R―net 情報交換会

メーカー45社と情報交換会 末端小売へのフォローに期待 R-net

関西の地域卸9社で組織するR―netは16日、大阪市の天王殿にメーカー45社を集め情報交換会を開いた。上田勲社長(カミタ社長)が「物流経費の問題を心配している。メーカーさんも苦労しているだろうが、問屋はそれ以上だということを頭に入れておいてもらいたい。働き方改革が叫ばれているが、地方問屋は四苦八苦している。
伊藤忠食品 中元ギフト向け社内商談会

早くも中元体制へ 東京で社内商談会 伊藤忠食品

伊藤忠食品は15日、中元ギフト向け社内商談会を東京本社会議室で開催した。産直ギフトなどに適した地方の特色あるアイテムを同社営業担当者に紹介し、来月から本格化する得意先小売業との中元商談に向けて提案力を高めるもの。
共栄 秋季商談会

話題性のある商品を提案 共栄が展示会

食品卸の共栄(和歌山市)は14日、和歌山ビッグ愛で秋季商談会を開いた。メーカー80社が出展し、得意先70社を招待した。企画コーナーでは土産物市場で話題を集めている「都こんぶカレー」、一度導入されるとリピートにつながるというロングライフの「アオゾラパン」など特徴的な商品を並べた。
第103回ヤグチ秋季見本市

調理現場の課題解決に注力 販売店・ユーザー3,500人超が来場 ヤグチ秋季見本市

ヤグチは15日、東京池袋のサンシャインシティ文化会館で「第103回ヤグチ秋季見本市」を開催した。今秋は平日開催(水曜日)とし、販売店およびユーザーも招き、前年を上回る3千500人超の来場者数を記録した。
日本アクセス 乾物・乾麺展示商談会

大阪で初の乾物乾麺商談会 西村専務「食文化とともに提案」

日本アクセス西日本営業部門は10月31日、大阪市のマイドーム大阪で初となる乾物・乾麺展示商談会を開いた。メーカー100社が出展し、西日本の得意先約700人が来場した。
第15回冷凍食品試食会in高知 旭食品

旭食品 高知で冷食試食会 一般消費者ら参加し盛況

旭食品は24日、高知市のホテル日航高知旭ロイヤルで「第15回冷凍食品試食会in高知」を開催。メーカー19社が協賛し一般消費者ら270人が参加した。
五大物産 秋季商談会

五大物産秋季商談会 「椎茸」にスポット

五大物産(大阪市)は22日、大阪市中央卸売市場で秋季商談会を開催。メーカー73社が出展し、102社・約160人を招いた。前回の夏季商談会では海苔に焦点を当て、さまざまな巻寿司によるメニュー提案を実施。それが惣菜売場へ向けた商売の拡大につながった。
相互 秋季見本市

「菓子博」テーマに 企画展示や試食を充実 相互が秋季見本市

菓子卸の相互(京都府八幡市)は21日、京都市の新都ホテルで秋季見本市を開催。メーカー74社が出展、得意先200社を招いた。
酒類総合展示試飲会「九州発 飲み方改革!」 今泉酒類販売 日本酒類販売

飲み方改革で新しい提案 独自の強みを活かす展開 今泉・日酒販九州合同酒類展示会

今泉酒類販売(福岡県粕屋郡志免町、今泉三千俊社長)と日本酒類販売九州支社(福岡市東区馬出、大部宏執行役員九州支社長)は13日、福岡市のホテル日航福岡で酒類総合展示試飲会「九州発 飲み方改革!」を合同で開催。
旭食品 土浦低温センター

関東で低温物流網確立 土浦に最大規模のセンター 旭食品

旭食品は関東全域をカバーする低温物流網を完成させた。このほど茨城県土浦市に関東で7か所目の低温センターを開設。10月2日から主要得意先店舗への配送を開始するとともに、これまで足回りがネックとなっていた東関東エリアで冷凍食品等の売り込みを本格化させる。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

「サー・トーマス・リプトン」 神戸ティーフェスティバル協賛

ユニリーバ・ジャパンは8~10日の3日間、神戸市内で開催された「神戸ティーフェスティバル」に協賛し、メーン会場となった神戸メリケンパークで産地ごとの紅茶の茶葉の違いを利き分ける“ティースティング”の体験を行った。