世界に広がるヤクルトレディ

「ヤクルトレディ」 日本サービス大賞で経産大臣賞 ヤクルト本社

ヤクルト本社は、ヤクルトレディ(以下、YL)による国内外の宅配サービスで、第2回日本サービス大賞経済産業大臣賞(主催:公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会)を受賞。6月28日に都内で行われた表彰式で、根岸孝成ヤクルト本社社長が世耕弘成経済産業大臣から経済産業大臣賞を授与された。
川野幸夫会長’日本スーパーマーケット協会)

「税別表示」恒久化へ規制緩和を 日本スーパー協会 川野会長が旗幟鮮明

日本スーパーマーケット協会の川野幸夫会長(ヤオコー会長)は6月29日、協会定時総会に合わせて行われた記者会見に臨み、現行税別表示の恒久化を柱とする価格表示の規制緩和を政府に引き続き求めていく方針を示した。
高鮮度をアピールする「かんで野菜」コーナー(トーホーストア志染駅前店)

トーホーストア 生鮮売場を拡張 志染駅前店リニューアル

トーホーストアは6月28日、「志染駅前店(兵庫県三木市)」をリニューアルオープンした。「志染駅前店」は同社の中でも売上げ上位に位置する基幹店舗で、03年9月のオープン以来初となる大規模な改装。生鮮売場を拡張し、生鮮3品と惣菜の合計で売上げの6割を目指すなど、コンセプトである“健康で安心な地域の冷蔵庫”“毎日のおかずを提供する店”の具現化を目指す。
ポプラの中部1号店となった「生活彩家 愛知大学豊橋キャンパス店」

ポプラが中部エリア1号店 愛知大豊橋キャンパスに「生活彩家」 今期中に10店目指す

ポプラ(本社・広島市、目黒真司社長)は27日、中部エリア第1号店となる「生活彩家 愛知大学豊橋キャンパス店」をオープンした。これまで売店だったスペースを改装。食品、雑貨など約2千アイテムを品揃え、電子マネーや各種クレジットカード決済、料金収納などのサービス対応も行う。
株主懇親会で椋本充士社長(中央 グルメ杵屋)

飲食に続く核事業開発 グルメ杵屋が株主総会

グルメ杵屋は20日、マイドームおおさか(大阪市中央区)で定時株主総会を開催した。同社の前期業績は、主力のレストラン事業が既存店の売上げが順調に推移し増収となったが、コストコントロールの効果が及ばず減益。
商品が姿を消したスーパーのラーメン売場(18日夕方 大阪北部地震)

大阪北部地震 一部メーカー被災も製配販への影響は限定的

18日朝に起こった大阪北部を震源とする地震では、食品産業界でも一部メーカーの工場が被災。小売店や外食店も当日の営業を取りやめるなど一時的な影響が出たものの、地震の大きさに比べ、製配販への影響は限定的だった。
古屋一樹社長(セブン―イレブン・ジャパン)

セブン-イレブン 2万店達成祝う さらに強いDNA構築へ

セブン―イレブン・ジャパンは14日、グランドプリンスホテル新高輪で「株式会社セブン―イレブン・ジャパン 20、000店記念式典」を開催した。当日は来賓、関係者ら約1千500人が出席、セブン―イレブン・ジャパンからは古屋一樹社長、伊藤雅俊名誉会長、鈴木敏文名誉顧問らが出席した。
ローソン カゴメ 高リコピントマト

高リコピントマトで健康寿命延伸へ 「牛乳と一緒に」提案も カゴメ×ローソン

ローソンとカゴメは、リコピンを豊富に含む「高リコピントマト」を使った商品の展開などで、食を通じた健康寿命の延伸に取り組む。トマトが旬を迎える時期に朝・昼・夕のシーンに合わせ、高リコピントマト使用の商品10品を全国のローソン店舗で12日から発売。
オープン初日は店員がハイタッチでお出迎え(阪神梅田本店一期棟)

阪神梅田本店 食品売上5割に拡大目指す 第1期棟オープン

エイチ・ツー・オーリテイリングの阪急阪神百貨店は1日、建て替えを進めている阪神梅田本店一期棟を開業した。食を中心とした日常性に特化することで同グループで隣接する阪急百貨店うめだ本店と差別化する。総投資額は530億円を計画。全面開業の2021年秋に全売上げの5割に食品部門を高める狙いだ。
髙島屋 お中元商戦 ブロガー向け試食会

髙島屋 ブロガーに中元ギフトをアピール 昨年歳暮では品切れも

髙島屋は中元商戦開始に当たり5月31日、東京・日本橋で、発信力のあるブロガー向け試食会を開いた。中元では初。過去にはバレンタイン商戦で同様の取り組みを行い、また昨冬の歳暮商戦では恒例の出陣式を取りやめた代わりに「恐らくギフト市場初めての取り組み」(同社)として開催した。

最新記事

ピックアップ

銭湯上がりの1杯に地サイダー・地ラムネ 恒例企画、年々規模拡大

お風呂上がりの一杯に地サイダーや地ラムネを販売――。日本ガラスびん協会が2014年から毎年実施している夏の恒例イベント「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ×銭湯」が14日開催された。