山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った
今月上旬に稼働したマリンアクセス第4工場

日本アクセス マグロ加工を強化 グループ生産能力2倍に

日本アクセスは生鮮中核商材のマグロの加工機能を強化する。傘下のマリンアクセス(本社・静岡県榛原郡吉田町、村上一平社長)が今月から高加工品専門の新工場を稼働。ねぎとろなどの生産能力を2倍に引き上げ、急激な需要増加に対応する。
九州アクセス会 2017総会

5つの重点強化策を深化 独自の強み生かす戦略 九州アクセス会が総会

九州アクセス会(会長・山田徹サントリーフーズ執行役員九州支社長)は7月24日、福岡市で17年度「九州アクセス会」総会を開催。会員企業192社(258人)が参集した。
三井食品中部支社 仕入先懇親会

大阪でメニュー提案会 寿司にクラフトビールを 三井食品関西支社

三井食品中部支社(平山俊一支社長)は7月20日、名古屋東急ホテルで「仕入先懇親会」を開催した。当日は140社、約200人が来場、親交を深めた。初めに今年6月に就任した同社・萩原伸一社長があいさつ。
川股篤博サンホーム会長㊧から尾家啓二尾家産業社長に記念品目録を贈呈(サンホーム会 第32回定時総会)

尾家産業「サンホーム会」 ヘルスケア部門さらに拡大

尾家産業の仕入先で構成されるサンホーム会(会長・川股篤博テーブルマーク社長)は12日、大阪市内で第32回定時総会を開催、会員企業など約440人が出席した。総会では議事進行に先立ち、10月に創業70周年を迎える尾家産業に対し、サンホーム会から記念品としてトヨタ・アクアが贈呈された。
トモシアホールディングス 連結業績

取引先集め共栄会 初の連結業績を発表 利益率は業界並み トモシアHD

トモシアホールディングスは13日、東京ドームホテルに取引先メーカー・商社85社を集め第1回共栄会を開催。竹内成雄社長が、4年目で初めての連結業績を発表した。17年3月期の売上高は6千838億9千2百万円、営業利益が38億6千3百万円、経常利益が47億4千9百万円、当期純利益が30億3千7百万円。
竹内孝久社長(旭食品)

旭食品、東日本攻略を加速 関東旭友会で方針発表

旭食品は6月30日、関東地区の主要仕入先45社で構成される関東旭友会の定時総会を東京の品川プリンスホテルで開催、東京支社の今期事業方針などを発表した。当日は竹内孝久社長が増収増益で着地した前3月期の全社業績(売上高が前年比1.6%増、経常利益40.5%増)ならびに今期の経営方針を説明。
首都圏・関信越エリア展示会 国分グループ

地場商材など強力訴求 東京で総合展示会 国分グループ

国分グループは27、28の2日間、首都圏・関信越エリア展示会を東京のサンシャインシティ文化会館で開催した。最新の市場予測に基づく独自の売場・商品・販促企画や主要メーカーの重点商品を得意先関係者に紹介するもの。国分首都圏、国分関信越、国分フードクリエイトの共催。
はくばく 長澤重俊社長

はくばく「もち麦ごはん」需要沸騰 シニアへ健康訴求強める

はくばくの得意先米穀卸で構成されるはくばく会の第56回全国総会が15日、横浜市内のホテルで開催された。小島幸雄副会長(栃木県中央食販会長)による開会の辞、原田章会長(京山社長)によるあいさつに続き、はくばくの長澤重俊社長があいさつした。
2017グローバル東亜業務用食品成長戦略展示フェア

東亜商事「業務用成長戦略フェア」 チルド一括物流を披露

業務用専門商社の東亜商事は14日、東京ドームシティ・プリズムホールで食品事業部主催の展示会「2017グローバル東亜業務用食品成長戦略展示フェア」を開催した。出展メーカー数は約150社。首都圏を中心に、全国の業務用販売店関係者やユーザーら約4千人が来場した。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った