国分グループ「関西総合センター」を開設 三温度帯物流拠点、全国配置を完了

関西の低温事業拡大へ

国分グループ本社は8月29日、大阪府茨木市に大型三温度帯汎用・専用併設型多機能物流センター「国分グループ関西総合センター」を開設。現地で開所式を開いた。

「関西総合センター」は、関西地区の交通の要所である吹田ICそばに立地。敷地面積8千769坪、延床面積1万6千坪の大型三温度帯(常温、冷蔵、冷蔵)多機能物流センター。建物は4階建て。1階から3階が低温倉庫(冷蔵、冷凍)、4階が常温倉庫。2階にはフローズンチルドの温度帯変更や、キット商品の加工やセットアップなどの一次加工機能エリアを設けた。接車バースは計110台。配送エリアは大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀。

国分グループは12年の三郷物流センター(埼玉)を皮切りに、三温度帯物流拠点の強化を推進。この7年間で総額430億円を投じ、全国16拠点を整備してきた。

テープカットの模様(国分グループ関西総合センター)
テープカットの模様(国分グループ関西総合センター)

國分晃・国分グループ本社社長は「第9次から第10次長計にかけて進めてきた三温度帯物流拠点の全国ネットワーク構築は、関西総合センターの開設で当初計画を完了した。ドライ・冷蔵・冷凍の三温度帯商品と生鮮を加えた流通加工機能を兼ね備えた3DO+PLUSの機能を活用し、低温事業のさらなる強化を進める。次のステップは沖縄の新センター(21年1月予定)をアジアのハブ拠点に、中国・アセアンなど海外でも展開を広げていきたい」と語った。

関西総合センターは延床面積1万6千坪、1フロア約4千坪のスケールを誇り、16拠点ある国分グループの三温度帯物流拠点の中でも、三郷、西東京に次ぐ大規模拠点。低温スペース計6千500坪はグループ全国16拠点でも最大規模を誇る。キット加工やフロチル機能など最先端の流通加工機能も特徴の一つ。センターの冷媒は環境負荷と省力化に配慮した自然冷媒(CO2)を採用。グループの中核拠点として、関西エリアにおける低温事業の強化拡大を加速する構えだ。

同センターの投資額は約100億円。国分西日本、国分フードクリエイト、クサヤ、ヤシマ、日本デリカ運輸、国分ロジスティクスのグループ各社で、当面の取扱高は約650億円規模(低温300億円、FS等350億円)を計画。構成比は低温7割、ドライ3割程度を見込む。9月から順次稼働を開始予定。国分西日本の碇豊樹社長は「関西エリアの低温強化はこれからが本番。次期長計に向けて、さらなる飛躍を狙う」と意気込みを示した。

【国分グループ関西総合センターの概要】

〈所在地〉大阪府茨木市丑寅1-1-88
〈敷地面積〉2万8千989㎡(8千769坪)
〈延床面積〉5万5千222㎡(1万6千705坪)、常温庫1万755㎡(3千253坪)、冷蔵庫9千252㎡(2千798坪)、冷凍庫1万2千307㎡(3千723坪)、バース6千298㎡(1千905坪)、事務所ほか1千713㎡(518坪)
〈対応カテゴリー〉加工食品、菓子、酒類、冷食、チルド、生鮮等
〈特徴〉フローズンチルド機能、セットアップ・キット化機能を完備。デジタルアソートシステム、入荷受付システム、クレート洗浄機等。テストキッチンも完備。自然冷媒(CO2)を使用した冷蔵・冷凍設備等。