プロから高評価「マルホン胡麻油」 家庭用も使いやすく刷新、CMに向井理

竹本油脂(本社・愛知県蒲郡市、竹本元泰社長)は家庭用ごま油「マルホン胡麻油」のブランド展開を強化する。9月27日から人気俳優の向井理さんを起用したTVCMの放映を開始。「まるっと、本物。マルホン」のブランドメッセージで「マルホン胡麻油」のこだわりを訴求する。

9月26日に都内でCM発表会を開催。大手卸など流通関係者も招き、今秋からパッケージ・サイズ展開を一新した家庭用ごま油のラインアップとプロモーション戦略を紹介するとともに、向井理さんが「マルホン胡麻油」の魅力を伝えた。

竹本信二郎取締役専務は「『マルホン胡麻油』は天ぷら店や和食店をはじめ、プロの料理人の方々から高い評価をいただいているが、家庭用のブランド訴求はやや疎かだった。家庭用ごま油市場が拡大傾向にある中で、品質・製法はそのままに、使いやすいPETボトル容器やサイズを見直し、それぞれの風味・特徴に合わせた使い方をしっかりと訴求していく」と語った。

今秋のリニューアルでは、焙煎せずに搾った香りのないごま油「太白胡麻油」、やさしく香る浅煎りタイプの「太香胡麻油」に加え、新たにしっかりと香る王道タイプの「圧搾純正胡麻油」、力強く香る深煎りタイプの「圧搾純正胡麻油濃口」の4シリーズ、16アイテムに刷新。「太白」「太香」は新たに200g瓶を発売するとともに、300g・450g容量は軽量PETボトルを採用。ごま油の風味・香りと容量に応じて自由に選べるラインアップを整えた。

また、パッケージ・ラベルデザインも刷新。「太白」「太香」「圧搾純正」「圧搾純正濃口」の4シリーズの違いを分かりやすく訴求するとともに、ラベルに推奨メニューを記載。享保10年(1725年)創業の老舗メーカーとして、「マルホン胡麻油のこだわり」を伝える。

プロモーション活動では、向井理さんのTVCMを全国で放映するほか、Web、交通広告、店頭でのコミュニケーション活動を強化する。