ホーム 加工食品 乳製品・アイスクリーム

乳製品・アイスクリーム

ザ・タンサン&ガリガリ君 ソーダシャーベット カナダドライ 無糖強炭酸水

「ガリガリ君」を強炭酸水でシャーベットに 「カナダドライ」とコラボ提案

赤城乳業と日本コカ・コーラは盛夏に向け共同で「ガリガリ君」と無糖強炭酸水「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」を組み合わせて楽しむ「ザ・タンサン&ガリガリ君 ソーダシャーベット」をコンビニ、スーパーなどの店頭を通じて提案していく。
家庭用チーズ 明治 値上げ

家庭用チーズ 明治も値上げへ 大手3社の足並み揃う

明治は4月26日、6月1日出荷分から家庭用チーズ35品を値上げ(容量変更含む)すると発表した。5月1日出荷分から値上げした雪印メグミルク、森永乳業を含め、大手3社が家庭用チーズの値上げで足並みを揃える。今後は現時点で態度を明らかにしていない六甲バター、中堅メーカーの動向が注目される。
1日店長を務めた高畑充希さん(できたてアイス専門店新鮮ミルクのアイスクリーム屋さん)

できたての「牧場しぼり」 高畑充希さん1日店長 江崎グリコ

江崎グリコは4月27日~5月13日まで、牧場でしか味わえない新鮮ミルクが作るおいしい時間を提供する“できたてアイス専門店新鮮ミルクのアイスクリーム屋さん”を原宿でオープンしている。グリコの「牧場しぼり」は、搾って3日以内の新鮮なミルクをたっぷり使った、素材のおいしさが生きているカップアイス。店では「牧場しぼり」の原料に液体窒素を入れてその場で調理する“新鮮ミルクを使ったできたてアイス”が食べられる。
ポップアップストア「エッセル トッピングパーラー」(明治)

明治「エッセル」 30種のトッピングでオリジナルアイスを

明治は、「明治エッセル スーパーカップ」初となるポップアップストア「エッセル トッピングパーラー」を4月27日~5月6日の10日間、渋谷「n―space」でオープンしている。同パーラーでは、「エッセル」と明治のお菓子やヨーグルトなどをはじめとした約30種類の素材をトッピングして、自分だけのオリジナルトッピングアイスが楽しめる。
新パッケージの「ネオソフト」(雪印メグミルク)

雪印メグミルク マーガリン類のトランス脂肪酸低減 商品パッケージで訴求

雪印メグミルクは5月中旬から順次、家庭用マーガリン類・ショートニング全12品について新パッケージに切り替える。同社は今年3月、家庭用マーガリン類・ショートニング全12品について、トランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂を使用しない配合にリニューアルしているが、新パッケージでは「雪印メグミルクは、健康に配慮し家庭用マーガリン類のトランス脂肪酸の低減に取り組んでいます。
パン好きの牛乳(カネカ)

カネカ 乳製品事業「川上」「川下」に進出 酪農への貢献も目指す

カネカは5日、同社東京本社で乳製品事業参入に関する説明会を開催した。同社が得意とする業務用に加え、家庭用の牛乳、バター、ヨーグルトなどにも挑戦する。有機酪農市場の拡大に向け、北海道の酪農家と連携。道内での本格的な乳製品工場建設も検討し、5年後には乳製品事業で売上高200億円を目指す。
「明治 THE GREEK YOGURT」

ギリシャヨーグルトに明治が本格参入 市場の再活性化なるか

明治は新ブランド「明治 THE GREEK YOGURT」でギリシャ(水切り)ヨーグルト市場に本格参入する。ラインアップは「プレーン」「砂糖0」「5つの果実」(各100g、税別140円)。4月10日から全国発売する。
「AKAGI R&D FUTURE LABO」(赤城乳業)

赤城乳業 本社機能を移転 研究・開発部門が中心

赤城乳業が深谷駅前に建設中だった「AKAGI R&D FUTURE LABO」がこのほど完成、現在の本社工場から本社機能のほか、営業と研究・開発部門を移し4月2日から稼働する。本社工場は生産部門だけとなる。
「苺のダース」(森永製菓)

森永製菓 若年層に「苺のダース」 無垢チョコの奥行きに着目

森永製菓の菓子・食品は主要ブランドの強化と健康を切り口にした商品・マーケティングに取り組む。2日本社で発表した西宮正取締役上席執行役員マーケティング本部長は、春先施策の一つとして「チョコボール」を挙げ「お客さまの支持が増えている。特に支持されている30代男性に向けて『大玉チョコボール』を発売した」と語った。イースター施策についても「さらにパワーアップしていく」と意欲をのぞかせた。
乳業3社第3四半期

乳業3社第3四半期 チーズ順調 ヨーグルトは足踏み

大手乳業3社(明治、森永乳業、雪印メグミルク)の18年3月期第3四半期業績は、おおむね前年並みで推移している。主要カテゴリー別では、牛乳類はほぼ前年並み

最新記事

ピックアップ

銭湯上がりの1杯に地サイダー・地ラムネ 恒例企画、年々規模拡大

お風呂上がりの一杯に地サイダーや地ラムネを販売――。日本ガラスびん協会が2014年から毎年実施している夏の恒例イベント「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ×銭湯」が14日開催された。