アスクル・岩田彰一郎社長㊧とセブン&アイHD・井阪隆一社長

7&i×アスクル ECサイトなど協業 食材宅配サービスも

セブン&アイホールディングスとアスクルは6日、業務提携を行うことで合意した。両社が展開するECサイト間の相互送客のほか、生鮮食品宅配サービス「IYフレッシュ」、オムニ7の物流やサイトの開発・運営の共同化などを進める。
「暮らしカフェ」ラウンジエリア(リーフウォーク稲沢)

ユニー カフェと暮らし相談の新提案 サービス強化でSCの集客向上

ユニーは6月30日、くつろぎのカフェと生活の困りごとを解決するコンシェルジュ機能を融合させた「暮らしカフェ」を「リーフウォーク稲沢」(愛知県稲沢市)にオープンした。
主要GMS、SM 5月既存店売上高

小売り苦戦の5月 青果、水産の前年割れ響く

主要GMS、SMの5月既存店売上高(公表チェーンのみ)は、GMSでは平和堂、SMではヤオコーが前年同月比100%超となる一方、これまで好調を持続してきたイズミ、マルエツが100%割れとなるなど苦戦した。
スーパーやまのぶ 移動スーパー 山信商店

移動スーパー展開拡大 山信商店「市木店」で3号車稼働

愛知県豊田市を中心に「スーパーやまのぶ」を運営する山信商店は9日、移動スーパー「とくし丸」の3号車稼働に合わせ、「市木店」で出発式を行った。「梅坪店」「若林店」に続いての展開で、6月末には「梅坪店」で2台目が営業スタートを予定する。
熊本の元気をみんなでシェアするモン(高島屋)

くまモンと中元商戦開始 髙島屋日本橋本店

髙島屋は2日、日本橋店にギフトセンターを立ち上げ中元商戦をスタートさせた。7日には中元イベントを開催。田中良司店長は店員らを前に「現在のところ前年予算を大きく上回っている。入店客数、売上げはともに好調だ」と期待を示した。第1四半期も好調で、5月入店客数も多く、街全体の集客力が上がっている。
スーパーやまさ(宮崎県日向市)

買い物弱者を支援 スーパーやまさ、地域性踏まえた運営

スーパーやまさ(宮崎県日向市)は、中山間地域で生活する高齢者などいわゆる「買い物弱者」の支援策として、日向市の障害者福祉サービス事業所「スマイルホーム360」と連携した出張サービス(移動スーパー)事業を行っている。
福屋 お中元 瀬戸内ひろしま宝箱 広島サーモン

福屋が中元内見会 海、山、カープで広島発

福屋は22日、広島市中区の八丁堀本店で中元内見会を開いた。中元商品約2千500点のうち新商品を含む800点を展示。来店客が商品を選びやすいよう、試食や即売コーナーも充実させた。
黒幕引き丼 ファミリーマートvideo

上田氏引退記念「黒幕引き丼」 ファミチキを丼にアレンジ

ファミマの“ドン”の置き土産――? ファミリーマートは、昨年9月に会長職を退任した「ファミマの黒幕」上田準二氏の“完全引退記念商品”として、看板商品「ファミチキ」を使用した丼仕立ての弁当「黒幕引き丼」(税込み498円)を23日から発売した。
ワインやクラフトビールが楽しめるバル(イオン新浦安店)

イオン新浦安店 食品フロア拡張 バル・イートインを充実

イオンリテールは19日、「イオン新浦安店」をリニューアルオープンした。1階食品フロアを「イオンスタイル」に改装し、売場面積を3割増に拡大。惣菜売場を従来の1・5倍規模に広げ、150席のイートインやワインやクラフトビールを楽しめる「バル」を設置し、中食・外食の取り込みや近隣住民の憩いの場としての機能を充実させた。
アサヒビールイメージガールの田口千晶さん㊧とサッポロビールイメージガールの川辺優紀子さん

三越伊勢丹 中元商戦スタート ネットは前年超予想

三越伊勢丹グループでは中元商戦をスタート。インターネット申し込みを三越が12日から、伊勢丹は19日から始める。ギフトセンターは三越日本橋本店と三越銀座店が31日に、伊勢丹新宿本店は6月7日にオープンする。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った