吉田住吉工場(ヤマザキ)

ヤマザキグループ 吉田住吉工場が竣工 垂直統合の惣菜づくり進化

総合惣菜メーカーのヤマザキ(静岡県榛原郡吉田町)は、ヤマザキグループ総合研究所敷地内に建設を進めていた吉田住吉工場が24日に竣工した。チルド包装惣菜、原菜加工センター、グラタン製造工場を1か所にまとめた新工場で、グループ生産体制の合理化・生産性向上とともに、
調理の様子を見守る生徒たち(東風小学校/和食給食応援団)

和食給食通じた社会貢献 伝統食継承する取り組み 和食給食応援団

和食給食応援団(事務局=合同会社五穀豊穣)は3月20日、福岡県糸島市の東風小学校で和食の魅力を伝える児童向け食育授業ならびに給食調理を行った。今回は「砂糖と和食」をテーマに、福岡市出身の和食料理人・平河直氏を招いた。推進企業パートナーにはスプーン印の砂糖でなじみの三井製糖が参加した。
ハウス食品グループ業務用三社合同展示会

ハウス食品グループ メニュー提案力訴求 初の業務用合同展示会

ハウス食品グループで業務用食品を展開するハウス食品、ギャバン、ヴォークス・トレーディングの3社は21日、外食や中食、卸など業務用商品の取引先約400人を対象とした「ハウス食品グループ業務用三社合同展示会」を東京都内で開いた。3社は共同提案などの活動を続けてきたが、グループの総合力を示すため、初の合同展示会を開催。
井村屋(北京)企業管理

中国に新会社を設立 井村屋グループ 中国事業の一元化へ

井村屋グループは中国北京市に100%子会社の新会社「井村屋(北京)企業管理」を設立する。現在、中国では「北京京日井村屋食品」「井村屋(大連)食品」「井村屋(北京)食品」の3社が調味料やカステラなどの製造販売を行っている。
エームサービス 三井物産社員食堂 和食の日 和食文化発信

エームサービス 事業所で和食文化発信 三井物産の社食でイベント

エームサービスは11月24日の「和食の日」に、同社が運営受託している三井物産の社員食堂でイベントを開催し、和食文化を発信した。同社員食堂は320席あり、毎日250~300人の社員が利用。カフェ利用を含めると利用者は900~950人に上る。
日清医療食品 ヘルスケアフードファクトリー亀岡

京都に生産能力10倍の新工場 介護食のセントラル化推進 日清医療食品

日清医療食品は京都府亀岡市に、1日10万食の介護食が製造できる国内最大級の工場を竣工した。12月から本格稼働する。
烏骨鶏の日 デリカスイト

7月21日は烏骨鶏の日 デリカスイトなど4社

デリカスイト、烏骨鶏本舗、東かがわ烏骨鶏ファーム、松本ファームの4社は7月21日を「烏骨鶏の日」と制定し、日本記念日協会に登録された。烏骨鶏は1942年7月21日に天然記念物に指定されたことから記念日を決めた。
16年 惣菜市場規模推移(2017年版惣菜白書 日本惣菜協会)

過去最高9兆8千339億円 16年 惣菜市場規模 前年比2.7%増

日本惣菜協会の「2017年版惣菜白書」によると、16年の惣菜市場規模は前年比2・7%増の9兆8千339億円に達したことが明らかとなった。10年前と比べて市場規模は22%増加、高齢化・核家族化・女性の社会進出で惣菜需要は堅調に推移しており、17年には10兆円を超える見通しとなった。
デリカキッチンKITTE名古屋店

中部フーズ、デリカ専門店オープン 非バロー系店舗は初出店

バローグループの中部フーズは1日、名古屋駅直結のKITTE名古屋に惣菜専門店「デリカキッチンKITTE名古屋店」をオープンした。「こんなお店があったらいいな」をコンセプトに日常食を提供し、OLやビジネスマンのランチ需要、仕事帰りの惣菜需要などを取り込んでいく。
カルビーx阪急阪神百貨店 GRANDOCalbee カルビーポテトコロッケ

カルビー×阪急阪神百貨店 “日本一おいしいコロッケ”

阪急阪神百貨店は3月23日、阪急うめだ本店とカルビーのグループ会社カルビーポテト(北海道帯広市)との初企画商品のコロッケと、「GRANDOCalbee」春夏新商品の発売記者会見を開催した。

最新記事

ピックアップ

「Q・B・Bチーズ」の限定メニュー提供 70周年で青山のカフェとコラボ 六甲バター

12月13日に創業70周年を迎える六甲バターは、「ロイヤルガーデンカフェ青山」とコラボレーションした「Q・B・B スマイリーカフェ」(東京都港区北青山)を14日から26日まで展開している。