キリン・ディアジオ社 ダニエル・ハミルトン取締役㊨と田中城太ブレンダー

キリンビール 16年洋酒は2ケタ増 RTSに新シリーズ投入

昨年のキリンビールの洋酒カテゴリーは、洋酒計が前年比14.3%増(255億円)と2ケタ増。内訳はウイスキー計18.5%増(147億円)、スピリッツ計2.4%増(42億円)、リキュール計12.1%増(65億円)。
旅する氷結 キリンビール 缶チューハイ

キリンビール RTD6.1%増目指す 「旅する氷結」世界の味を

昨年のキリンビールRTD(缶チューハイなど)売上げは数量ベースで前年比3.6%増の4千880万㌜となり、12年から5年連続でプラス成長を達成した。
マルコメ プラス糀糀甘酒

マルコメ 甘酒の品揃え拡充 伸長市場に新付加価値提案

マルコメは今春、プラス糀シリーズの糀甘酒商品を拡充する。近年の発酵ブームもあり、同社の米糀からつくった甘酒は毎日の“生活に糀をプラス”をコンセプトにしたプラス糀ブランドの主力品へと成長した。
サントリー 山﨑雄嗣社長

サントリーワイン戦略 プレミアム育成へ注力

グループ内のディストリビューターは国内104%(約400億円)、海外106%(約230億円)。ワインメーカーは国内103%(約115億円)、海外131%(約40億円)だった(為替は16年社内予算レート。仏カステル社との共同経営「GMdF」の売上げを100%で計算)。
サッポロビール ラグジュアリー4 ワイン

サッポロビール“ラグジュアリー4”育成 選任営業体制の確立へ

中期経営計画でワイン事業をビールに次ぐ第2の柱としたサッポロビールの17年ワイン販売金額計画は前年比105・5%(143億円)。20年には16年比141%(190億円)を目指し、原料から小売まですべてに携わった事業を展開する。
「カラダカルピス」(アサヒ飲料)

アサヒ飲料 目玉は「カラダカルピス」 “乳酸菌で体脂肪減らす”

前期(16年12月期)好業績となったアサヒ飲料。引き続き「ブランドを磨きブランドで挑む」をテーマに、市場環境が一層厳しくなるとの見立ての中、来期販売数量0・5%増を計画し15年連続の成長を目指す。
雪印メグミルク 西尾啓治社長

中計目標上回る見通し 雪印メグミルク・西尾社長

雪印メグミルクの西尾啓治社長は2月21日開催の懇談会の中で、次のように語った。
白鵬(左)と品田社長 神山(こうやま)湧水珈琲ドリップ体験

横綱・白鵬がドリップ 上賀茂神社・奉納土俵入り協賛

味の素ゼネラルフーヅ(AGF)の品田英明社長が横綱・白鵬にコーヒーのハンドドリップを指南-。
エリア限定品(後列)を順次発売(サントリー食品インターナショナル-BOSS)

「ボス」 深化+進化戦略を遂行 嗜好の多様化受け新焙煎工場

サントリー食品インターナショナルの柳井慎一郎執行役員食品事業本部ブランド開発第二事業部長は20日都内で開催された発表会で、「ボス」の戦略について「既存領域の“深化”と新たに顧客を創造していく“進化”の2つの視点で説明したい」と語った。
水源別訴求の象徴となる宇多田ヒカルを起用した「サントリー南アルプスの天然水」のCM

「人間性の回復」着目 サントリー天然水

「サントリー天然水」ブランドは右肩上がりに成長し、昨年は12年比で3千700万ケース増やし1億ケースの大台を突破。競合を含めた国内飲料ブランドの中で2番手の地位と年間12・7億本の顧客接点を獲得した。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

健康管理がテーマ 産学連携や体操コーナーも

業務用卸の名給は15日、名古屋国際会議場で春の商品発表会「名給フードネットワーク2017春〓名古屋」を開催した。今回は「食・彩・健・美」をメーンテーマに、身体に効果のある食べ合わせや彩りメニューを提案。