ESG経営の重要性を語る清水洋史社長(不二製油グループ本社)

不二製油グループ本社 サステナブル調達を推進

不二製油グループ本社の清水洋史社長は、持続可能な地球環境や人権に配慮したサステナブルへの関心が高まる中で、「不二製油グループはその先陣を切り、模範になる」と決意を示した。
レシピの一つ「サラダチキンとオクラの冷やしうどん」(夏うどん テーブルマーク)

今年は冷凍うどんの夏に 立体型の大型販促を実施 テーブルマーク

テーブルマークは今夏、冷凍うどんの需要喚起のため、CM放映のほか消費者キャンペーンやデジタル施策などを連動させた大型の販促を行う。冷凍うどん市場規模は670億円弱。うち同社はシェア1位(40%)を誇り年間5億食を生産する。15年には日本食品工学会技術賞を受賞するなど評価も高い。
西井孝明社長(味の素)

味の素 中計目指し課題事業立直し 国内外で成長戦略を再構築

味の素の西井孝明取締役社長最高経営責任者は10日、「2017~2019(for2020)中期経営計画」の進捗状況について説明。「17年は増収だったが、利益は前年並みにとどまり課題が明確化。18年は好調事業の継続的な拡大と課題事業の立て直しを完遂し、19年に大幅増益ができる足場固めをする。18年の立て直しに時間を要するため、17~19年中計の売上げ、事業利益は1年遅れで達成する」と語った。
鶴田道太社長(中央 日本ハム冷凍食品)

日本ハム冷凍食品 NB2ケタ増、PBに課題 拠点・人員増強が奏効も

日本ハム冷凍食品の昨年4~12月売上高は前年同期比105%で推移した。NB商品は2ケタ増と好調だったが、PBなどが前年を下回った。また人員の増強や拠点増設、物流費の上昇などで増収ながら減益とみている。4月27日の会見で鶴田道太社長が明らかにした。
'-18℃以下保存のウェットふりかけを活用したホテルビュッフェの例

三島食品“脇役戦略”が奏功 「-18℃」商品で販路拡大

三島食品の業務用商品「―18℃以下保存」シリーズが伸長している。末貞操社長が提唱する“脇役戦略”が奏功し、新規チャネルへ拡大。今期も前年比120%で推移する。
AJINOMOTOオリーブオイル WebCM

「AJINOMOTOオリーブオイル」 WebCMで、子育て層の購買促進 J-オイルミルズ

J―オイルミルズはマイルドな風味が特徴の「AJINOMOTOオリーブオイル」の新WebCMを作制した。小さな子供を持つ子育て世代のオリーブオイル需要を喚起する。WebCMは「野菜の人気をあげよう」「野菜をおいしく変身させよう」の2種類。
「液体塩こうじ」の使い方 動画 ハナマルキvideo

「液体塩こうじ」の使い方 シンプル動画で解説 ハナマルキ

ハナマルキは4月23日、同社ホームページ、公式ユーチューブページで「液体塩こうじ」の使い方を手短に分かりやすく伝える解説動画を公開した。ドイツ発の解説動画制作会社simpleshow社のノウハウを用いた動画で、イベントや展示会でも放映する。
メッセージの入った「R―1」(明治プロビオヨーグルト)

R-1で伝えよう メッセージ付パッケージ 明治

明治はプロバイオティクスヨーグルト「明治プロビオヨーグルトR―1」と「同ドリンクタイプ」に期間限定でメッセージ付きパッケージを投入する。「母の日」「父の日」に合わせ、商品の正面に「いつもありがとう」「ずっと元気でいてね」「お疲れさまです!」など個食4種類、ドリンク6種類のメッセージをデザインした。
家庭用チーズ 明治 値上げ

家庭用チーズ 明治も値上げへ 大手3社の足並み揃う

明治は4月26日、6月1日出荷分から家庭用チーズ35品を値上げ(容量変更含む)すると発表した。5月1日出荷分から値上げした雪印メグミルク、森永乳業を含め、大手3社が家庭用チーズの値上げで足並みを揃える。今後は現時点で態度を明らかにしていない六甲バター、中堅メーカーの動向が注目される。
三井製糖の小容量スタンドパック

家庭用砂糖 小容量タイプ挑戦続く 新たに三井製糖が発売

家庭用砂糖は小容量タイプの挑戦が続いている。日新製糖は2月に「きび砂糖SPECIAL」(300g)を発売した。昨秋からテスト販売を実施し、内容と価格のバランスを研究。今回の商品にたどり着いた。さらに4月から三井製糖も上白糖と三温糖の小容量400g(スタンドパック・関東限定)を発売した。砂糖の家庭用比率は約12%と、かなり低下したが年間消費の減少分で、約8割は家庭用が原因とされる。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

劣勢「きのこ党」 巻き返し必死 豪華プレゼント攻勢も きのこ・たけのこ総選挙 明治

明治は、現在開催中の「きのこの山・たけのこの里国民総選挙2018」で、きのこの山を擁する「きのこ党」が、たけのこの里を擁する「たけのこ党」の総得票数302万5千650票に対して、187万1千148票と大きく引き離されている状況に対し、数々の巻き返し施策を展開していく。