米麹甘酒人気

逆光線 ― 米糀甘酒が人気

米糀から作られた甘酒が販売好調だ。今春、TV番組で健康効果が取り上げられると、一時は商品供給が間に合わないほど爆発的な売れ行きとなった。現状はやや落ち着いたが、引き続き追い風に乗っている
家族世帯と食生活

逆光線 ― 世帯構造と食生活の変化

厚生労働省が12日公表した平成27年(2015年)「国民生活基礎調査の概況」によると、全国の世帯総数は5千36万1千世帯となった。世帯総数は増加傾向にあるが、15年は前年に比べ7万世帯の減少となっている

逆光線 ― レディーミールに注目

成長する惣菜市場で、レディミール商材が注目を集めている。レディミールの定義は難しいが、チルドのレンジアップ商材や冷凍食品など、包装済みの調理済み食材のこと。
英国国民投票 多数決の暴走

逆光線 ― 多数決の暴走

英国は国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めた。実際に離脱するにはEU加盟に関する法律の廃止が必要とも言われているが、その行く末とは別に国民投票そのものに“多数決の暴走”の声が寄せられている
ビートルズ来日50周年

逆光線 ― ビートルズ来日50周年

今年はビートルズ来日50周年だそうだ。武道館でロックグループのコンサートが開かれるのは、当時としては前代未聞。使用許可を渋る関係者に対し、招聘側は英女王陛下に勲章を授かった芸術家であるとして口説き落としたという
リオ・オリンピック

逆光線 ― リオ・オリンピック開幕

リオ・オリンピック開幕まで1カ月を切った。準備の遅れや治安の問題、ジカ熱の流行など問題は山積みで本当に大丈夫なのかと言いたくなる。
ビートルズ 360b / Shutterstock.com

逆光線 ― ビートルズ 時代を先取りする感性

50年前、初来日したビートルズは武道館でコンサートを行いファンを熱狂させた。

逆光線 ― 2016選挙戦

今回の参院選から選挙権年齢は18歳に引き下げられ、1票の格差是正へ一部選挙区の合区が実施された。だが小選挙区比例代表制のもとでの衆院選のほか、実質的な小選挙区となる参院1人区も含め、小選挙区制度が抱える根本的問題は手つかずのままだ

逆光線 ― 「COOL CHOICE」(クールチョイス)運動の浸透

環境省が推進している「COOL CHOICE」(クールチョイス)運動が食品、流通業界にも浸透してきた。これは2030 年度の温室効果ガスを 13 年度比で 26%削減するという目標達成のための「賢い選択」を促す国民運動

逆光線―イギリスの国民投票を終えて

EUの離脱な否かを問うイギリスの国民投票が行われたが、改めてブロック経済や付随する国家間格差の問題などを浮き彫りにした。「お互いのため」と言って集まったものの、「どちらがどれくらい“ため”になっているか」で再び議論が始まる

最新記事

ピックアップ

丸亀の骨付鶏とさぬきワインがタッグ 香川県の魅力発信

香川県の丸亀市とさぬき市は特産品の骨付鳥と日本ワインのPRで連携して認知向上、販路開拓を図っている。12月には東京・丸の内の日本百貨店さかばで骨付鳥とワインのマリアージュフェア発表会を開催。