改札外で8種の飲料無料配布 JR東「アキュアメイド」豊富な品揃えPR

JR東日本ウォータービジネスは自社ブランド「アキュアメイド」を、他の飲料メーカーにはない独自の商品として展開している。

そのひとつが製造工程において空気に触れずに粉砕・搾汁されて作られるストレート果汁100%の「青森りんごシリーズ」で、直近1、2年では年間500万本売れるようになっている。

谷川連峰の天然水「フロムアクア」からは無糖フレーバーウォーターを発売。「さくらんぼ×さくら」「甘夏みかん×ミント」「徳島ゆず×ジャスミン」に続き、現在第4弾として「シークヮーサー×ミント」を発売している。

「贅沢バニラミルク」シリーズを話題性喚起商品として展開し予想を上回る売れ行きとなっているという。

写真のSNS投稿も呼びかけ
写真のSNS投稿も呼びかけ

緑茶は6月4日に「朝の茶事」を刷新し、「朝の茶事 すっきり抹茶入り」(525㎖)は抽出を2温度帯で実施することで、従来品よりも味の広がりを持たせた。

一方、「朝の茶事 味わい玉露入り」(275㎖)は低温長時間抽出と火入れを強めることで従来品よりも旨味と香りを向上させた。

7月11日から13日にかけては、「アキュアメイド」のラインアップの幅広さとおいしさを知ってもらう施策として、JR恵比寿駅改札外にビーチハウスを仮設してサンプリングイベントを実施した。

「アキュアメイド」8種類の中から好みの1本を数量限定で配布したほか、ビーチハウス内で撮影しSNSで投稿した人にはさらに「フロムアクア」(280㎖)を1本プレゼントした。配布本数は3日間で4千600本強に上った。

8種の「アキュアメイド」から好きな1本を提供
8種の「アキュアメイド」から好きな1本を提供