逆光線 - 大ヒットの背景に 明治プロビオヨーグルトR―1ドリンクタイプ

逆光線 - 大ヒットの背景に

先日、自宅近くのスーパーを訪れた時のこと。ヨーグルト売場に行くと、あるスペースがぽっかり、欠品していた。そこには「明治プロビオヨーグルトR―1ドリンクタイプ」とあった。

逆光線 - 低糖質・減塩

行きつけのスーパーやコンビニを他店に乗り換えるのは、どんなことがきっかけとなるのか。商品の鮮度や質が落ちた、家計の事情、新店が出来た等々あるが、やはり「欲しいもの、必要なものが無い」というところが大きい
冬アイス 日本アイスマニア協会

逆光線 - 冬アイス

先日、大手コンビニの冬アイス試食体験会に出かけてきた。昨今注目を集めている冬アイスということもあってテレビを含む30社のメディアが集まり、日本アイスマニア協会員の若い女性も多数参加する催しだった
いい和食の日

逆光線 - いい和食の日

日本の記念日は語呂合わせによる制定が多い。例えば、11月は「いい○○の日」が多く、3日は「いいお産の日」、22日は「いい夫婦の日」という具合。
トレイルラン カーボローディング 糖質制限ダイエット

逆光線 - カーボローディング

マラソンや山を走るトレイルランが趣味で休日は屋外で過ごす。持久系スポーツの醍醐味は、自分の身体をいかに効率よく使うかにあり、レース直前となると食事調整も欠かせない。「カーボローディング」もその一つだ
野菜接種量 副菜

逆光線 - 野菜摂取拡大へ カギは「副菜」?

厚生労働省が14日発表した平成27年(2015年)「国民健康・栄養調査」の結果によると、野菜摂取量の平均値(20歳以上)は293.6g、男性299.4g、女性288.7gとなった。目標値の350g以上の人の割合は男性33.7%、女性31.4%にとどまる。
レディミール

人手不足で加速する中食革新

肩上がりの成長を続ける惣菜市場だが、人手不足が深刻化している。食品スーパーの上期決算でも、人件費の増加が利益を圧迫し、営業赤字に陥るケースも出てきた。
鏡餅 門松 正月飾り

逆光線 - 正月飾りの変遷

鏡餅市場は大型から小型へのシフトが続いている。かつての農村では、正月ともなれば大きな門松、床の間には鏡餅を奉る風習が普通に見られた。それが住居形態がマンション主流になると、床の間がなくなって大型鏡餅が減り、門松においては、旅館などを除いて一般家庭ではほぼ見る機会がなくなっている
逆光線-この国の「個人主義」

逆光線 - この国の「個人主義」

公園美化のためゴミの持ち込みはやめましょう、ハトにエサを与えないで、犬のブラッシングはご遠慮ください、寝泊まりをしてはいけません、蚊に刺されないよう注意。
アメリカファースト

逆光線 - アメリカファースト

何も「アメリカファースト」は、想定外の勝利で世界を戸惑わせ怯えさせている人物の専売特許ではない。アメリカはいつでもそうだった。グローバリズムを押し進めたのもその一環だろう。

最新記事

ピックアップ

レシピをネットで募集、商品化へ エスビー食品

エスビー食品はネットレシピ商品化プロジェクト「みんなでつくるおいしい発想レッチャ!」をスタートした。「レッチャ!グランプリ2019」を12月14日から来年2月13日まで開催。一般の人からレシピやアイデアを募り、大賞受賞レシピの考案者と一緒に商品化にも挑戦する。同企画を通じ、商品開発力やコミュニケーション力の強化を目指す。