ダイドードリンコ 大人のカロリミット はとむぎブレンド茶 ファンケルヘルスサイエンス

ダイドードリンコ 12月度販売13・5%増 「カロリミット」が貢献

ダイドードリンコの12月度(11月20日~12月20日)は、前年比113・5%と高い数値を記録した。昨年に比べ稼働日が2日多かったこともあるが、11月7日に新発売した「大人のカロリミット はとむぎブレンド茶」が大きく貢献し11月度の茶系飲料販売は146・2%と大幅増になっている。また、今年4月からキリンビバレッジ向けにコーヒー2アイテムの出荷を開始していることも寄与した。
高機能ウォーター「シリカシリカ」

高機能ウォーター「シリカシリカ」 人気上昇で首都圏上陸へ

高機能ウォーターとして昨年通販ルートで発売をスタート。今年は九州~西日本エリアのドラッグストアで驚異的な販売実績を獲得、来春以降首都圏のSMで販売を予定している。健康・美容効果が期待できるケイ素含有量が海外産比でも高い(97mg/ℓ)宮崎県霧島産の天然水。
video

日本コカ・コーラ 「ファンタ」年末から攻勢 ピコ太郎が新「レモン+C」告知

日本コカ・コーラは季節商品として展開し今年ヒットした「ファンタ レモン+C」を年間商品にすべく年末からPR攻勢をかけ「グレープ」「オレンジ」の定番2品に次ぐ3つ目の柱に育成していく。
ふるさと納税であなたと地域をつなぐ自販機 東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅

東京地下鉄 自販機でふるさと納税PR 水14種類別に地域と接点

14日、東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅(東京都中央区)で「ふるさと納税であなたと地域をつなぐ自販機」=写真1=が稼働した。
ザ コカ・コーラ カンパニー ジェームズ・クインシー新CEO㊧とムーター・ケント会長

ザ コカ・コーラ カンパニー 新CEOにクインシー氏

米国のザ コカ・コーラ カンパニーのトップ交代人事が内定した。現・社長兼最高執行責任者のジェームズ・クインシー氏が最高経営責任者に昇格し、ムーター・ケント会長兼最高経営責任者は会長として取締役会メンバーに留まる。17年5月1日付。
「ウコンの力」ハウスウェルネスフーズ 白井一夫社長

「ウコンの力」年末プロモを展開 CMに星野源 ハウスウェルネスフーズ

ハウスウェルネスフーズは需要期の年末に向けて「2016年末ウコンの力『飲んでいこう』プロモーション」を展開する。1日に会見を開いた白井一夫社長が明らかにした。
右:岩田章男 ダイドードリンコ部長、左:戸田善規 兵庫県多可町長

多可町と開発 ラベンダーの香り 自販機で届ける!

ダイドードリンコと兵庫県多可町は、日本で唯一のラベンダーの香りを届ける自動販売機「香る自販機 多可町ラベンダー」を開発。1日に同町最大の観光名所「ラベンダーパーク多可」への設置を皮切りに、年内に6台、最終的には10台の設置(いずれも町内)を予定。同自販機は「ラベンダーパーク多可」のPRを目的に開発された。
サントリー食品インターナショナル 浴場 ボス ショート缶

サントリー食品インターナショナル 浴場で「ボス」ショート缶

サントリー食品インターナショナルは「ボス」ショート缶で異例となる浴場サンプリングを実施している。「疲れを癒すお風呂上りのほっとした時に、に『ボス』をおいしく飲んでもらうことで、ブランドとお客様の絆を更に強くしていく」(食品事業本部コミュニケーションデザインの野下剛氏)のが狙い。
花王 澤田道隆社長

食品事業再参入に意欲 トクホ縛りなくし新機軸で

花王は「ヘルシア」の立て直しを前提に食品事業への再参入を計画している。22日都内で記者懇談会に臨んだ澤田道隆社長=写真=は「(ヘルシアの復活を)ベースに新たな切り口で食品事業に再参入していきたい。その準備を進めておりタイミングをみているところ」と語った。
香月祥太 ヒューマンヘルスケア事業グループヘルシアブランドマネージャー

特集 飲料TODAY 花王 新「ヘルシア」出足好調

7月14日にリニューアル発売した「ヘルシア緑茶」は、新規ユーザーを獲得するなど好調に推移している。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

和食給食応援団 三重県でセミナー 佐藤サンジルシ社長ら講演

給食で和食普及を目指す「和食給食応援団」による『三重県栄養教諭・学校栄養職員協議会向けセミナー』が去る12月27日、同県多気郡の相可高校で開催された。