平成29年度 都城和牛枝肉共励会表彰式

名古屋食肉市場×JA都城 取引30周年 「和牛枝肉共励会」

名古屋市中央卸売市場南部市場で11月27日、都城農業協同組合(JA都城)主催の「平成29年度 都城和牛枝肉共励会表彰式=写真」が行われた。今年は名古屋食肉市場とJA都城が市場取引を開始して30周年の記念の年になる。式には都城市・池田宜永市長やJA都城・久保順一代表理事組合長らも出席。
新プレジデント兼CEOのラヴォアー氏(カナダポーク・インターナショナル)

カナダポーク 日本市場さらに開拓へ仕組み作りに重点投資

カナダ豚肉産業の輸出促進を担うカナダポーク・インターナショナル(CPI)の新プレジデント兼CEOに8月、マルティン・ラヴォアー氏が就任した。
商談会の様子(西宮工場で-2017年秋の業務用商談会 伊藤ハム)

伊藤ハム 業務用商談会始まる 得意先の課題解決に力

伊藤ハムは19、20日の西宮工場を皮切りに、全国10か所で「2017年秋の業務用商談会」を開催している。外食チェーンやベーカリーショップなど10会場で得意先約1千940人の来場を見込んでいる。
台湾へ向け出発した鹿児島県産和牛の出荷第1号(スターゼンミートプロセッサー)

スターゼン 台湾へ和牛輸出開始 阿久根工場で出発式

スターゼン子会社のスターゼンミートプロセッサーは2日、同社阿久根工場(鹿児島県)で台湾向け牛肉輸出の出発式を開催した。台湾では、先月に日本産牛肉を輸出する16道県の29施設を承認。条件をクリアした日本産牛肉について、台湾向けの輸出が可能となった。
橋本マナミさん㊧とアンドリュー・コックスMLA駐日代表

オージービーフ、大阪初のポップアップストア

MLA豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)はバービー(BBQ)の日である2日から13日までの期間中、大阪のグランフロントうめきた広場内で「ポップアップイベント」を開催している。大阪での開催は初めて。
冷凍牛肉 緊急輸入制限措置 SG

冷凍牛肉SG発動 対応迫られる食品業界

政府は28日、米国産などの冷凍牛肉の緊急輸入制限措置(セーフガード=SG)を、8月1日から発動すると発表した。EPAを結ぶ豪州以外からの冷凍牛肉は、現行38・5%の関税率が来年3月まで50%に引き上げられる。4―6月期の輸入量が発動基準である前年同期比117%超となったため、自動的に発動されるもの。
スターゼン 中津濵健社長

スターゼン 前期は過去最高業績 加工品が拡大 設備増強へ

食肉卸大手のスターゼンは4日に日本食肉加工記者会との会見を行い、中津濵健社長が前期業績や今期の戦略を説明した。同社の前3月期の連結業績は売上高が前年比3.5%増(3千139億4千3百万円)、営業利益42.1%増(55億6千2百万円)、経常利益18.7%増(65億9千9百万円)、当期利益20.6%増(45億7千8百万円)となり、いずれも過去最高を記録した。
会場に出店した「ニッポンハムキッチン」

日本ハム Jリーグ対戦をサポート 会場で「桜姫」限定メニュー 

日本ハムは17日、ヤンマースタジアム長居で行われたJ1リーグ「セレッソ大阪×清水エスパルス」戦で「ニッポンハムグループ桜姫サポーティングマッチ」を開催。敷地内に出店した「ニッポンハムキッチン」では同社のブランド食肉「桜姫」を使用した限定メニューを提供し、販売開始の午後2時から列ができるほどの盛況ぶりだった。
調理実演するアンドリュー・コックス駐日代表(MLA)

オージービーフ初 表参道に期間限定ストア MLA

MLA豪州食肉家畜生産者事業団は6日から約2週間にわたり、東京・表参道にオージービーフのステーキを販売するポップアップストアを初出店。“オージー流”BBQ「レッツバービー!」の体験を通し、オージービーフが推奨する厚さ2cmの“W厚”ステーキのおいしさを紹介する。
実演するリカルド・ゴンザレス氏(チリポーク)

チリポーククッキングショー 対日輸出拡大へPR

チリポークは5月11日、今年でアジア進出10周年を迎えるのを記念し、関係者を招いたクッキングショーを開催した。チリ産豚肉の昨年の生産量は50万7千t。29万3千tが輸出された。このうち日本は27%を占め、中国に次ぐ2位の輸出先となっている。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

ちぼり 湯河原にスイーツファクトリー ショップや見学施設も 

贈答用アソートクッキートップの「ちぼり」は、創業71年目の挑戦として、ちぼりグループ本社と菓子工場を併設した工場見学施設「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」を11月3日オープンした。