高品質なアルバータ・ポークを紹介 カナダ大使館で高瀬物産

髙瀬物産はこのほどカナダ大使館に得意先ホテル・レストラン関係者を招き、アルバータ・ナチュラルポーク生産者セミナー&レセプション「Taste Of Canadian Pork~カナダポークの美味しさ」を開催した。

カナダ大使館・アルバータ州政府の全面協力のもと、髙瀬物産が取り扱うカナダ・アルバータ州の畜肉メーカー・サンテラファームのレイ・プライス代表が来日し、高品質なアルバータ・ナチュラルポークの魅力を伝えた。

サンテラ社のSPFアルバータ・ナチュラルポークは「柔らかく、匂いの少ない豚肉」をコンセプトに、日本でも最高品質として名高い黒豚由来のイングランドバークシャー種をベースに、さまざまな品種の豚を独自交配して作り上げたオリジナルブランドポーク。きめ細かく柔らかな肉質とうま味たっぷりの脂身が特徴。アルバータ州のナチュラルポークSPFプログラム、カナダポーク品質保証マークを取得し、安全・安心で高品質なポークとして日本だけでなく、世界各国からも注目されている。

髙瀬物産では日本市場における業務用代理店としてサンテラ社の豚肉製品を取り扱い、ホテル・レストランをはじめとする外食ユーザーに安全・安心・高品質なアルバータ・ナチュラルポークを販売している。

サンテラファーム社のポーク製品

髙瀬知康社長は「カナダ大使館・アルバータ州政府の全面協力で、サンテラ社のセミナーを開催できたことは非常に光栄であり、うれしく思う。8年前からサンテラ社のナチュラルポークを取り扱っているが、安全・安心・高品質でユーザーからも高い評価をいただいている。米中の貿易摩擦や豚コレラで、世界的に豚肉の需給関係が混乱しているが、サンテラ社とのパートナー関係によって安定供給を確保できる。サンテラ社のポークは非常にポテンシャルが高く、部位やカットなどの規格も揃えており、さらに提案活動を推進する」と語った。

サンテラ社のアルバータ・ポークの主なラインアップ(冷凍/冷蔵)は、ロース・バラ・ヒレ・チークミート・フレンチロインラック(骨付きロース)・バラ・リブレット・ウデ・モモなど。ブロックやハーフカット、スライスなどの規格も充実。担当者によると、ロースやヒレ、豚バラのほか、グリルや煮込み料理に使いやすいポーションカットのスペアリブなども好評という。

レセプションでは、ホテル・レストラン関係者にサンテラ社の豚肉製品を使ったメニューや、髙瀬物産が取り扱うカナダ産はちみつやメイプルシロップなどを紹介した。