ホーム 逆光線(コラム)

逆光線(コラム)

マツコデラックス 冬アイス

“マツコ効果”反動なし 堅調の冬アイス

昨年12月のアイスクリーム市場は、前年同月比で2%減で着地し業界関係者は一様に戸惑いを見せている。15年12月はマツコデラックスの番組でアイスクリームが取り上げられたこともあり20%増と大きく伸び、その反動から2ケタ減も覚悟していたからだ。
菓子卸 中間マージン

直取引でいいのか 菓子卸の意義再考を

菓子卸を取り巻く環境が厳しい。小売業からの圧力が年々高まり、センターフィの上昇が近年続く。さらなる条件を出さないと取引停止といった優越的地位の濫用が目立つ。
サマータイム カジノ法案 女神の見えざる手

サマータイムは必要?

昨年公開された映画「女神の見えざる手」は、政治家への働きかけを行うロビイストが主役の映画だった。その活動内容はクライアントである圧力団体の依頼によって180度変わることも珍しくなく、映画でも銃規制賛成派から反対派へと立場を変えており民意を反映せずに政策が決まるプロセスに恐怖を感じた。
和魂洋才 BABYMETAL 和食

“翻訳しない”という選択

日本はこれまで、固有文化を傷つけないよう、文化風土に合わせて翻訳し、西洋の価値観を受け入れてきた。〈和魂洋才〉である。安倍政権が政治的成果の割にメディアから評価されないのは、ゆるゆると日本的な心情を弱め、米国や欧州の価値観をさらに受け入れようとしているからだろう。
中小企業の現実 人手不足

中小企業の現実 政府は直視を

先般の国会答弁で、安倍総理は中小企業の支援について言及した。いつも以上にその言葉に真実味が感じられなかったのは、最近聞いた地域メーカーの社長の言葉が頭をよぎったからだろうか。

逆光線 ― レディーミールに注目

成長する惣菜市場で、レディミール商材が注目を集めている。レディミールの定義は難しいが、チルドのレンジアップ商材や冷凍食品など、包装済みの調理済み食材のこと。
塩は全ての基礎

塩は全ての基礎

業務用塩が4月から値上がりする。国内海水を原料に製塩する国内塩メーカーは、主要燃料である石炭高騰がコストを圧迫している。海水に含まれる塩分3%を得るためには97%の水分を蒸発させる必要があり、膨大なエネルギーが必要とされる
非常食 スイーツ缶詰

非常食としてのスイーツ缶詰

缶の中から出てきたのはチーズケーキやガトーショコラ。しっとりとした食感、濃厚な甘さが口に広がる。十分な食事を取るのが難しい避難生活では、一層甘みが感じられるに違いない
食用油 家庭用油 多様化

多様化する家庭用油

揚げ物調理が減少傾向にあるが、家庭用食用油市場は堅調な動きが続いている。今期もほぼ前年並みでの着地が見込まれている。
苦境 茶 海苔業界

苦境に立つ茶・海苔業界

お茶が海苔のようになってきた。海苔はここ数年の高水温、低栄養塩、病害などの海況悪化から不作が続き4年連続の相場高に見舞われている。毎年10%程度原料価格が上昇し、今期も同様のアップ率で終了する模様。

最新記事

ピックアップ

丸亀の骨付鶏とさぬきワインがタッグ 香川県の魅力発信

香川県の丸亀市とさぬき市は特産品の骨付鳥と日本ワインのPRで連携して認知向上、販路開拓を図っている。12月には東京・丸の内の日本百貨店さかばで骨付鳥とワインのマリアージュフェア発表会を開催。