伊藤園「TEAs’TEA NEW AUTHENTIC」 人気女性4誌とのコラボキャンペーン好評

伊藤園の「TEAs’TEA NEW AUTHENTIC」ブランドで現在展開している人気女性ファッション誌4誌とコラボレーションした「しあわせ運ぶアイテムが絶対もらえる!キャンペーン」が好評で、このことが後押しとなり販売も好調に推移しているという。

11月22日、都内で開かれた新商品発表・キャンペーン紹介イベントで取材に応じた相澤治マーケティング本部麦茶・紅茶ブランドグループブランドマネジャーは「女性のお客さまが4誌とコラボしたことにまず驚かれた。店頭で足をとめられ応募ハガキとともにケースで買われる女性が非常に多く本当にやってよかった」と語った。

キャンペーンは、対象商品である同ブランドの「ほうじ茶ラテ」「焙じた紅茶」「生オレンジティー」3品についている応募マークを48枚集めて専用応募ハガキに貼りつけて応募するとオリジナルバッグ(4種類)か、焙じの体験ができる茶香炉(4種類)がもれなくもらえる内容。9月9日に開始し12月20日まで実施している。

今回コラボしたのは「CanCam」(伊藤園想定ターゲット20代前)、「sweet」(20―30代)、「リンネル」(30代)、「STORY」(40代)の4誌。

オリジナルバッグは想定ターゲットにあわせて各誌の編集者・読者・モデルの意見を取り入れてつくられ、トートバッグやキャンバスバッグなどそれぞれ異なっている。

22日のイベントは「TEAs’TEA NEW AUTHENTIC」ブランドのさらなる新商品投下に伴い冬場の盛り上げを図るために開催。小室安未さん(CanCam)、吉木千沙都さん(sweet)、森貴美子さん(リンネル)、高垣麗子さん(STORY)の各誌人気モデルがゲストに招かれた。

新商品は「ミルクでいれたChai(チャイ)」(12月9日発売開始)と「生アップルティー」(20年1月20日)の2品。「2品でもう一度全体を底上げして来春にも新商品を検討していく」。

「ミルクでいれたChai」は、紅茶をミルクと一緒に煮出しアクセントにジンジャーを加えたミルクティーで「香料無添加で紅茶とミルクのまろやかな口当たりとジンジャーのピリッとした辛味が楽しめるように仕立てられている」。

「生アップルティー」は、8月に発売開始した「生オレンジティー」の好調を受け投入される。

「もっとお客さまに楽しんでもらえるフレーバーを考えた。リンゴは果実の繊細な甘さや香りといった柑橘系とは異なる楽しみ方があると考えている。さらに生シリーズを伸ばしていきたい。『生オレンジティー』もしっかり育てて今後のブランドの軸にしていきたい」との考えを明らかにする。

9月9日に発売開始した「焙じた紅茶」はパン売場でのクロスMDを展開。同時期刷新した「ほうじ茶ラテ」は「採用も回転(販売)も上がり順調。ホットも強い商品なので今後ますます定着していくとみている」。

「TEAs’TEA NEW AUTHENTIC」ブランドの今期(4月期)販売目標は500万ケース。「他社商品とはお客さまが異なり流通からはカニバリを起こすことなく伸ばせるということで採用いただいている。共通しているのは香料を使わない自然な素材のおいしさで、すべての商品でそのことに徹して来年はもっと飛躍できるようにしたい」と意欲をのぞかせる。