ホーム 逆光線(コラム)

逆光線(コラム)

塩と暮らしを結ぶ運動 適塩

“くらしお”スタート

「塩と暮らしを結ぶ運動」(くらしお)がスタートした。公益財団法人塩事業センターをはじめ、塩関連業界および漬物・みそ・醤油などユーザー団体も協力している。塩にかかわる統一的な周知活動は初めての試みである
生産性向上国民運動推進協議会 ヤマザキ 総合研究所

中食惣菜の生産性向上

生産性の向上が大きな課題となっている。先月には安倍総理が出席した「生産性向上国民運動推進協議会」が開かれ、トヨタが油揚げの不良率改善やキャノンがカット野菜の効率化をサポートした事例が報告された。
フォトジェニック サマーギフト

SNS時代のギフトマーケティング

「フォトジェニックフード~思わず撮りたくなる、SNSに上げたくなる商品」(〓島屋)、「思わず写真を撮りたくなるほどかわいいアイスクリームギフト」(イトーヨーカ堂)、「SNSに映え、目でも美味しいフォトジェニックな商品」(ユニー)、「話題にしたくなるフォトジェニックな商品」(ミニストップ)――。
食品デフレ 脱デフレ

食品デフレは終わった

4月中旬、イオンの岡田元也社長が決算会見で「脱デフレは大いなるイリュージョン」と述べて話題を呼んだ。だが、皮肉にもこの月の食料消費者物価指数(相場変動の大きい生鮮品を除く)は前年同月比0.8%増と続伸し、今年最大の上げ幅を更新した。13年9月から数えて44か月連続のプラスである。
藤井聡太 28連勝

藤井四段 月内にも新記録?

昨年、史上5人目の中学生プロ棋士としてデビューした将棋の藤井聡太四段がデビュー以来の連勝を25に伸ばした。このまま連勝が続けば今月中にも歴代1位の28連勝を更新する。
プロフェッショナル・プレゼンテーション

プロのプレゼン現場から

とあるメーカーのプレゼンに同席した。商談相手は、この20年、飛躍的に成長してきた某小売の商品部長。無論、当方はオブザーバーだが、一記者としてかねてから商談現場に興味があったので貴重な経験となった。
非常食 スイーツ缶詰

非常食としてのスイーツ缶詰

缶の中から出てきたのはチーズケーキやガトーショコラ。しっとりとした食感、濃厚な甘さが口に広がる。十分な食事を取るのが難しい避難生活では、一層甘みが感じられるに違いない
やすらぎの郷 倉本聰 リアル

リアルへ回帰 – 「やすらぎの郷」

人間が描かれない今のドラマの風潮に一石を投じるべく倉本聰氏が脚本を手掛けた「やすらぎの郷」が好評だ。同氏が後進育成のために主宰した富良野塾(現在閉塾)では、塾生は生活にかかわることすべてを自主的に管理して生活する。調理の際は、塾生自ら動物をシメることもあったとか。
飲料自動販売機

飲料自販機は先進技術の宝庫

全国で約5万5千店あるコンビニが、公共料金の支払いや宅配、チケット販売、さらにはトイレの開放など、さまざまなインフラを売り物にする中で、コンビニの約40倍の拠点をもつ飲料自動販売機も社会インフラで特徴付け、設置台数を増やしている。
プレミアムフライデー

失策“プレ金” 政府は幻想捨てよ

個人的に終了してから気付く3大イベント「バレンタインデー」「ホワイトデー」「勤労感謝の日」に新たに「プレミアムフライデー」が加わった。4回目の実施だったらしいが、街角の風景も難易度高めの“間違い探しクイズ”レベルだ。

最新記事

食品新聞定期購読のご案内

ピックアップ

つけもの版 展示見本市を開催 健康漬物で売場拡大へ 秋本食品

秋本食品は13、14の両日、東京流通センターで第39回全国つけ物・惣菜展示見本市を開催した。今回のテーマは「技術継承と開発で広げよう漬物の魅力 ヘルス&ウェルネスは漬物から」。業界にとって健康ニーズ対応は長年のテーマとなっている。健康漬物のコーナー作りにより漬物の売場拡大を図るべく、減塩、乳酸発酵、無添加などの健康漬物をPRした。