9月1日発売のスライスチーズ「チェダースライス」(雪印メグミルク)

雪印メグミルク 「コト消費」に対応 「チェダースライス」投入

雪印メグミルクは3日、「健やかで彩りのある暮らしを、ミルクで!」をキーメッセージとする家庭用の2017年秋季新商品・改良品44品(乳食品10、市乳34)を発表した。
アサヒグループ食品 尚山勝男社長

アサヒG食品 介護カテゴリー、20年に50億円目指す

アサヒグループ食品は8日、シニア介護カテゴリー戦略を発表した。同社では在宅介護者や介護者の食べることを支えつつ、2020年に約50億円(17年比350%)の売上を目指す。
カゴメ マーケティング本部通販事業部長 山本善太氏

カゴメの通販ビジネス戦略 「健康直送便」「農園応援」が二本柱

カゴメは1998年に通販事業「健康直送便」をスタートし、「店では買えない特別なカゴメ」をコンセプトに、野菜飲料やサプリメントなどを展開。現在は約40万人の顧客とダイレクトな関係を保ち、約94億円の売上(2016年度)がある。そして昨年から地方の特色ある果実や野菜を販売する「農園応援」を開始した。
橋本マナミさん㊧とアンドリュー・コックスMLA駐日代表

オージービーフ、大阪初のポップアップストア

MLA豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)はバービー(BBQ)の日である2日から13日までの期間中、大阪のグランフロントうめきた広場内で「ポップアップイベント」を開催している。大阪での開催は初めて。
「香り立つ超特選しょうゆ」「香り立つ特選減塩しょうゆ」(ヤマサ醤油)

ヤマサ醤油「鮮度の一滴」刷新 新開発「ピタッと弁」

ヤマサ醤油は「鮮度」シリーズの提案を強化する。鮮度保持期間180日の鮮度パックを使用する「鮮度の一滴」シリーズを刷新し、同90日の鮮度ボトルを使用する「鮮度生活」シリーズも新アイテムの追加とパッケージのリニューアルを実施する。
「日清のどん兵衛 極みだし 関西風だしうどん 3食パック」「同 鴨だしそば 3食パック」

日清食品 袋麺で新価値提案 減塩・3食・ノンフライ麺

日清食品は「減塩」「3食」「ノンフライ麺」をキーワードとする即席袋麺の新ブランド「日清のどん兵衛 極みだし 関西風だしうどん 3食パック」「同 鴨だしそば 3食パック」(税別315円)をきょう7日から全国で新発売する。
アーモンドミルクを使ったメニュー(ナッツで夏美人グルメフェア「筑波乳業」)

筑波乳業「濃いアーモンドミルク」 美容メニューで“夏美人”フェア

筑波乳業はナッツの日(7月22日)を記念して、同社の「濃いアーモンドミルク」を使った料理やスイーツが楽しめる「ナッツで夏美人グルメフェア」を同日から8月5日にかけて東京、神奈川、大阪、茨城の飲食店17店舗で開催している。
服部幸應氏㊨(服部学園)は「塩こうじが染み込んで柔らかい」と絶賛

ハナマルキ 液体塩こうじをPR 鶏むね肉でメニュー提案

ハナマルキは9月1日、服部学園理事長の服部幸應氏が監修した「鶏むね肉の香草パン粉焼き」を発売する。同社の「液体塩こうじ」を活用したメニュー用調味料で、商品単体のヒットを狙うだけでなく「液体塩こうじ」の力を具体的なメニューを通じてPRする戦略的商品でもある。
高木シェフと新商品(キットカット-ショコラトリー銀座本店)

「キットカット ショコラトリー」 銀座本店で高級化戦略 ネスレ日本

ネスレ日本は7月25日、「キットカットショコラトリー」の旗艦店「銀座本店」をリニューアルオープンし、「キットカット」ブランドの価値向上を図っていく。
バンコク市内でのサンプリング(ガリガリ君)

「ガリガリ君」タイで生産販売 ASEAN全域も視野に

赤城乳業はタイに現地法人を設立、同国の大手飲料メーカー子会社に「ガリガリ君」の生産を委託し、6月下旬から販売を開始した。将来的には現地で自社生産し、広く東南アジア各国に「ガリガリ君」を展開する考え。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った