「増税で生活防衛意識」 日本冷凍食品協会 伊藤滋会長(マルハニチロ社長)

(10月に入り)「増税」という語に焦点が当たるため、消費者の間には生活防衛意識が出てくる。(買い控え等が)年内で緩和すれば良いが、来年の春先まで続けば影響が出るだろう。

冷凍食品の販促などのあり方に対応して市場の維持、拡大を図りたい。(冷凍食品月間である)10月は、当協会にとって重要であると捉えてしっかりと対応したい。

(2日、農水省「消費者の部屋」で)