ホーム 加工食品 乳製品・アイスクリーム

乳製品・アイスクリーム

ヨーグルト市場 プロバイオティクス ブルガリアヨーグルト

好調続くヨーグルト 明治プロバイオ2割増

ヨーグルトの好調が続いている。明治の第1四半期業績は、機能性のプロバイオティクスが前年比20・4%増(283億円)と引き続き高い伸びを維持した
16年 第1四半期アイスクリーム

第1四半期3%増 アイスの高い支持続く

6月の市況は3%増となった。第1四半期も同様に3%増で着地した模様。4月に2ケタ増でスタートを切り、観測史上最高に暑かった昨年5月の8・5%増というハンディがありながら5月は微減で通過、6月が3%増で、昨年秋から続いているアイスクリームへの高い支持は、今も続いていると思われる。
バンコク市内でのサンプリング(ガリガリ君)

「ガリガリ君」タイで生産販売 ASEAN全域も視野に

赤城乳業はタイに現地法人を設立、同国の大手飲料メーカー子会社に「ガリガリ君」の生産を委託し、6月下旬から販売を開始した。将来的には現地で自社生産し、広く東南アジア各国に「ガリガリ君」を展開する考え。
ガリガリ君リッチメロンパン味 赤城乳業

「ガリガリ君」メロンパン味でリベンジ ナポリタン失敗から2年 赤城乳業

赤城乳業は11月15日から「ガリガリ君リッチ メロンパン味」を全国で発売する。同社は12年にガリガリ君リッチシリーズで〝コーンポタージュ味〟を発表、発売僅か3日で完売するほどの話題となり、続く13年には〝シチュー味〟を発売しこれも成功を収めたが、3作目となる“ナポリタン味”がほとんど売れず3億円以上の損失を出している。
アイスクリーム マツコの知らない世界

アイスクリーム 大方の予想覆し 前年実績維持か

昨年の15日に「マツコの知らない世界」でアイスが取り上げられ、放映以降は20%増程度で推移したアイスクリーム市場。このため12月はかなりの前年割れ必至というのが大方の見方だったが、15日までの貯金や大型新製品の投入、またCVSでの高額アイスの品揃え強化などがあり、ほとんどのメーカーが前年実績を確保して着地しそうだ。
ジョエル・ロブション ショコラ

伊藤忠食品 驚きのアイスバー J.ロブションと共同開発

伊藤忠食品は世界10カ国に店舗を展開するフレンチの帝王、ジョエル・ロブション氏と共同開発したプレミアムアイスバー2品(「ジョエル・ロブション ショコラ」「同ストロベリー)を9月6日から都内セブン-イレブン店舗で先行発売する。
アイスクリーム在庫

アイス 24時間フル稼動も 欠品・品切れ懸念

アイス業界がざわついてきた。これまでぱっとしなかった首都圏、関東地方でも猛暑到来となり、全国的な高温状態が今週も続くようなら一部商品で在庫ゼロ、
萩原史雄マーケティング部長(赤城乳業 ガリガリ君 サマーコレクション)

赤城乳業「ガリガリ君」 サマーコレクション

赤城乳業は12日、初夏から真夏にかけて発売されるガリガリ君シリーズの紹介と試食を兼ねた「ガリガリ君サマーコレクション」を紀尾井ガーデンシティで開催した。今回も主役はガリガリ君アイスで、人気タレントやアイドルなどの登場がない地味な発表会だったが、ネット系のニュースサイトを含めマスコミ約40社ほどが集まり、改めてガリガリ君の話題性や人気の高さを示していた。
株式会社明治 新年賀詞交歓会 川村和夫 社長

「価格」から「価値」へ 新たな競争軸構築 明治 川村和夫社長

「株式会社明治は2017年、価値競争への新しい提案をしっかりさせていただく」。株式会社明治の川村和夫社長は23日、都内で開催した専門紙との新年賀詞交歓会の挨拶でこう語り、価値訴求の取り組みをこれまで以上に加速。価値による新たな競争軸の構築を目指す考えを明らかにした。
あいさつする野口純一日本アイスクリーム協会会長

日本アイスクリーム協会 創立50周年記念式典開催

日本アイスクリーム協会は10月25日、創立50周年記念式典を厚生労働省後援のもとメトロポリタンエドモンド(東京都千代田区)で開催した。同協会は、1966年に厚生大臣の認可を受け、アイスクリーム類および氷菓の衛生品質向上を図るとともに、消費者に安全・安心な商品を提供し、豊かな食生活に寄与するという趣旨で㈳日本アイスクリーム協会が設立されたのが始まり。

最新記事

ピックアップ

丸亀の骨付鶏とさぬきワインがタッグ 香川県の魅力発信

香川県の丸亀市とさぬき市は特産品の骨付鳥と日本ワインのPRで連携して認知向上、販路開拓を図っている。12月には東京・丸の内の日本百貨店さかばで骨付鳥とワインのマリアージュフェア発表会を開催。