三井製糖の小容量スタンドパック

家庭用砂糖 小容量タイプ挑戦続く 新たに三井製糖が発売

家庭用砂糖は小容量タイプの挑戦が続いている。日新製糖は2月に「きび砂糖SPECIAL」(300g)を発売した。昨秋からテスト販売を実施し、内容と価格のバランスを研究。今回の商品にたどり着いた。さらに4月から三井製糖も上白糖と三温糖の小容量400g(スタンドパック・関東限定)を発売した。砂糖の家庭用比率は約12%と、かなり低下したが年間消費の減少分で、約8割は家庭用が原因とされる。
高木一雄氏(京料理・たか木)による調理実演

砂糖はココロと体のエネルギー 「虫歯になる」「太る」は誤解 三井製糖がセミナー

三井製糖は1月25日、大田区池上会館で「京料理・たか木」の高木一雄氏とタッグを組み学校栄養士向けのセミナーおよび調理実演会を開催した。三井製糖は和食給食応援団の推進企業パートナーとして、2014年から協賛を開始。
東レ・三井製糖 CBT Cellulosic Biomass Technology

東レ・三井製糖 タイで合弁  サトウキビ利用技術の研究会社

三井製糖はサトウキビ利用技術の研究開発で東レグループとタイに合弁会社を設立した。製糖で出るバガスを原料として、機能性素材であるポリフェノール、オリゴ糖及び燃料や各種バイオ化学品生産の共通原料となるセルロース糖を製造する技術実証を行なうためとなっている。
砂糖消費 健康

逆光線 - 砂糖と健康

砂糖消費が8年ぶりに約0・5%前年実績を上回った。要因は様々で甘味原料として競合する加糖調製品や高甘味度甘味料の輸入減、そしてインバウンド消費の恩恵が指摘されている
夏季砂糖特集 白糖好調、氷糖苦戦

夏季砂糖特集 白糖好調、氷糖苦戦

15砂糖年度(2015年10月〜2016年9月末)が終盤に来た。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

劣勢「きのこ党」 巻き返し必死 豪華プレゼント攻勢も きのこ・たけのこ総選挙 明治

明治は、現在開催中の「きのこの山・たけのこの里国民総選挙2018」で、きのこの山を擁する「きのこ党」が、たけのこの里を擁する「たけのこ党」の総得票数302万5千650票に対して、187万1千148票と大きく引き離されている状況に対し、数々の巻き返し施策を展開していく。