イオン 賞味期限 年月表示

イオン 賞味期限を年月表示に トップバリュ加工食品で

イオンはPBトップバリュの加工食品のうち、賞味期限が1年以上の商品を対象に、今後2年以内に賞味期限の表記を従来の「年月日」から「年月」に変更する。
近鉄百貨店 お歳暮 関西商戦

お歳暮 関西商戦が開幕 多様化一層進む

近鉄百貨店は12日、在阪百貨店のトップを切って「お歳暮ギフトセンター」を開設した。あべのハルカス近鉄本店では、開店前に赤い法被姿の従業員が集結。商戦の成功を祈願して「頑張るぞ!」と拳を挙げて三唱し、会場を盛り上げた。
ローソン南相馬小高店 ドローン

南相馬でドローン配送 「からあげクン」もお届け ローソン×楽天

ローソンと楽天は31日から、「ローソン南相馬小高店」(福島県南相馬市)を拠点に、専用車両とドローンによる商品配送を連携させた国内初の試験的取り組みをスタートする。
2段階式ハンドドリップにより抽出(上島珈琲店№11)

新業態「上島珈琲店No.11」 喫茶店文化に原点回帰

ユーシーシーフードサービスシステムズ(UFS)が1日オープンした「上島珈琲店№11」(東京都港区新橋6の1の11・Daiwa御成門ビル1F)は、昔からの日本の喫茶文化への原点回帰を図った新コンセプトショップで、コーヒーを軸足に同店ならではの新たな価値体験の提供を志向している。
男性向け商品(ポプラ 彩家)

ポプラ、秋は“漢祭り” 男性客狙い商品開発

ポプラは本来のコア層である、男性客を狙った商品政策に再度力を入れる。同社は女性客の比率が約30%と大手チェーンに比べ10ポイント程度低い。そのため、女性やシニア層を取り込もうと、昨年下期から新ブランド「彩家(さいか)」を導入し、ヘルシー&ライトをテーマにした弁当やサラダ、スイーツの強化を図ってきた。
(左から)河野インストアベーカリー担当バイヤー、石塚孝則事業部長、エッツオ・マリナート氏、須長直樹担当部長(ヤオコー「PINO」)

ヤオコー、ベーカリー強化 本格派の食事パン「チャバタ」

ヤオコーは自社直営のインストアベーカリー「PINO」で、モンディアル・デュ・パンの世界チャンピオン、エッツオ・マリナート氏監修による食事パン「チャバタ」を発売する。このほど来日したマリナート氏は23日(川越南古谷店)、24日(ららぽーと富士見店)に焼きたてパンのデモンストレーション・試食会を実施した。
Amazon Business

Amazon Business開始 企業購買の課題解決

アマゾンジャパン合同会社は20日、法人・個人事業主向けの購買専用サイトAmazon Businessのサービスを開始した。この日、都内で発表したジャスパー・チャン社長は企業購買で挙げられる3つの要望について「“低価格で商品を入手したい”“複数の事業所や部門にわたって購買の管理をしたい”“オフィス用品や
あべのハルカス近鉄本店 おせち商戦

おせち商戦開幕 近鉄百貨店が在阪で先陣

あべのハルカス近鉄本店は20日、在阪百貨店のトップを切って、おせち料理の店頭予約受け付けを開始した。開始当日の午前5時前から整理券を求める人が訪れ、10時の開店前に約70人が列をつくった。ひと足早く正月気分を味わってもらおうと、振袖を着た社員が来店客を出迎え、先着300人限定で祝箸を手渡した。
CVS 17年7月度 既存店月次

CVS17年7月度 国内店舗数5万8192店 ローソンが3ケタの月間純増

本紙集計による有力CVSチェーンの17年7月末時点の国内店舗数(速報ベース)は、前月比149店増の5万8千192店となった。セブン-レブンの純増数が前月に比べ拡大。ローソンでも提携中堅チェーンの看板替えを推進、100店超の月間純増となった。
「ダイエー瀬田店」外観

滋賀県初のイオンフードスタイル 外食需要にも挑戦へ

ダイエーは11日、滋賀県大津市に「ダイエー瀬田店」をオープン。「ヒカリ屋瀬田店」(16年2月営業終了)の跡地への出店で、同社が手掛ける「イオンフードスタイル」では14店目、滋賀県では初めての展開となる。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

ハーベストフェス東京で 日本ワインの魅力発見提案 メルシャン

メルシャンは、「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル2017 in Tokyo」を6~8日に、東京・赤坂の東京ミッドタウンで開催した。「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」(東京・六本木)でも同時開催、セミナーなどが開かれた。