「UCC職人の珈琲深炒りアイスコーヒー」㊧と「ヒルスカフェオレGABA配合」

「UCC」「ヒルス」で多様化に対応 UCC上島珈琲春夏戦略

UCCグループは、コーヒーの多様化ニーズを受け「UCC」「ヒルス」の両ブランドから春夏新商品を投入する。9日、本社で発表したUCC上島珈琲の石谷桂子常務取締役マーケティング本部本部長は「当社では引き続き競争力の強化、ブランド力の強化、コーヒー文化のさらなる拡大を柱にして事業を進めていく」と語った。
サントリー食品インターナショナル 小郷三朗社長

サントリー食品インターナショナル 「世界第3極」へ 技術優位性など追い風に

「世界第3極の地位の確立を目指す」――。13日、都内で決算発表したサントリー食品インターナショナルの小郷三朗社長は中長期ビジョンに触れ、高まる健康志向などを背景に変化・多様化する消費者ニーズを好機ととらえ、グローバルでの確固たる地位を目指していく考えを明らかにした。
コカ・コーラウエスト 見守り自販機 CokeON BeaconBank

見守り自販機を構想 子供・シニアの安全守る コカ・コーラウエスト

コカ・コーラウエスト(CCW)は、見守り自販機の構想を打ち出した。基本戦略の柱の1つであるCSV推進の一環。7日都内で開催された決算説明会で髙木恭一常務執行役員は「お客様、社会、自販機をつなぐことで新たな価値創造に向けた提案につなげる」と語った。
「十六茶」CM出演の新垣結衣さん

「十六茶」健康に照準、首位狙う CMに新垣結衣 アサヒ飲料

アサヒ飲料は7年連続で成長を続けている「十六茶」でブレンド茶市場のシェアトップを目指す。昨年、ブレンド茶市場が2%程度のプラスと推定される中、「十六茶」は8%増の2千405万ケースとなりブランド史上最高の販売数量を更新した。
リプトン Good in Tea

「リプトン」から紅茶新提案 特製ジャーにドライフルーツ

紅茶ブランド「リプトン」から、オリジナルデザインの「ランタンジャー」に紅茶とドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れたアレンジが楽しめる“Good in Tea”が登場した。
日本コカ・コーラのブレット社長㊨と小林香予ディレクター

トクホの「コカ・コーラ」 世界初 ブランド力と味に自信

グローバルブランドの「コカ・コーラ」から、日本市場向けに世界初となるトクホコーラ「コカ・コーラ プラス」が3月27日に新発売される。
ゲストのピース綾部(「ファイア エクストリームブレンド」のサンプリング)

「ファイア」100万本配布  ピース綾部「トランプさんにも」

キリンビバレッジは全国の主要都市で「ファイア エクストリームブレンド」のサンプリングを実施している。2月26日までの期間中、計100万本を無料配布する。
「生茶」。伝統的な茶箱をプレゼント仕立てに=写真㊨=

キリンビバレッジ“利益ある成長”第二幕 3ブランド拡大し健康に挑む

キリンビバレッジは今年、「生茶」「午後の紅茶」「ファイア」3ブランドと健康をコンセプトにした商品展開に注力していく。“利益ある成長”のビジョンや昨今の節約志向の高まりなどを受け17年飲料計の販売目標を前年並みと控え目に設定しつつ、3ブランドの拡大と目標管理の対象である缶・小型PETで2%のプラスを目指す。
ダイドードリンコ 大人のカロリミット はとむぎブレンド茶 ファンケルヘルスサイエンス

ダイドードリンコ 12月度販売13・5%増 「カロリミット」が貢献

ダイドードリンコの12月度(11月20日~12月20日)は、前年比113・5%と高い数値を記録した。昨年に比べ稼働日が2日多かったこともあるが、11月7日に新発売した「大人のカロリミット はとむぎブレンド茶」が大きく貢献し11月度の茶系飲料販売は146・2%と大幅増になっている。また、今年4月からキリンビバレッジ向けにコーヒー2アイテムの出荷を開始していることも寄与した。
高機能ウォーター「シリカシリカ」

高機能ウォーター「シリカシリカ」 人気上昇で首都圏上陸へ

高機能ウォーターとして昨年通販ルートで発売をスタート。今年は九州~西日本エリアのドラッグストアで驚異的な販売実績を獲得、来春以降首都圏のSMで販売を予定している。健康・美容効果が期待できるケイ素含有量が海外産比でも高い(97mg/ℓ)宮崎県霧島産の天然水。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

食品容器環境美化協会 環境美化教育優良4校を表彰

公益社団法人食品容器環境美化協会は、このほど東京都台東区西浅草の浅草ビューホテルで「第17回環境美化教育優良校等表彰事業」の表彰式を開催。