政争と海苔

「韓国海苔の日本向け輸出が禁止になれば日本は困るか」と問い合わせがあった。相互依存なので「どちらとも言えない」と答えると質問主は不満そうだったが現実だから仕方がない。

▼日本の伝統食材が周辺国で生産されたり現地で和食文化が広まる話はよくあること。海苔は他より歴史が長い分だけ韓国とのかかわりも戦前にまで遡る。ややこしいので戦後まで省略すると、日本側は足りない時は輸入して不要になると禁止にしてきた。

▼現在の流れは96年にIQ枠を設置した再輸入解禁からのもの。以降、日本市場で韓国海苔は余剰と不足を繰り返してきた。

▼大いに揉めたのは05年の中国海苔解禁。韓国政府は自国の輸出量が減る懸念から、いきなりWTOに提訴した。夜中にニュースで知った時はイスから転げ落ちて3回転したほど。確かに再輸入後の韓国政府は積極的だったが、まるでサムスンの半導体レベルの扱いだ。結局、日本政府は輸出量保証(専用枠設置)を約束した。輸入海苔は中国産もある。これだけ苦労した韓国側がそもそも輸出禁止を言い出すことは考えいにくい。