味の素 冷凍食品 フランス進出

味の素 フランスで冷食発売 全土で展開は初めて

味の素は4月からフランス全土で日本食の冷凍食品の本格発売を開始した。大手流通と連携し販路を開拓、充実したラインアップの提供を通じて一般家庭への「AJINOMOTOブランド」の浸透を図る。
冷凍焼成パン

冷凍焼成パン 二ケタ前後の成長を継続 背景に品質と人手不足

提供の簡便性などから冷凍焼成パンの市場が拡大している。市場規模の把握は難しいがここ数年は前年比二ケタ弱の伸長を繰り返しているといわれ、今後も着実な伸長が見込まれている。
「本格炒め炒飯」(ニチレイフーズ)

炒飯「手作り→冷食」でさらに拡大へ ニチレイフーズ春季新商品

ニチレイフーズは11日、春季新商品を発表した。家庭用は新商品として冷凍8品、常温1品、リニューアル品として冷凍8品を発売する。会見した竹永雅彦常務執行役員家庭用事業部長は、冷食市場は23か月連続で前年実績をクリアしていると報告。「共働き世帯の増加など社会環境の変化による食の外部化で、冷食の需要はますます高まっている。
鶴田道太社長(日本ハム冷凍食品)

日本ハム冷凍食品 1日付で社名変更 営業・開発力を強化

日本ハムデリニューズは1日、日本ハム冷凍食品に社名変更した。5日に会見を開いた鶴田道太社長は「事業を分かりやすくした。また従業員がプライドを持ち、働きがいがあるようにと社名を変更した」と語り、家庭用冷凍食品に特化して新たなスタートを切った。
~よしもと<冷活>大好き芸人プレゼンツ~「つづきは売り場で!キャンペーン第2弾」

好評キャンの第2弾 味の素冷凍食品 人気芸人が工場など潜入

味の素冷凍食品は今年も~よしもと<冷活>大好き芸人プレゼンツ~「つづきは売り場で!キャンペーン第2弾」を実施、17年12月26日~18年3月9日までよしもと芸人6組が担当する各商品原材料生産地や農場、製造工場に潜入し、芸人目線で取材した動画を公開。おいしさの秘密や試食の感想など笑いを交えて紹介する。
チキチキボーン味 炒飯(日本ハム冷凍食品)

「チキチキボーン」の炒飯 日本ハム冷凍食品

日本ハム冷凍食品は18年春季新商品10品、リニューアル商品8品、アレルギーケア新商品は1品、同リニューアル品4品を3月に投入する。価格はすべてオープン価格。今春は同社初となる炒飯に参入、「チキチキボーン味 炒飯」を用意した。チキチキボーン骨なしフライドチキンを入れ、直火炒めでパラパラに仕上げた。内容量500gで2人前を想定、中高生から大人の男性を主なターゲットにしている。
日清食品冷凍 山下健一マーケティング部長

日清食品冷凍 プレミアムパスタ投入 “日清らしい”炒飯も

日清食品冷凍は今春の新商品開発の視点を“スゴイ「時短」をサポート”に置き、今春夏マーケティング戦略の重点カテゴリーとして“汁なし麺”の拡充、市場創造の力点を“プレミアムリッチ”に置き商戦に挑む。
ハンマーチキン(味の素冷凍食品)

から揚げ活性化狙い施策 「ハンマーチキン」今冬も 味の素冷凍食品

今年度の冷凍唐揚げ市場は各社の積極的な商品投入などから購入率が上がり前年比2ケタ増と大きく伸長。市場を広げてきた味の素冷凍食品は今秋も施策を展開し市場の活性化を図る。
味の素冷食&よしもと ノンスタイル おかずクラブ パンクブーブー 千鳥 ブラックマヨネーズ

味の素冷食&よしもと 芸人の工場潜入動画を配信

味の素冷凍食品はより多くの消費者に冷食売場へ足を運んでもらおうと、よしもとに所属する芸人を起用した「つづきは売り場で!キャンペーン」を10月1日から全国で実施、芸人のイラストが載ったパッケージが発売される。
中京市販用凍食

中京市販用凍食 全国平均以上に伸びる市場

中京エリアの今期の市販用冷凍食品市場は103~104%で推移している模様だ。直近では全国平均を2ケタほど上回る状況が続いている。
- Advertisement -

最新記事

人気記事