「カルピス」屋形船が航走 100周年機に業務用でも露出拡大

アサヒ飲料は、7月7日の七夕に発売100周年を迎える「カルピス」ブランドを活用した飲食店向け施策を強化し100周年の認知向上と「カルピス」ブランドの飲用機会拡大を図る。

飲食店向け業務用「カルピス」の1-5月販売実績は、取り扱い店舗数(間口)が拡大したことで前年比5%増となった。今後、「カルピス」仕様に装飾した屋形船の運行など主に4つの施策を実施し販売面でも勢いに弾みをつける。

6月27日、本社で発表した玉越伸一営業本部営業推進部次長は「集客イベントを考える時間がない飲食店さまの課題解決とお客さま(来店客)に喜んでもらいたい。今回の企画で初めて『カルピス』を取り扱ってもらえるお店もある」と語る。

船内も座布団など細部にわたり「カルピス」で演出(七夕丸)
船内も座布団など細部にわたり「カルピス」で演出(七夕丸)

そもそも業務用「カルピス」のカバー率は高水準と推定される。都内グルメサイト登録店のうち25%が「カルピス」を採用しているという。

同施策は、店内でのブランド露出を高め「カルピス」休眠層の掘り起こしも見込む。「ある一定の年代にアンケートをとると『カルピス』の飲用が昔ほどではなくなったというお声がある」ためだ。

屋形船は、本社が所在する地元・浅草の「船宿あみ清」が運営する4艘の船内外を「カルピス」仕様に装飾し「七夕丸」と命名した。

同船は7月1~7日までの期間限定で12時と18時の1日2回航走する。施策最終の7月7日18時出航号ではパフォーマーによるイベントが実施予定となっている。

好みに合わせて作れる「カルピス」メニュー(七夕丸)
好みに合わせて作れる「カルピス」メニュー(七夕丸)

これに先立ち6月8日からは全国2千600店でSNSを活用したキャンペーン企画を実施。これは飲食店で「カルピス」メニューを注文し、グラスマーカーと一緒に写真を撮って投稿すると抽選で100周年限定品があたるという内容で7月7日まで展開していく。7月6日と7日の週末には、ビアガーデンイベントを開催する。

新宿伊勢丹屋上、名古屋三越栄店屋上、ANAクラウンプラザホテル大阪の東名阪の3か所に特設されるバーカウンターでオリジナルメニューを提供し、同メニュー注文者にはオリジナル扇子をプレゼントする。イベント盛り上げ役として水玉模様の浴衣をまとった“水玉ガール”も登場する。

夏の「カルピス」メニューが楽しめる夏の「カルピス」フェアは展開店舗数を昨年の350店から約1千200店に拡大して、6月1日から8月31日の期間、展開している。

同フェアでは、店内に笹を設置し願いを込めた短冊が飾れるようになっており、短冊はまとめて大崎八幡宮(仙台)に奉納される。