マスターブレンダーの田中城太氏(富士山麓エクスペリエンス バー)

「富士山麓」期間限定ショップ テイスティングセミナーも

キリンビールは富士御殿場蒸溜所で造られたウイスキー「富士山麓」ブランド独自の価値を体感できる場として、コンセプトショップ「富士山麓エクスペリエンス バー」を16~30日の期間限定で東京・赤坂の東京ミッドタウンに開設している
(右から)平野伸一社長(アサヒビール)、嶋保町長(余市町)、浩一社長(サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社)

アサヒビール 余市町にぶどう畑取得 23年ファーストビンテージ

日本ワイン市場は好調ながらも原料となるぶどうが不足する中で、アサヒビールは2月に設立した農業生産法人「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」を通じて北海道・余市町に4haの農地を取得した。
西武池袋本店で用意された酒類

プレ金、導入企業少なく効果薄 “月末金曜”疑問視も

消費喚起・働き方改革などの観点で2月から始まったプレミアムフライデー(PF)は、やや盛り上がりに欠けると言われながらも5月26日で4回目を迎えた。さまざまな施策で需要の取り込みを図る企業がある一方で、効果が定かでないことから「月末金曜日」という設定を疑問視する声もある。
ウィルキンソン・ハード無糖ドライ アサヒビール

高アルRTD2ケタ成長 “甘くない”新製品 アサヒビール

アサヒビールは高アル×プレーン市場に対し、20日に「ウィルキンソン・ハード無糖ドライ-写真」を投入する。「ウィルキンソン タンサン」を使用し、同社RTDでは最高のガス圧を実現。ジンベースで-キリリ-とした味わいを特徴としながらも果実の甘さを残さず、柑橘の香りのみを抽出した独自製法のスピリッツを加え、
酒類大手4社 第1四半期

酒類大手 4社とも利益改善 第1四半期、コスト削減など奏功

酒類大手4社の17年度第1四半期決算が出揃った。為替変動の影響や市場環境により減収または微増収となったが、コスト削減などにより営業損益は増益または前年並みを確保している。
7日まで開催の「ベルギービールウィークエンド(BBW)名古屋2017」

名古屋発、ビール商戦本格化 イベント、限定商品など相次ぐ

5月に入り、ビール商戦も夏場に向けた動きが活発化してきた。ここ名古屋では、既に人気ビアガーデンの多くが今シーズンの営業を開始。オープン特別価格で早期の顧客取り込みを図っている。ゴールデンウイークには栄エリアの久屋大通公園でベルギービールの祭典や
アサヒビール・笹原俊一マーケティング第3部長㊧とニッカウヰスキー・佐久間正取締役ブレンダー室長

「ブラックニッカ」限定第2弾 父の日にらんだ新しい挑戦

ニッカウヰスキーの「ブラックニッカ」ブランドは昨年も前年比115%と大きく成長、321万5千箱と過去最高売上げを更新した。今年1~3月もブランド計で前年同期比125%と好調に推移し、特に「同樽詰めハイボール」は157%と大きな伸長を見せた。今年はブランド計で106%(340万箱)を計画、「同樽詰めハイボール」は157%を目指している。 生産体制も整え、モルトウイスキーを15年比180%、グレーンウイスキーを185%と増産する計画で、モルト、グレーンともに、99年に現在の製造体制となった宮城峡蒸溜所では過去最高となる見込み。 今年は年間3つの限定商品の発売でユーザー拡大を狙っている。昨年発売して好評だった限定商品「同ブレンダーズスピリット」を3月28日に再発売したところ、販売予定数量1万箱のうち、9千箱を3週間で販売。Webショップでは予約開始から5日間で完売するなど好評で、70%以上の消費者が複数本を購入しているという。 5月23日には父の日需要もにらんだ第2弾「同 クロスオーバー700㎖」を発売する。4月27日の発表会でアサヒビールの笹原俊一マーケティング第3部長は「父の日に贈りたい、贈られたいものの1位はお酒で、父の日期間は上半期最大のヤマ場」と語る。 贈答用カートンとともに、ニッカウヰスキーアンバサダー玉山鉄二さんを活用したタンブラー付き商品を発売。SNSとも連動して父の日を演出する。 「クロスオーバー」はキーモルトに余市蒸溜所のヘビーピートモルトと、宮城峡蒸溜所のシェリー樽モルトを使用し、ハードでありながら芳醇で豊かなコクを楽しめる仕上がり。ニッカウヰスキーの佐久間正取締役ブレンダー室長は「今までやったことのない、新しい挑戦だ」と自信を見せる。 第3弾は今秋発売予定。
酒類 デフレ脱却 消費者物価指数

酒類 デフレ脱却の兆し 消費者物価指数がプラスに

長期下落傾向にあった酒類の消費者物価指数がようやく上向いてきた。昨年11月に20か月ぶりに前年同月比プラス(0.1%増)に転じた後、12月±0%、1月0.7%増、2月0.9%増、3月1.5%増と徐々に伸び幅を広げている。
(右から)山田賢治社長、草刈正雄さん、橋本マナミさん、岡賀根雄氏(>ザ・プレミアム・モルツフェスティバル)

サントリー「プレモルフェスティバル」 東京の大使は橋本マナミ

サントリービールが4月26日から全国17都市で順次開催している「ザ・プレミアム・モルツフェスティバル」。東京では4月26日~5月6日にかけて東京・六本木の六本木ヒルズで行われている。
ロゴダジ社代表 ペーター・ドロサンスキー氏(右)、醸造責任者のムラッド・オウダ氏(左)、毛利信作 三菱食品常務執行役員酒類事業本部長(中)

ブルガリアワインに注力 東京でセミナー 三菱食品

三菱食品は24日、このほど国内独占販売を開始したブルガリアワイン「ロゴダジ」の試飲セミナーを東京の渋谷エクセルホテル東急で開催した。ロゴダジ社代表のペーター・ドロサンスキー氏=写真㊨=と醸造責任者のムラッド・オウダ氏=同㊧=を講師に招き、同社ワインの魅力を得意先関係者に伝えるもの。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

つけもの版 展示見本市を開催 健康漬物で売場拡大へ 秋本食品

秋本食品は13、14の両日、東京流通センターで第39回全国つけ物・惣菜展示見本市を開催した。今回のテーマは「技術継承と開発で広げよう漬物の魅力 ヘルス&ウェルネスは漬物から」。業界にとって健康ニーズ対応は長年のテーマとなっている。健康漬物のコーナー作りにより漬物の売場拡大を図るべく、減塩、乳酸発酵、無添加などの健康漬物をPRした。