すが野、独自商品に高い評価 国産ごぼうで開発・育成

先頃、都内で開催されたフード・アクション・ニッポンアワード2019で、「すが野の国産たたきごぼう」が中食部門の特別賞を受賞した。フード・アクション・ニッポンアワードは農林水産省が主催するイベントで、国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の産品を日本全国から広く募集し、優れた産品を発掘・表彰している。

受賞した「すが野の国産たたきごぼう」はごぼうを炊き上げない独自製法により作られたもので、国産ごぼう本来の豊かな風味と、シャキッとした程良い歯応えを楽しめる。表彰式で、すが野の菅野嘉弘専務は「先日の台風では栃木県にも被害があったが、地域に根ざす商品で、活気のある街づくりをしていきたい」とコメントした。

また、先頃、滋賀県大津市で行われた全日本漬物協同組合連合会青年部全国大会の新企画・日本酒に合うおつけもの品評会において、同社の「国産早堀り里ごぼう」が純米吟醸賞を受賞した。品評会には全国から16作品の応募があり、事前の1次審査で5点を選考。全国大会当日に各出品者がPRを行い、参加者全員が日本酒とともに5点の漬物を試食し、投票により各賞を決定した。

「国産早掘り里ごぼう」は若掘りした国産ごぼうを本醸造醤油で甘口に仕上げた。ごぼうの歯切れの良い食感とごぼうの皮に残る旨味と香りが生きている。表彰式で、菅野専務は「歴史のある商品で、認められて光栄に思う」と述べた。

長きにわたって漸減が続き、徐々に市場が縮小している漬物産業だが、売場ではいまだに同質競争による不毛な価格競争も散見される。その中で、同社は得意の国産らっきょうに磨きをかけるとともに、近年は国産ごぼうを使った独自商品の開発・育成に力を注いでいる。

今日の漬物は昔ながらの箸休め的ポジションだけではなく、しっかりとしたおかず(惣菜)の一品、また家飲みのおつまみとしても期待されている。この消費ニーズの変化を的確に捉えたことが同社品への高い評価につながっている。