インスタントのタピオカミルクティー 「並ばずに専門店の味を」 売場で定番化目指す ドウシシャ

ドウシシャはインスタントのタピオカミルクティー「東風茶 トウプウチャ タピオカミルクティー」を発売。関東で先行販売を行ったのち、関西、東海、全国の順に展開を広げていく。展示会などを通し流通各社からの引き合いも強く、現段階の受注分は10月以降の納品を予定。製造は東亜産業の久留米工場で行い日産は5万個となる。

ラインアップは「烏龍ミルクティー」「紅茶ミルクティー」「抹茶ミルクティー」「ジャスミンミルクティー」で、売れ筋は「烏龍ミルクティー」と「紅茶ミルクティー」。専用プラカップに乾燥黒タピオカ、ミルクティー粉末、専用ストロー、専用紙スリーブをセットにしており、お湯で溶かすとすぐに飲める。メーカー小売価格は380円。

展示会でもアピール(東風茶 トウプウチャ タピオカミルクティー)
展示会でもアピール(東風茶 トウプウチャ タピオカミルクティー)

展開先は小売店の嗜好品売場や飲料売場をはじめ、エンド展開などを想定。「並ばずに専門店の味が味わえる商品として拡販する」(同社)考え。

10月以降、他工場に製造ラインの増設を計画。「増設後はさらに数へ対応できるようになる。今のブーム自体が落ち着いてもタピオカへのニーズがゼロになるわけではない。定番商品として売場への定着を目指す」(同)。