鍋商戦 残暑 野菜価格高値

メニューの真価を発揮

若干の地域差は見られたものの、今年は残暑が長引いた結果、冬物商材の需要の立ち上がりがかなり遅れたようだ。野菜の価格が高値で推移したこともあり、冬場を代表する鍋メニュー関連の商材の動きもかなり鈍かったとみられる。
塩事業センター 食塩 値上げ

「塩」にも対価の意識を

塩はよく、あって当たり前の空気や水に例えられる。一般家庭での塩購入量は、年間に約4kg程度とされるが、賞味期限がないので、慌てて消費する必要もなく、腐る心配もない。その意味では水より安心感がある。
製油業界の下期見通し シカゴ大豆相場

製油業界の下期見通し

大手製油各社の上期は、売上高は微増ながらも利益面では大幅増益と好決算が相次いだ。ミール相場の上昇による搾油採算が改善し、昨年来取り組んできた価格改定も寄与した。
消費税総額表示義務 消費税転嫁対策特別措置法

税別表示と「お客様視点」

消費財の製造・流通に携わる業界では、消費税額の税別表示を支持する声が圧倒的だ。本紙前号にも「製造流通27団体 総額表示義務廃止へ結束」との見出しが躍った。
消費増税 軽減税率制度導入

実施迫る軽減税率 制度点検が急務

先月15日の安倍総理の発言で来年10月の消費増税と軽減税率制度の導入がほぼ確定した。食品業界は兎にも角にも後者への対応を急がねばならない。
お寺のスイーツ博 スイーツ巡礼

スイーツ巡礼

和歌山県の那智山青岸渡寺を一番札所とし、岐阜県の谷汲山華厳寺を三十三番札所とする「西国三十三所」は718年の草創とされており今年1千300年周年にあたることから、いろいろな記念事業が行われている。
サイクリングおじさん

サイクリングおじさん

5年前に親類から貰ったものの、放置していた自転車を修繕し先週から乗り始めた。生活環境が変わったことに加え、火野正平さんの「こころ旅」の影響もある。“人生下り坂 最高”とさわやかに嘯きながら、自由な魂で旅する様子はすこぶる愉快だ。
地方 酒離れ

地方の悩み

日本海側でとれ、高級魚として知られている「のどぐろ」。煮ても焼いても、もちろん刺身としても、酒好きにはたまらない酒肴である。だが、漁獲量が減った今年は価格が高騰し、ますます高嶺の花になってしまった
パッケージ 西洋画 日本画

パッケージ 西洋画か日本画か

芸術の秋。日本美術展史上最多の点数を誇るフェルメール展が大盛況だという。光の魔術師と称されるヨハネス・フェルメール。「真珠の耳飾りの少女」や「牛乳を注ぐ女」が代表作として知られる。
ヤクルトレディの使命

ヤクルトレディの使命

「雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモ…」。ヤクルトレディ(YL)という言葉から思い浮かんだのは有名な詩の冒頭部分。

最新記事

ピックアップ

レシピをネットで募集、商品化へ エスビー食品

エスビー食品はネットレシピ商品化プロジェクト「みんなでつくるおいしい発想レッチャ!」をスタートした。「レッチャ!グランプリ2019」を12月14日から来年2月13日まで開催。一般の人からレシピやアイデアを募り、大賞受賞レシピの考案者と一緒に商品化にも挑戦する。同企画を通じ、商品開発力やコミュニケーション力の強化を目指す。