ホーム 加工食品 缶詰・瓶詰・レトルト食品

缶詰・瓶詰・レトルト食品

モランボンプロダクツ・津山工場

モランボン子会社 餃子皮など製造の津山工場稼働 西日本の生産拠点に

モランボンの生産子会社であるモランボンプロダクツは2日、岡山県津山市に新設した津山工場の稼働を開始した。津山工場は餃子の皮などの中華皮類、鍋スープなどのレトルト食品類を生産する。モランボンは新工場の稼働に伴い、西日本エリアにおける需要・供給の拡大、レトルト食品の内製化によるブランド価値の向上、新技術開発による品質の向上、BCP(事業継続計画)対策の強化を図る。
ウルトラの母(ボンカレーゴールド ウルトラマン特別パッケージ)

「ボンカレー」50周年でウルトラマンとコラボ 限定パッケージ全18種 大塚食品

大塚食品は「ボンカレー」の50周年を記念して「ボンカレーゴールド」の「ウルトラマン特別パッケージ」(甘口、中辛、辛口)を全国で販売する。7月から順次出荷し夏季限定で展開する。夏休み期間中に都内で開かれる「ウルトラマンフェスティバル2018」に協賛し、タイアップメニューを提供するなど、ウルトラマンシリーズとのコラボレーションで「ボンカレー」の提案を強化する。
オープン懸賞の抽選をする阿部豊太郎社長(丸美屋食品 2018年春のディスプレイコンテスト)

丸美屋食品 春のディスコン全国大賞決定

丸美屋食品は19日、「2018年春のディスプレイコンテスト」の最終審査会を本社で開催した。総参加店舗数は前年比5%増の3千920店、売上げケース2%増の9万9千700ケース。ふりかけの周年販促や行楽環境にも恵まれことで大成功に終わった。
特別列車で家族がテーブルを囲み食べているのは「ボンカレー50」(大塚食品×西武鉄道)

「ボンカレー」列車で金婚式 ともに歩んだ50年 大塚食品×西武鉄道

大塚食品は5日、西武鉄道とコラボし、「ボンカレー」50周年を記念した特別列車を走らせた。招いたのは「ボンカレー」が誕生した年に結ばれ、50年の歳月をともに歩んできた夫婦。抽選で選ばれた3世帯の夫婦とその家族(子・孫)の3世代計16人が西武新宿駅から本川越までの約2時間にわたる列車の旅とイベントを楽しんだ。
食べ方チョイス レシピ動画 エスビー食品

レトルトカレーのレシピ動画 エスビー食品「食べ方チョイス」で提案

エスビー食品はレトルトカレー「食べ方チョイス」シリーズを使ったレシピ動画を公開している。15日から「DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)」「cookpadTV(クックパッドTV)」「Tastemade(テイストメイド)」「mogoo(もぐー)」「C CHANNEL(シーチャンネル)」の5つのメディアでの配信を順次開始。動画公開に合わせ、4月16日まで消費者キャンペーンも実施している。
戸部貞信社長㊧(大塚食品)とエースコック・村岡寛社長(エースコック)

大塚食品 50周年「ボンカレー」 100年ブランド目指し提案強化

大塚食品は発売50周年を迎えるレトルトカレー「ボンカレー」(1968年2月12日発売)の提案を強化する。記念商品「ボンカレー50」を3月5日から全国で発売。エースコックとコラボレーションしたカップ麺を投入するなど、「100年ブランドへ進化」を合言葉に、
缶詰業界10大ニュース

缶詰業界10大ニュース 原料問題がトップに

⑨日本介護食品協議会、7月11日を「UDFの日」に制定 ※03年の同日、名称とロゴマークを登録商標。⑩スチール缶リサイクル率、16年は93・9%と過去最高 ※6年連続で90%以上の高水準を達成。次点=鍋つゆパウチ、今シーズンは焼きあごだし味がヒット ※気温低下と野菜相場の安定で出足好調。
高速で流れるレトルト米飯ライン(たいまつ食品)

たいまつ食品・米飯工場 餅メーカーの特徴生かしたパックご飯

新潟・たいまつ食品は、餅・鏡餅を主軸にデザートやおかゆ・発芽玄米などを事業展開するが、今年から米飯事業を本格スタートさせた。餅メーカーの特徴を生かしたレトルト製法によるパックご飯を上市している。
琵琶湖研究所外観(大塚食品)

大塚食品 開発の原点・琵琶湖研究所 「ボンカレー」革新的進化遂げた半世紀

大塚食品(本社・大阪市、戸部貞信社長、資本金10億円)は、「食は心にはじまり、“美味・安全・安心・健康”を創る」を企業理念に掲げ、大塚グループの一員として消費者関連事業を行っている。
釜めし秋商戦 丸美屋食品 釜めしの素

“釜めし”秋商戦 保守層の支持回復狙う丸美屋 ワンプレートリベラル急進

久々に秋らしい秋商戦がスタートし、意気込んでいるのが丸美屋食品の釜めしの素だ。昨春に各商品10円の値上げを実施し通期実績はマイナス。一方で競合社が2ケタ増となり、同様に値上げした企業までもが恩恵を受けてプラスとなった。

最新記事

ピックアップ

銭湯上がりの1杯に地サイダー・地ラムネ 恒例企画、年々規模拡大

お風呂上がりの一杯に地サイダーや地ラムネを販売――。日本ガラスびん協会が2014年から毎年実施している夏の恒例イベント「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ×銭湯」が14日開催された。