オー・ザックで“裏メニュー” 「うなぎの蒲やき味」老舗とコラボ提案 ハウス食品

ハウス食品はポテトチップス「オー・ザック」シリーズ初の「裏メニュー」の提案に取り組む。新アイテム「うなぎの蒲やき味」を6月24日からコンビニエンスストアで先行発売し、7月15日から一般チャネルで発売。7月27日の土用の丑の日に向けて、新アイテムを最大限楽しめる食べ方を紹介する。

「うなぎの蒲やき味」(68g入り、税別希望小売価格120円)は、創業半世紀を迎えた老舗うなぎ屋「福せん」との初のコラボレーションにより、開店以来継ぎ足し続ける「門外不出の秘伝のタレ」を再現した新アイテム。うなぎの香ばしさと甘辛いタレのうまさ、柑橘系の山椒の香りがあいまった贅沢な味わいを楽しめる。

「オー・ザック うなぎの蒲やき味」(ハウス食品)
「オー・ザック うなぎの蒲やき味」(ハウス食品)

同社は今回、「オー・ザック」史上初の取り組みとして新アイテム「うなぎの蒲やき味」の裏メニューを公開した。用意するものは「うなぎの蒲やき味」、白飯、だし汁と、山椒、海苔、ねぎ、わさびなどの薬味。1袋で3度おいしい食べ方を提案する。

第1ステップは「まずは、そのままスナックを楽しもう」。第2ステップは「ご飯にのせて、うな丼風に」。オーブンレンジで約1分焼くと、見た目もよく、香ばしい香りがプラスされ、よりおいしくなる。第3ステップは「だし汁をかけて、うな茶づけスタイルに変化」。薬味を入れることで変化を楽しめる。