「揚げヂカラ コクプラス」

J-オイルミルズ 業務用油脂「揚げヂカラ」

J―オイルミルズは業務用油脂の新機軸となる「揚げヂカラ」シリーズを8月下旬から投入する。“いい油は揚げるチカラが違う”をテーマに、独自技術で揚げ物のおいしさを引き立てる油脂を提案し、惣菜や外食での揚げ物需要の活性化につなげる。
太田健介社長㊨と料理研究家の長田絢さん

太田油脂 自社ブランド強化 えごま関連で1.5倍へ

太田油脂は「■(〇の中に「田」)maruta®」ブランドの強化に乗り出した。同ブランドは家庭用の「えごまオイル」や菓子などをラインアップしており、一層の販売強化のため昨年12月に「maruta事業部」を新設。
J―オイルミルズ 倉敷新工場 本格稼働

倉敷新工場が本格稼働 製油事業の筋肉質化へ J-オイルミルズ

J―オイルミルズが岡山県倉敷市玉島ハーバーアイランドに建設を進めていた大豆搾油の新拠点、倉敷工場が15日から本格稼働を開始した。同社にとって搾油工場の建設は約半世紀ぶり、国内製油業界にとっても久々の新工場となる。
J―オイルミルズ 倉敷工場

J-オイル、倉敷工場稼働 西日本地区の大豆搾油拠点に

J―オイルミルズの倉敷工場が15日から、本格稼働を開始した。搾油工場の建設は同社にとって約半世紀ぶり、国内製油業界でも久々の新工場で、13日には現地で竣工式典が行われた。
清水洋史不二製油グループ本社社長

不二製油グループ本社 大豆事業の収益再構築

不二製油グループは大豆事業の再構築を進める。低採算品のカットなどアイテムの選択と集中、生産拠点の統廃合を進める一方で、USS製法の豆乳クリームなど高付加価値品の販売を強化し、コモデティー品から高収益型の事業構造に転換を図る。
今村隆郎社長(日清オイリオグループ)

日清オイリオG 4期連続で営業増益 付加価値カテゴリ―が躍進

日清オイリオグループは23日、17年3月期の決算説明会を実施した。中計最終年度の16年度の連結業績は売上高3千279億円(0・9%減)、営業利益102億円(43・6%増)となり、4期連続の増益を達成。
AGFのギフト戦略 オリーブオイルエクストラバージンギフト

AGFのギフト戦略 “和食にオリーブオイル” 新たな食文化提唱へ

AGF(味の素ゼネラルフーヅ)はパーソナルギフトと中元ギフトの重点施策の1つとして、オリーブオイルを和食に使ってよりおいしく味わう新しい食文化を提唱していく。
かどや製油 金印純正ごま油200g リカちゃん

“同い年”の「リカちゃん」とコラボ かどや製油「金印純正ごま油200g」

かどや製油はロングセラー商品「金印純正ごま油200g」の発売50周年を記念し、同じく今年誕生50周年の着せ替え人形「リカちゃん」(タカラトミー社)とコラボしたプロモーション活動を4月から展開する。
AJINOMOTOオリーブオイル

「AJINOMOTOオリーブオイル」 業務用、加工用の展開拡大

J―オイルミルズは業務用・加工用向けに「AJINOMOTO」ブランドのオリーブオイルを発売する。オリーブオイル市場が拡大する中で、家庭用ブランドでなじみのある「AJINOMOTOオリーブオイル」を業務用・加工用ユーザーに提案する。
清水エスパルス×J-オイルのオリジナル記念サッカーボールを贈呈

J-オイルミルズ静岡工場100周年 地域に歴史刻む 清水エスパルスと協力も

J-オイルミルズ静岡工場が100周年を迎えた。1日には八馬史尚社長らが出席し、記念行事を開催した。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った