「わつなぎ」(5種・右)と「山崎の水」(2種)を前に根岸美海子氏(サントリー食品インターナショナル)

サントリー食品インターナショナル 「飲料文化もっと豊かに」

サントリー食品インターナショナルは2月から外食向けに“和”をコンセプトにした高付加価値な飲料製品を提案し、業務用市場で新たな需要を探っていく。取材に応じたジャパン事業本部ブランド開発第二事業部の根岸美海子氏は「業務用には飲料文化をもっと豊かにしていく役割がある。単に買って飲むだけではなく、会話や飲用スタイル、店内の雰囲気などと合わせて文化がつくられていく」と語った。
最重点地域・東京の自販機(コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス)

コカ・コーラ 自販機エリア戦略遂行 品揃え60品に倍増の新型機も

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは短期・中長期の2つのアプローチで自販機の魅力度向上に取り組んでいる。中長期に向けては、手売りチャネルに比べて魅力度が低下していることを課題とし、詳細非公表のべンディングプロジェクトを立ち上げてビジネスモデルの抜本的見直しを図っている。
コーヒー焙煎機で焙煎中の麦(麦のカフェ CEBADA(セバダ))

飲料で麦の奥深さ カテゴリ―横断で提案 キリンビバレッジ

ビール麦の多様化が進む中、キリンビバレッジは飲料で麦の奥深さを表現しカテゴリーの垣根を越えて提案していく。麦の殻をむくなどの新発想で麦由来の甘みを引き出し雑味を感じさせない新商品「麦茶」と、コーヒー市場を狙った「世界のKitchenから」の新商品「麦のカフェ CEBADA(セバダ)」の2品を開発した。
徳川昭武㊧と徳川慶喜(松戸市戸定歴史館所蔵)

コーヒー 「西郷どん」の時代から愛飲 徳川慶喜・徳川昭武が織り成す物語

明治維新から150年。NHK大河ドラマ「西郷どん」でも描かれる徳川宗家存亡の危機。その危機の渦中にある最後の将軍徳川慶喜がコーヒーを嗜んでいた。さらには慶喜の実弟にあたる最後の水戸藩主徳川昭武もコーヒーを嗜んでいた。このロマンをまずは味覚で感じてもらい歴史への興味喚起や地域活性化を図ろうとしているのが茨城県ひたちなか市に本拠を置くサザコーヒー。同社は慶喜のコーヒーを再現した「徳川将軍珈琲」に次ぐものとして、今年、昭武の物語にちなんで開発した「プリンス 徳川 カフェ」を新発売した。
大塚食品 マッチ 新CM発表会 天龍源一郎 平野紫耀

大塚食品 「マッチ」ヤマ場づくり 広告や販促施策、多岐に展開

大塚食品は、ビタミン炭酸飲料「マッチ」で引き続き高校生の生活に入り込んだ活動に磨きをかけていく。プロモーション・販促活動は「春と夏にCMを投下してヤマ場の作り方を行い、そこに消費者プレゼントキャンペーンを織り交ぜていく」(金子忠晴執行役員製品部長)
観音崎京急ホテル けいきゅん 自販機

「けいきゅん」ラッピング自販機 京急電鉄120周年記念しダイドードリンコ

ダイドードリンコは4月26日、観音崎京急ホテル(神奈川県横須賀市)のロビーに京急電鉄のマスコットキャラクター「けいきゅん」をラッピングした自販機を設置した。
全日本コーヒー協会 横山敬一会長

「日本は有望市場」 全日本コーヒー協会横山会長 ICO理事会でPR

全日本コーヒー協会(全協)の横山敬一会長は4月9~13日にメキシコシティーで開催された第121回国際コーヒー機関(ICO)理事会に出席し、関係者約300人に向けて日本のコーヒー市場の現況と全協の取り組みを約20分間講演し、日本が有望市場であることをアピールした。
山内浩一郎社長(右 キリン・トロピカーナ)と小倉優子さん

幸せ記念日「オレンジデー」 イオンモールでイベント キリン・トロピカーナ

キリン・トロピカーナは14日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心でオレンジデー記念イベントを行った。4月14日は「オレンジデー」と言われ、豊かな実りのシンボルであり、幸せの象徴と言われるオレンジを通して、大切な人と幸せを祝う特別記念日となっている。
日清食品有限公司 カゴメ 香港 マカオ 野菜飲料販売事業

日清食品HD カゴメ 香港・マカオで合弁 野菜飲料販売事業展開へ

日清食品ホールディングス子会社の日清食品有限公司(以下、香港日清)とカゴメは、香港・マカオで野菜飲料販売事業を展開する。23日に合弁会社の設立に関する契約を締結した。
「CRAFT CIDER」(ダイドードリンコ)

“炭酸王国”東北で限定サイダー ダイドー

ダイドードリンコは23日、東北エリア限定で「CRAFT CIDER」を新発売した。東北で好まれる味わいをエリア限定で発売し、東北の炭酸市場の活性化を目指す。東北エリアは全国でも炭酸飲料の消費量の多い地域で、1人当たりの消費賞は青森県が全国1位、宮城県が2位、山形県が8位、岩手県が9位と上位を占めている。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

劣勢「きのこ党」 巻き返し必死 豪華プレゼント攻勢も きのこ・たけのこ総選挙 明治

明治は、現在開催中の「きのこの山・たけのこの里国民総選挙2018」で、きのこの山を擁する「きのこ党」が、たけのこの里を擁する「たけのこ党」の総得票数302万5千650票に対して、187万1千148票と大きく引き離されている状況に対し、数々の巻き返し施策を展開していく。