糀甘酒生産の魚沼醸造 見学者が1万人突破 マルコメ

マルコメの糀甘酒を生産する魚沼醸造(新潟県魚沼市十日町)ではこのほど、工場見学者が1万人を突破した。今年3月に開業した魚沼醸造は米糀や糀甘酒の生産だけでなく、発酵食品や魚沼に関する情報発信拠点としての機能も備えている。

一般客を迎える「魚沼 糀サロン」では工場直送の糀甘酒や糀甘酒のソフトクリームなどを楽しめるカフェや発酵をテーマにしたライブラリー、日常の食生活を豊かにするセレクトショップを配した。

また、糀甘酒について楽しく学べるキッズコーナーや、環境にやさしい雪室の見学、糀甘酒を使った手作り石鹸のワークショップなどを開催している。また、48人を収容するシアタールームを併設。工場の見学ルートでは世界最大級の蒸米(じょうまい)機や円盤型製麹(せいきく)装置などを見ることができる。