福井正明市長㊧と古田盛彦社長(フルタ製菓)

フルタ製菓「セコイア」つながりで寄付金贈呈 滋賀県高島市に

フルタ製菓は10日、包括連携協定を締結している滋賀県高島市に寄付金約50万円を贈呈した。高島市の重要な観光資源である「メタセコイア並木」と「セコイヤチョコレート」の「セコイア」つながりでスタートした包括連携協定は今年で3年目を迎えている。
松本晃会長㊧と伊藤秀二社長(カルビー)

カルビー松本会長退任へ 「良い文化残し、悪しき文化壊した」

カルビーは27日、帝国ホテル東京で記者発表会を開催した。松本晃会長兼CEOが会長職・CEO職・取締役を6月下旬開催予定の定時株主総会をもって退任する。新体制は4月下旬の取締役会での決議を経て、6月下旬開催予定の株主総会、取締役会の決議をもって正式に決定する予定。
「ヴィーガンホットケーキ」(マリンフード)

ヴィーガン対応のホットケーキ グルテン、アレルギー原料も不使用 マリンフード

マリンフードは動物性原料不使用の「ヴィーガンホットケーキ」を新発売した。動物性原料不使用だけでなく、グルテンフリー、アレルギー特定原材料等27品目不使用となっている。
新たに導入されたロゴマーク(カリフォルニアくるみ協会)

カリフォルニアくるみ協会 新ロゴを導入 多様な価値アピールへ

カリフォルニアくるみ協会は、新たなロゴマークとブランドイメージを導入した。変化する市場ニーズをとらえ、カリフォルニア産くるみならではの5つの価値(正統であること、高い品質、多様な楽しみ方、健康的、楽しさ)を強く意識したデザインとした。
「蔵まんじゅう」(蔵門(ざうもん))は生地から手作り

「蔵まんじゅう」 川越・菓子屋横丁に直売店 店内で生地から手作り

川越の米菓メーカー・カネフク製菓の子会社である「蔵門(ざうもん)」は、昨年4月に和菓子・米菓の直売店をオープンした。立地は川越観光の象徴である時の鐘や喜多院に程近い菓子屋横丁の一角にあり、近年は中国、韓国、台湾などアジアを中心に外国訪日客が増加傾向にあるエリアである。
新オフィスエントランス(カンロ - 東京オペラシティービル)

カンロ 本社を東京オペラシティへ 「金のミルク」4月にTVCM

カンロは8日、新本社オフィス披露および17年決算・18年事業計画発表会を東京オペラシティビル37階で開催した。中野の旧本社は売却し、内務部門を中心にオペラシティに移転。新オフィスはブランド名の付いた会議室やフリーデスクの導入、休憩・コミュニティスペースの充実など、働き方改革を意識した最新式の室内装飾にこだわった。
小池孝会長㊨と柴田大祐部長(湖池屋)

湖池屋 ポテチショックから完全復活 新プロジェクト始動、増量実施

湖池屋は昨年のじゃがいも不足から完全復活したことを宣言すると同時に、新たに日本の風土・文化が生み出す素材を発信するプロジェクト「JAPAN PRIDEプロジェクト」を始動する。23日、時事通信ホールで発表した。PRIDE POTATOは昨年2月の発売以降、半年足らずで初年度目標20億円を達成し、年間売上げ40億円に向けて拡大を続けている。小池孝会長は冒頭、「私どもにとって昨年は大変な年だった。
(左から)高木康政氏(ル・パティシエ・タカギオーナーシェフ)、セドリック・ラクロワ常務(ネスレ日本)、バス・スミット氏(バリーカレボーマーケティングディレクター)

キットカット「サブリム ルビー」 ショコラトリーと通販で独占販売 ネスレ日本

ネスレ日本は新商品「キットカット サブリム ルビー」をキットカットの専門店・キットカットショコラトリーと通販で19日から発売を開始した。
明治ザ・チョコレート メキシコホワイト 西川史子

バレンタインに希少チョコ メキシコ農家支援に感謝状 明治

明治は、世界的にも希少なメキシコ産ホワイトカカオを使った「明治ザ・チョコレート メキシコホワイトカカオダーク」「同 メキシコホワイトカカオミルク」をバレンタイン期間の限定商品として、全国の一部百貨店で19日から、サロン・デュ・ショコラ東京では20日から28日までそれぞれ発売している
受験生応援商品 菓子 即席麺

本格受験シーズン到来 まずはしっかり栄養を

年も明け、いよいよ受験へラストスパート。食品業界も頑張る受験生や家族を応援すべく、受験生応援商品を続々投入している。受験生応援商品の定番と言えば“験担ぎ”商品。代表が“きっと勝つ”で受験生のお守りとして親しまれている「キットカット」(ネスレ日本)。
- Advertisement -

最新記事

人気記事