「アイスの実」に国産野菜!? 髙島屋で限定発売 江崎グリコ×京都吉兆

江崎グリコは3日から、京都吉兆とコラボした「アイスの実〈国産野菜シリーズ〉」を髙島屋大阪店と京都店で期間限定発売する。「アイスの実」は発売から30周年を超えるロングセラー商品で、これまで80種類近い商品が発売されてきたが、ほとんどがフルーツ味で、野菜を原料とする商品を販売するのは初めて。

京都吉兆社長で総料理長を務める徳岡邦夫氏の監修のもと「国産かぼちゃ」「国産さつまいも」「国産にんじん」「国産とうもろこし」の4種類を共同開発した。国産野菜を100%使用し、香料・着色料・人工甘味料を一切使わずに凝縮された素材の濃い味わいを実現した。

徳岡氏は「世界中のお母さんが子供に食べさせたいと思う商品ができた。京都吉兆でもコースの1品としてお客さまに提供したい」とコメントした。

商品開発を担当した江崎グリコの商品開発研究所の本田真弥さんは「原料の選択や、ある程度まとまった量が必要で、原料調達の部分が大変だった」と開発に当たっての苦労を語った。

「アイスの実〈国産野菜シリーズ〉」は、髙島屋大阪店と京都店で特設売場を開設し、3~16日の期間、発売する。また、髙島屋の中元ギフトカタログやオンラインショップでも販売する。4品とも10個入り540円(税込み)。