ベビースターの炊き込みご飯 イチビキ×おやつカンパニーが新提案

愛知を地盤とする醸造・食品メーカーのイチビキは、おやつカンパニー(三重県津市)とのコラボ商品「ベビースターラーメンを入れて炊き込みごはんの素」(227g、小売希望価格税抜400円)を、数量限定で9月30日から全国出荷する。

今年発売60年を迎えるベビースターラーメンの新しい食べ方を訴求する取り組みの一環で、おやつカンパニーの提案を受け、イチビキが商品化した。

今回の「ベビースターラーメンを入れて炊き込みごはんの素」は、ベビースターラーメンと7種の具材(鶏肉、油揚げ、人参、竹の子、ごぼう、こんにゃく、きくらげ)をセットにしたもの。

焼津産鰹節、日高産昆布のあわせだしと、鶏の旨みを効かせた具材に、ベビースターラーメンの旨みがマッチしている。出来上がった炊き込みごはんの上に、ベビースターラーメンをトッピングする“追いベビー”をすれば、サクサクの食感が味わえる。また、バターを加えればコクと香りが増し、一層食欲を駆り立てる。

話題の拡散と新規ユーザーの獲得を狙いに、9月24日~10月11日まで、SNSを使ったプレゼントキャンペーンを実施している。

ツイッターやインスタグラムでイチビキ公式アカウントをフォローし、キャンペーンの投稿をリツイート(インスタグラムは「いいね!」)した中から抽選で合計10人に、ベビースターキャラクターのホシオくんのグッズのほか、おやつカンパニー商品、イチビキ商品の詰め合わせが当たる。