メトロジャパン 全国配送サービスを開始 洋食食材・野菜・ワイン等に特化

メトロキャッシュアンドキャリージャパン(本社・東京都品川区、大矢妙子社長、以下メトロジャパン)は8月から、関東圏外のイタリア料理店などの洋食店向けに食材・ワインなどの配送サービスを開始した。川口安行店をハブセンターとし、サードパーティーの物流会社によって全国配送する体制を整えた。

メトロジャパンは02年に千葉店をオープンし、現在では首都圏1都6県に登録制の業務用C&C10店舗を展開している。登録ユーザー軒数は10万件を超え、幅広い業態の外食店ユーザーに利用されている。

各セグメントにおける幅広いユーザーの品揃え、サービスを強化する中で、イタリア料理店をはじめとする洋食店向けには、メトログループのグローバルネットワークを活用したイタリア・欧州からの直輸入食材やワイン、プライベートブランド商品、契約農家によるイタリア野菜などの専門野菜などの品揃えを強化してきた。

こうした取り組みを生かし、イタリア料理などの洋食店向けの食材・ワインを対象に、登録ユーザー制の全国配送サービスを開始するもの。

配送対象品目は野菜・精肉・チーズなどのフレッシュ品から直輸入ワイン、グロサリー、冷凍品など700アイテム以上にわたっている。食材は税抜き1万5千円以上から、ワインは1万円以上から。

送料は1個口(最大重量=常温25㎏、冷蔵・冷凍15㎏)につき税抜き500円、冷蔵・冷凍品はクール代金プラス300円がかかる。支払いは代引きとした。

サービス利用に関する問い合わせは電話048―290―2135まで。