ホーム 加工食品 調味料・カレー類

調味料・カレー類

「香り立つ超特選しょうゆ」「香り立つ特選減塩しょうゆ」(ヤマサ醤油)

ヤマサ醤油「鮮度の一滴」刷新 新開発「ピタッと弁」

ヤマサ醤油は「鮮度」シリーズの提案を強化する。鮮度保持期間180日の鮮度パックを使用する「鮮度の一滴」シリーズを刷新し、同90日の鮮度ボトルを使用する「鮮度生活」シリーズも新アイテムの追加とパッケージのリニューアルを実施する。
服部幸應氏㊨(服部学園)は「塩こうじが染み込んで柔らかい」と絶賛

ハナマルキ 液体塩こうじをPR 鶏むね肉でメニュー提案

ハナマルキは9月1日、服部学園理事長の服部幸應氏が監修した「鶏むね肉の香草パン粉焼き」を発売する。同社の「液体塩こうじ」を活用したメニュー用調味料で、商品単体のヒットを狙うだけでなく「液体塩こうじ」の力を具体的なメニューを通じてPRする戦略的商品でもある。
「キッチンハーブ」のサンプリング(ヱスビー食品)

8月2日はハーブの日 エスビー食品、プロモーション強化

エスビー食品は8月2日を「ハーブの日」に制定し、ハーブ関連商品のプロモーション活動に積極的に取り組んでいる。「ハーブの日」をフックに、ハーブのおいしさや素晴らしさを広く伝える狙いだ。
味の素・森島千佳執行役員食品事業本部家庭用事業部長

味の素 拡大する「勝ち飯」提案 生活者の栄養プログラムへ進化

味の素社の森島千佳執行役員食品事業本部家庭用事業部長は11日開催した秋季新製品説明会の中で、メニューや献立情報により栄養価値を提案する中核活動「勝ち飯」の新たな考えを示した。
「CUPCOOK(カップクック)」(Mizkan)

Mizkan カップ容器入り調味料提案 新需要を創造へ

Mizkanは家庭用新商品としてカップ容器を採用した具入り合わせ調味料「CUPCOOK(カップクック)」シリーズを投入する。新シリーズは、シャキシャキ食感の玉ネギがたっぷりと入ったメニュー専用調味料で、フライパンで肉を炒め、商品の中身を出し、焼き絡めるだけでボリュームのあるおかずが作れることが特徴。
簡便性に驚く受講生も(ハナマルキッチン 液体塩こうじ)

料理教室をスタート 魅力体感「液体塩こうじ」 ハナマルキ

ハナマルキは16日、発酵調味料「液体塩こうじ」を使った料理を学べるクッキングレッスン“ハナマルキッチン”をスタートした。東京を中心に全国展開する料理教室・ABCクッキングの全面協力のもと、来年3月16日まで全国で計13回行われる。
ヤマキだし部 レシピブログ

ヤマキ だしの魅力を発信 プロジェクト始動

ヤマキは料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」(アイランド運営)とコラボレーションしたアンバサダープロジェクト「ヤマキだし部」を始動した。かつお節、だしの魅力を積極的に伝えていく考えだ。
ハナマルキ 液体塩こうじ クロスメディア

ハナマルキ「液体塩こうじ」強化 クロスメディア戦略を拡大

みそ・醸造製品メーカーのハナマルキは“クロスメディア戦略”として3年前から多角的な媒体活用を行い、独自商品「液体塩こうじ」の認知拡大と商品理解を進めてきた。今年はレシピ発信の新しい試みと、ソーシャルメディアの活用、コラボ販売を強化。同商品の具体的な活用を多彩な施策を実施することで浸透させていく。
【オタフクCM】お好み食べよ!だってたっぷり野菜だもん。家族篇video

「お好み焼はヘルシー食」 オタフクソース、関東先行で新CM

オタフクソースは5月26日、お好み焼がたくさんの野菜を食べられるヘルシーな食べ物であることを伝える活動を始めた。10月10日の「お好み焼の日」に向けて、「お好み食べよ!だってたっぷり野菜だもん」をテーマに、「お好み焼はヘルシー食」の認知を全国に広げる取り組みを進める。
村田謙二副社長(宝酒造)

宝酒造 課題解決型営業を推進 加工・業務用調味料で

宝酒造は24日、加工・業務用調味料事業について、環境変化を踏まえた商品開発や課題解決を図る営業活動に引き続き力を注ぐ考えを明らかにした。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った