
タイフェスティバルin名古屋2018

タイフェスin名古屋 タイの食と文化を体感

タイの食や文化を伝える「タイフェスティバルin名古屋2018」が2、3の両日、名古屋市・栄の久屋大通公園で開催された。名古屋開催14回目を迎える今年のテーマは「Thai(タイ)・食・健・美@名古屋」。2日間とも好天に恵まれたことから、来場者数も目標の13万5千人を上回った模様だ。
参加した11組と、総評を行う大谷栄一宣伝委員長㊧(ティーインストラクターオブ・ザ・イヤー2018)

日本紅茶協会 コンテストで多彩な新レシピ 11組が披露

15日、日本紅茶協会が3年ぶりに主催したコンテスト「ティーインストラクターオブ・ザ・イヤー2018」では、選ばれた11組が多彩な紅茶の新規メニューを提案して競い合った。会場は東京ビッグサイトで開催された「CafeRes Japan2018」内。11組の中には高校生のペアも含まれていた。
ビジネス・サミット2018東海・北陸見た目も美味しい!食の大商談会

食の大商談会 東海・北陸のメーカー110社が出展

大垣共立銀行、北陸銀行は5月29日、名古屋市内で「ビジネス・サミット2018東海・北陸見た目も美味しい!食の大商談会」を開催した。東海・北陸を中心とした食品メーカーなど110社強が出展し、食品スーパーや百貨店、商社・卸、外食・ホテルなどの関係者約2千500人が来場した。

最新記事

ピックアップ

銭湯上がりの1杯に地サイダー・地ラムネ 恒例企画、年々規模拡大

お風呂上がりの一杯に地サイダーや地ラムネを販売――。日本ガラスびん協会が2014年から毎年実施している夏の恒例イベント「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ×銭湯」が14日開催された。