環境変化に対応 即席麺で「VEGAN」 ヤマダイ

「週末ヴィーガン生活」など、国内でも「ヴィーガン」(完全菜食主義者)が市民権を得てきたが、ヤマダイは9月9日、カップ麺「VEGAN NOODLES(ヴィーガンヌードル)担担麺/酸辣湯麺」(各税別190円)を新発売する。商品名に「VEGAN(ヴィーガン)」を使用したカップ麺は業界初。

東京・自由ヶ丘の「T’sレストラン」とコラボレーションして開発した現行「 T’s NOODLE」をリニューアルした。国内外を問わず広がりを見せている「ヴィーガン」に対応すべく、麺、スープ、具材のすべてにおいて動物性食材、化学調味料、アルコール不使用という新たな価値を提案する商品に仕上げた。

添加物を極力使わずシンプルな素材で作ったノンフライ麺は、麺をすする際のスープの飛び跳ねを考慮し、麺の長さを通常品より短めにカット。小麦本来の色あいを楽しんでもらうべく、一般的な即席麺で使用されることの多いクチナシ色素を配合しないなど工夫を凝らしている。

外客の増加などを背景に、加工食品業界では「ヴィーガン」対応商品への取り組みが加速しているが、今回の商品は、パッケージに「VEGAN NOODLES」のロゴを大きく打ち出すことでターゲットをより明確にするとともに、インバウンド需要の取り込みも狙った。