歴史的蒸留所の名バーボン「バッファロートレース」発売 国分G本社

国分グループ本社は、バーボンウイスキーの新たなラインアップとして、米国ケンタッキー州のバッファロートレース蒸留所のフラッグシップ商品「バッファロートレース」を10月上旬から全国発売する。

バッファロートレース蒸留所は1773年、米国で最初に蒸気熱を使用し蒸留を行った近代的蒸留所として建設。創設以来、禁酒法時代においても薬用酒として連邦や州政府からウイスキーの製造が認められ、現在操業する蒸留所としては米国で最も古い歴史を持つ。

同蒸留所のフラッグシップ商品がストレートバーボンウイスキー「バッファロートレース」。上質なコーン、ライ麦、大麦麦芽を使用し、同蒸留所倉庫内で新しいオーク樽で熟成され、瓶詰めされている。香りはバニラ・ミント・糖蜜、味わいは黒糖・オーク・トフィー・キイチゴ・アニスの甘味が広がり、あと味深く滑らか。内容量750㎖、オープン価格(税別参考小売3千円)。