ホーム 加工食品 即席麺・即席食品

即席麺・即席食品

イベントに参加した大久保慶一社長( 凄麺まつり ヤマダイ)

10月29日は「凄麺の日」 社長も参加し試食販売イベント ヤマダイ

ヤマダイは10月29日をノンフライカップ麺「凄麺の日」に制定、秋需に向けさまざまなプロモーションを展開していくが、10月27、28の両日、各地の量販店店頭で試食販売イベント「凄麺まつり」を展開した。
仙台味噌を使用したスペシャルな「サッポロ一番 みそラーメン」

「サッポロ一番 みそラーメン」50周年 「仙台味噌」「東海赤だし」など“今だけ”のご当地の味

今年は袋麺「サッポロ一番 みそラーメン」発売50周年という節目の年だが、サンヨー食品はこれを記念し、「仙台味噌」「東海赤だしみそ」「九州麦味噌」を使用したスペシャルな「サッポロ一番 みそラーメン」を11月5日から“今限定”で新発売する。
左から)笑福亭鶴瓶さん、村岡寛社長(エースコック)、TKO木下隆行さん

「スーパーカップMAX」 デジタルで10代に訴求 エースコック

「『スーパーカップ』は、30年にわたり大盛カップ麺のパイオニアとして市場を牽引してきたが、さらなる消費者の満足に応え、カップ麺好きのお客さまをもっと幸せにできる商品『スーパーカップ MAX』として、今日から新たな挑戦を始めていく」(村岡寛社長)。
安藤宏基CEO(㊧ 日清食品ホールディングス)と大坂なおみ選手

大坂選手凱旋 日清食品・安藤CEOが花束贈呈

9日に開催された全米オープンテニス2018女子シングルスで優勝した日清食品所属の大坂なおみ選手が13日早朝の便で帰国、午前9時30分から横浜市内のホテルで記者会見に臨んだ。
優勝決定の瞬間、喜びを爆発させる安藤社長・CEO(写真中央)と三浦日清食品会長(同左)

全米オープン優勝 大坂選手の快挙に沸く 日清食品HD

9日(現地時間8日)開催の全米オープンテニス2018女子シングルス決勝で日清食品所属の大坂なおみ選手が優勝。当日午前5時から日清食品ホールディングス本社で開催した社内ビューイングには、安藤宏基日清食品ホールディングス社長・CEOをはじめ社員有志が参集、盛んに声援を送ったが、日本人初のグランドスラム制覇という快挙の瞬間、全員が喜びを爆発させた。
「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」(日清食品)

AIが考えた「カレーメシ」 ビッグデータから嗜好分析しレシピ開発 日清食品

日清食品が3日から発売したカップライス「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」(=写真、税別220円)は、その名の通り、AI(人工知能)を活用し、2千400万通りの食材の組み合わせの中から最適なレシピを選定した。
「復刻版 凄麺 煮玉子らーめん」(ヤマダイ)

ヤマダイ「凄麺の日」制定 創業70周年で

今年創業70周年を迎えるヤマダイは、主力商品のノンフライカップ麺「凄麺」が発売された10月29日を「凄麺の日」(一般社団法人日本記念日協会認定)に制定した。
ケンミンの焼ビーフン ビーフンの日 ケンミン食品 こんどうしょうた

8月18日は「ビーフンの日」 ケンミン食品、東京・神戸でイベント

ケンミン食品は18日、東京有楽町、神戸三宮の2会場で「ケンミンの焼ビーフン」を無料配布した。ビーフン(米粉)はその名の通り、コメを原料とする。8月18日の“八・十・八”を組み合わせてできる“米”にちなんで、ビーフン協会がこの日を「ビーフン(米粉)の日」に登録。普及のためサンプリングを3年前から実施している。
理事会社13社のトップが揃い踏み(第9回 世界ラーメンサミット大阪)

大阪で「世界ラーメンサミット」 即席麺生誕60周年で世界ラーメン協会

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」(日清食品)が大阪で誕生(1958年8月25日)してから60年。WINA(世界ラーメン協会、安藤宏基会長)が主催する「第9回 世界ラーメンサミット大阪」が22、23の両日、「INNOVATING HAPPINESS FOR 100YEARS 百年幸福」をテーマに、
今麦郎 ジンマイロウ 新品カップラーメン

日本で新製品発表 即席麺の新時代切り開く 今麦郎

中国の即席麺メーカー今麦郎面品有限公司(範現国董事長兼総裁)は21日、独自製法を活用した即席カップ麺の新ブランド「今麦郎 老范家 速食 面館面」(日本語名称=今麦郎 ジンマイロウ 新品カップラーメン)の発表会を都内で開催した。年内に中国国内のコンビニ、ECサイトなどで発売し、日本での発売も視野に入れる。

最新記事

ピックアップ

“みその伝道師”養成へアンバサダー制度を導入 マルコメ

マルコメはみその魅力を伝える食育活動に力を入れている。“みその伝道師”の役割を担う社内資格「味噌アンバサダー」制度を導入している。講師養成講座を開き、試験合格者に社内認定資格が与えられる。味噌アンバサダーは現在47人で、営業マン、研究員、工場など職種に係らず養成している。