ホーム 加工食品 調味料・カレー類

調味料・カレー類

「液体塩こうじ」(ハナマルキ)

ハナマルキ「液体塩こうじ」 アジアで展開 台湾でも特許取得

ハナマルキはこのほど、発酵調味料「液体塩こうじ」について国内、米国に続き、台湾での特許権を取得した。同商品は世界各地域での使用が加速しており、今回の特許取得でアジア地域での展開につなげる。
キユーピー 広州丘比食品有限公司

キユーピー 中国広東省広州市に4か所目の生産拠点

キユーピーは、中国で4か所目となる生産拠点「広州丘比食品有限公司」(仮称)を設立する。中国事業での生産能力増強を図り、新市場の開拓を加速していく。主要な生産品目は、家庭用および業務用のマヨネーズ・ドレッシング。設立は18年1月、出荷開始は20年春を予定。同社が製造する商品は、グループの杭州丘比食品有限公司が販売する。
キユーピー 企業状況 2017 2018 清水誠三

アゲインストの中、前年クリア 18年は外食の課題解決に貢献 キユーピー

キユーピーはこのほど、フードサービス(業務用)春の新製品説明会を行い、清水誠三執行役員フードサービス本部長が17年度の結果と18年の基本方針を述べた。
Mizkan 〆まで美味しい焼あごだし鍋つゆストレート

Mizkan 「焼あごだしなべつゆ」累計300万個達成

Mizkanが8月3日に発売した鍋つゆ「〆まで美味しい焼あごだし鍋つゆストレート」(750g、税抜き参考小売価格350円)が好調だ。出荷数は鍋の本格シーズンを迎えた9~11の3か月間で累計300万個を達成。
だし香る鶏御膳(にんべん 日本橋だし場 ×速水もこみち )

にんべん 速水もこみちとコラボ 直営5店でメニュー展開

にんべんは12月から2018年2月までの3か月間、「日本橋だし場」国内全4店舗と「日本橋だし場はなれ」の計5店舗で、にんべんアンバサダーを務める速水もこみちさんとコラボレーションしたメニューを展開する。「だし香る」をコンセプトに、「日本橋だし場」ではスープを月替わりで販売。
味の素 クライアント・イノベーション・センター

味の素 オープン&リンクイノベーション パートナーと技術を融合

味の素は、初のオープン&リンクイノベーション推進拠点となる「クライアント・イノベーション・センター」を来年6月に川崎事業所(神奈川県川崎市)内に新設する。企業にとって、単独での研究開発に加えて他社の技術や知見、人材の活用によるオープン&リンクイノベーションが重要になる中で、それを推進する拠点を約11億円を投じ、
ごますり体験セット 真誠

子供向けごますりセット 五感への働きかけに効果 真誠

ごま大手の真誠は子供向けの「ごますり体験セット」を発売した。子供サイズの特注すり鉢とすりこ木、同社ごま製品、学習小冊子などをセットにしており、全国の幼稚園や保育園などの教育機関をメーンに、自家用・ギフト用としても販売していく。
「ラポッキ鍋」(モランボン)

ラーメン+トッポギで「ラポッキ鍋」新提案 モランボン

モランボンは日配売場向け新商品「ラポッキ鍋」を12月1日から発売する。新しい韓国メニューとして「ラーメン+トッポギ」を楽しめる旨辛鍋を提案する。
「ON THE UMAMI」1号店

だしメーカーのフタバ ハンドドリップだしを提供 東京・新宿に1号店

だしメーカーのフタバ(本社・新潟県三条市、江口晃社長)は17日、うま味に着目した食のライフスタイルショップとして「ON THE UMAMI」1号店を東京・新宿の新宿マルイ本館に出店した。
わたしのライバル宣言~この冬、負けたくない。~#がんばれクリームシチューvideo

冬の料理1位へ クリームシチュー訴求 ハウス食品

ハウス食品は2017年冬のキャンペーンとして「クリームシチューのライバル宣言~お鍋に、負けたくない。~」を7日から開始した。冬の料理1位の鍋に対するライバル宣言をきっかけに、冬の料理2位のクリームシチューが冬の料理1位になるための3大アクションを順次展開する。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

日本アクセス 道産品など強力訴求 東日本展示会

日本アクセスは17、18の両日、総合展示会「春季フードコンベンション2018」をさいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催した。東日本の得意先関係者に独自の商品・販促企画や主要メーカーの春夏重点商品を紹介するもの。来場者数約1万1千人、出展者数約600社。