「J―OILPRO プロのための調味油」シリーズ製品群

J-オイルミルズ 業務用油脂で新ブランド 新たな価値創造へ

J―オイルミルズは業務用油脂の新ブランド「J―OILPRO プロのための調味油」を10月から発売した。今期からスタートした第五期中期経営計画において、「油を究め、心動かすおいしさを創造するおいしさデザイン企業へ」を掲げ、高付加価値化に向けた取り組みを加速
エネルギー調達から供給までの概念図(日清オイリオグループ)

国内初、全国の生産拠点でエネルギー融通 日清オイリオグループ

日清オイリオグループとJFEエンジニアリングは、「日清オイリオの生産拠点全体のエネルギー調達から供給までの最適化」を実施することで基本合意した。

MCTやホームユースの提案充実 日清オイリオグループ

日清オイリオグループは東京、大阪で「秋のプレゼンテーション」を開催した。量販店、卸店の部門長・バイヤーに向けて、秋冬商戦に向けた販売施策や提案活動を紹介するもの。東京(8月29日)、大阪(同30日)の2会場でトータル800人規模の得意先関係者が来場した。
video

かどや製油「純正ごま油」 50周年記念「オリジナルリカちゃん」プレゼント

かどや製油はロングセラー商品の「純正ごま油」発売50周年を記念し、10月1日から「かどやオリジナルリカちゃん」プレゼントキャンペーンを実施する。同じく今年誕生50周年を迎えた「リカちゃん」とのコラボで、黄色のかどやオリジナルエプロンを着たリカちゃんを抽選で3千人にプレゼントする。
「揚げヂカラ コクプラス」

J-オイルミルズ 業務用油脂「揚げヂカラ」

J―オイルミルズは業務用油脂の新機軸となる「揚げヂカラ」シリーズを8月下旬から投入する。“いい油は揚げるチカラが違う”をテーマに、独自技術で揚げ物のおいしさを引き立てる油脂を提案し、惣菜や外食での揚げ物需要の活性化につなげる。
太田健介社長㊨と料理研究家の長田絢さん

太田油脂 自社ブランド強化 えごま関連で1.5倍へ

太田油脂は「■(〇の中に「田」)maruta®」ブランドの強化に乗り出した。同ブランドは家庭用の「えごまオイル」や菓子などをラインアップしており、一層の販売強化のため昨年12月に「maruta事業部」を新設。
J―オイルミルズ 倉敷新工場 本格稼働

倉敷新工場が本格稼働 製油事業の筋肉質化へ J-オイルミルズ

J―オイルミルズが岡山県倉敷市玉島ハーバーアイランドに建設を進めていた大豆搾油の新拠点、倉敷工場が15日から本格稼働を開始した。同社にとって搾油工場の建設は約半世紀ぶり、国内製油業界にとっても久々の新工場となる。
J―オイルミルズ 倉敷工場

J-オイル、倉敷工場稼働 西日本地区の大豆搾油拠点に

J―オイルミルズの倉敷工場が15日から、本格稼働を開始した。搾油工場の建設は同社にとって約半世紀ぶり、国内製油業界でも久々の新工場で、13日には現地で竣工式典が行われた。
清水洋史不二製油グループ本社社長

不二製油グループ本社 大豆事業の収益再構築

不二製油グループは大豆事業の再構築を進める。低採算品のカットなどアイテムの選択と集中、生産拠点の統廃合を進める一方で、USS製法の豆乳クリームなど高付加価値品の販売を強化し、コモデティー品から高収益型の事業構造に転換を図る。
今村隆郎社長(日清オイリオグループ)

日清オイリオG 4期連続で営業増益 付加価値カテゴリ―が躍進

日清オイリオグループは23日、17年3月期の決算説明会を実施した。中計最終年度の16年度の連結業績は売上高3千279億円(0・9%減)、営業利益102億円(43・6%増)となり、4期連続の増益を達成。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

フジッコ 篠山で親子が黒豆収穫 採れたて豆ごはん堪能

フジッコは14日、兵庫県篠山市で黒枝豆収穫体験ツアーを実施。親子21組42人が参加した。曇天の空模様で雨が心配されたが、徐々に薄日も差し、畑で土にまみれる頃には暑くなるほど。親子はなるべく大きく育った株を選りすぐり収穫した。