右:多良間香織さん(泡盛の女王)、左:玉那覇美佐子会長(沖縄酒造組合)

秋田屋「名古屋泡盛愛好会」 泡盛の女王来場、限定古酒も充実

東海地盤の酒類卸・秋田屋は8日、ホテル名古屋ガーデンパレスで「第8回名古屋泡盛愛好会」を開催した。当日は沖縄の蔵元15社が出展。沖縄紹介コーナーやステージアトラクションも交え、約250人の来場者を楽しませた。
アサヒビール 贅沢ゼロ

機能性の枠を超えた展開 固有の価値へ向け育成を アサヒビール 「贅沢ゼロ」

今年上半期のビール類新ジャンル市場が前年同期比99・3%と落ち込む中、アサヒビールの新ジャンルは104・7%と伸長した。主力の「クリアアサヒ」ブランドは新製品効果もあり105%と好調。特に今年2月に発売した「同贅沢ゼロ」が機能性商品にもかかわらず定番ユーザーも流入し、機能性の枠を超えるものとして期待されている。
福島の酒をアピールする内堀雅雄知事(「ふくしま酒まつり」新橋駅)

福島の酒 金賞受賞数5年連続1位 新橋“酒まつり”でPR

平成28酒造年度全国新酒鑑評会に福島県から45銘柄(全国860銘柄)が出品され30銘柄が入賞。うち22銘柄が金賞となり、5年連続7度目の金賞受賞数全国1位に輝いた。5年連続日本一の記録は広島県と並び1位。県や県酒造組合などは知名度向上への契機とみて各地でPR活動を行っている。
アンカー・ブリューイング・カンパニー サッポロホールディングス

米プレミアムビール取得 北米事業の拡大目指す サッポロHD

サッポロホールディングスは3日、米国のアンカー・ブリューイング・カンパニー社の全持ち分を、アンカー・ブリュワーズ&ディスティラー社から取得する契約を締結。プレミアムビールメーカーであるアンカー社を傘下に収め、米国ビール事業のさらなる拡大を目指す。
スプリングバレーブルワリー・和田徹社長㊨

京都にクラフトビール拠点 ジャパン・ビアを発信

キリングループのスプリングバレーブルワリー(SVB)は、9月7日に京都市中京区に新店舗をオープンする。ビールの未来を客とともに創造する体験型のブルワリーパブ。東京・代官山、横浜に次ぐ3店目で、西日本では初出店。
山形光晴マーケティング部長㊧(キリンビール)

「一番搾り」海外展開5割増目指す 成長加速へ刷新

キリンビールは主力ビール「一番搾り」を国内でのフル・リニューアルに続き、海外で展開する「一番搾り」もリニューアルし、「新・一番搾り」を日本のビールの本流にすべく活動を展開する。併せて、グローバルブランディングの推進体制を整え、「一番搾り」の“グローバル ブランド マネージャー”を新設した。
「ジャック ダニエル」の移動式バー

「ジャック ダニエル」体感! バーが全国走る 名古屋などでイベント

アサヒビールは14日、名古屋の商業エリア・栄で「ジャック ダニエル」の体験イベントを実施した。同社が全国47都道府県で展開している『JACKDANIEL’S Experience2017 Japan』の一環で、東海4県でも順次開催。
アサヒドライゼロ(アサヒビール)

「アサヒドライゼロ」2割増産へ 働き方見直しが後押しか

アサヒビールのノンアルコールビールテイスト飲料「アサヒドライゼロ」の販売実績が1~5月累計で236万箱(前年同期比109.8%)と好調であることから、7~8月は前年比で2割増産する。昨今の健康志向や働き方の見直しが好調要因とみられる。
video

サントリー「頂〈いただき〉」 初動50万ケース出荷見込む

サントリービールが4日から全国で発売している新ジャンル「頂〈いただき〉」は、新発売時一斉出荷数量が50万ケース(見込み、大瓶換算)に達し、「金麦〈糖質75%オフ〉」「金麦クリアラベル」といった直近の同社大型新商品に並ぶ数量となった。
キリン・ディアジオ「ホワイトホース樽詰ハイボール」ダチョウ倶楽部

日本初の樽詰ハイボール キリン・ディアジオ「ホワイトホース」

キリン・ディアジオは6月27日、「ホワイトホース樽詰ハイボール」を発売した。本格的なスコッチウイスキーだけで造られた樽詰ハイボールは日本初。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

山星屋 催事内見会 大阪マーチャンダイズマート

山星屋が催事内見会 イースターなど盛り上げる

山星屋は3日、大阪マーチャンダイズマート(大阪市中央区)で催事内見会を開催し、来場した約700人の有力取引先に対してバレンタインやイースターなどイベント商戦向けの提案やPB商品の紹介を行った