ホーム 逆光線(コラム)

逆光線(コラム)

エバラ食品 筋電図測定 容器

筋電図測定で容器評価

エバラ食品工業は焼肉のたれのトップブランド商品「黄金の味」を刷新し、7月10日から発売した。刷新ポイントの一つが新開発のPETボトル容器の採用だ。従来の400g瓶に替えて新容器の360gPETと480gPETを導入した。
野菜接種量 副菜

逆光線 - 野菜摂取拡大へ カギは「副菜」?

厚生労働省が14日発表した平成27年(2015年)「国民健康・栄養調査」の結果によると、野菜摂取量の平均値(20歳以上)は293.6g、男性299.4g、女性288.7gとなった。目標値の350g以上の人の割合は男性33.7%、女性31.4%にとどまる。
広島カープ優勝 黒田博樹

逆光線 - 苦労したのはどんな点ですか

今シーズン限りで広島カープのユニフォームを脱いだ黒田博樹投手が、地元紙に寄せた引退手記にこう記している。「投げていて楽しいと思ったことは一切ない」。マウンドは苦しいものだという思いは、高校生の時から引退するまで一度も消えることはなかった。
宝ホールディングス歴史記念館外観

宝歴史記念館 失敗の歴史から学ぶ

宝ホールディングスは創業の地である京都市伏見区に、創業90周年記念事業として社員向けに研修施設「宝ホールディングス歴史記念館」を竣工したが、その発想がユニークだ。
砂糖消費量 マイナス

健康ブームの陰で低迷の砂糖

砂糖の消費量が前年度(10―9月)はマイナスになる模様だ。前々年度は8年ぶりにプラスになったが一転。しかも目安の190万tを下回る公算が高くなっている(確定は年末)。様々な要因が考えられるが、競合する甘味原料や加糖調製品の影響が指摘されている
バーベキュー ゴールデンウイーク

バーベキュー需要に期待

22日は全国的に夏のような暑さになった。翌日は一気に気温が下がり、季節が逆戻りしてしまったが、4月下旬から5月にかけての時期は、一年を通しても最も過ごしやすい季節のひとつだろう。財布のヒモが緩みやすい季節のひとつかもしれない
食品業界 女性活躍

女性活用、高校野球でも

19日に第89回センバツ高校野球大会が開幕する。今大会から初めて女子マネージャーがヘルメット着用や人工芝部分に限るなどの制限付きながら練習に参加できることとなった。
インスタ映え 食品業界 トライアル促進

“インスタ映え”アピールの落とし穴

昨年の流行語大賞に選ばれた“インスタ映え”は今も廃れることなく食品業界でも使われマーケティング施策の1つにもなっている。これに対し「何が楽しくてわざわざ食べ物や飲み物を撮影して周囲に知らしめているのか」と首を傾げる向きもあるが、そこは蓼食う虫も好き好きで、ともかくインスタ映えという言葉は間違いなく浸透している。
人手不足 少子高齢化 ロボット

人手不足の足元で

人手不足が急激に進んでいる。ある大手メーカーがCVS向けの惣菜工場を新たに作り100人の雇用を確保した。一昔前なら雇用創出で地域から歓迎されたはずだが、今は100人の雇用が奪われたと苦情が来る
「コンビニ人間」と遊戯三昧

逆光線 ― 「コンビニ人間」と遊戯三昧

芥川賞受賞作「コンビニ人間」では、勤務時間外であっても店頭で今やるべきこと、つまり“コンビニの声”が自然と聞こえてくるほどコンビニのバイトに打ち込む主人公が描かれている。

最新記事

ピックアップ

ヤマサ醤油 料理人招き業務用提案会

ヤマサ醤油は3日、業務用商品のユーザーを対象とした「第三回メニュー提案会」を東京都港区の東京ガス業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME(チューボ汐留)」で開催し、秋の新商品などを使用したランチメニューを紹介した。