(左から)代野照幸社長(メルシャン)、小口利幸市長(塩尻市)

シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原ワイナリー開設 日本ワインのエンジンへ

メルシャンは8日、長野県塩尻市内に赤ワインに特化した「シャトー・メルシャン桔梗ヶ原ワイナリー」をオープン、9月下旬から桔梗ヶ原ヴィンヤードで収穫したぶどうの仕込みを開始する。
ビール醸造関連関係者、前列中央が篠田吉史博士(京都学園大学)、その左横が山内修一副知事(京都府)

京都産原料100%ビール 20年醸造開始へ産官学プロジェクト

京都学園大学の篠田吉史博士、京都府や亀岡市、与謝野町、府内のビール原料生産者、醸造所、キリンビールは「京都産原料100%ビールプロジェクト」を発足した。原料生産から加工、醸造、飲食店販売まで府内の各産業が連携して“畑からグラスまで”を実現し、京都府全域の活性化を目指す。
日本蜂蜜のはちみつミルク珈琲(左)、W DRIP SHOT 胡桃(右上)、ジャスミンミルク紅茶

上島珈琲店 既存店リニューアル注力 空間演出と商品毎月刷新の両輪で

UCCグループで外食を担当するユーシーシーフードサービスシステムは、主力業態の上島珈琲店で既存店のリニューアルとメニュー強化を加速させる。11日に取材に応じた上島成介社長は「空間演出の向上と商品についても毎月リニューアルする。
新商品を加えた計5品のパッケージを刷新(オールプレス・エスプレッソ・ジャパン)

オールプレス・エスプレッソ・ジャパン 新商品2品加えて刷新 パッケージで各特長を表現

オールプレス・エスプレッソ・ジャパンは14年の上陸以来初となるコーヒーのリニューアルを行った。世界で展開している「エスプレッソ・ロースト」と「グッドブリュー」の2品を新たに導入し、新商品を加えた計5品のパッケージを刷新した。
ブラックニッカリッチブレンド

ブラックニッカ戦略 限定品・情報発信で訴求 「1人時間」狙い家庭用拡大へ

18年のブラックニッカは「ウイスキーって、おもしろい。」をコンセプトに商品・情報発信・販促を連動させ、ブランドならではの面白さを訴求することで拡販を狙い、家庭での飲用拡大を図る。
大町市常盤西山地区に広がる北アルプスの麓(サントリー天然水 新水源地)

「サントリー天然水」新水源 北アルプスの麓に生産拠点

サントリー食品インターナショナルは長野県大町市常盤西山地区の北アルプスの麓に「サントリー天然水」の第4の水源として新生産拠点を設立する。20年末をめどに稼働し、さらなる販売拡大とブランド力向上を図っていく。
各エリアのコーヒーをカフェメニューと物販で提供する直営カフェ。コーヒーに重きを置いた店舗展開を考える石井亮社長(トアルコ・ジャヤ)

〈連載 キーコーヒー〉トアルコトラジャ最前線⑮ コーヒー屋の矜持と情熱 すべてを経験できる夢の場所

インドネシア国内の「トアルコ トラジャ」は、14年に直営カフェ「TOARCO TORAJA COFFEE」が開業したことで同国内でも知られるようになってきた。
複数のスペシャルティコーヒー店を構えるヘリ・セティアディさん(ジャカルタ)

〈連載 キーコーヒー〉トアルコトラジャ最前線⑭ スペシャルティコーヒー店も導入 ブレない品質に評価

コーヒーブームに沸くインドネシア。首都ジャカルタでは04年のスターバックス1号店開業以来、ブームが広がりスペシャルティコーヒーの店は現在1千店舗に上るという。ジャカルタでは、総合食品卸業を営むマスヤグループと連携し小売チェーンへの導入を進めており市場を拡大している。
「ジョージア」の顔となる俳優の山田孝之さん㊥と日本コカ・コーラの田中学マーケティング本部コーヒーグループシニアマネージャー㊨、3日の発表会にゲスト出演した栃ノ心関

コカ・コーラ「ジョージア」新戦略 ショート缶を底支え

コカ・コーラシステムは「ジョージア」からショート缶(SOT缶)コーヒーの新商品「ジョージア グラン 微糖」を3日に発売し、ショート缶市場の底支えと金額成長を図っていく。
本格芋焼酎「黒霧島EX」

黄金比の「黒霧島」 甘み、旨みが格段に向上

霧島酒造は6日から本格芋焼酎「黒霧島EX」を全国で通年発売する。今年で発売20周年を迎える「黒霧島」をさらに磨いたとし、「甘み、旨みが格段に向上した」(江夏拓三専務)と話す。

最新記事

ピックアップ

「Q・B・Bチーズ」の限定メニュー提供 70周年で青山のカフェとコラボ 六甲バター

12月13日に創業70周年を迎える六甲バターは、「ロイヤルガーデンカフェ青山」とコラボレーションした「Q・B・B スマイリーカフェ」(東京都港区北青山)を14日から26日まで展開している。